(C)MAZIMICKEY

2018年5月13日、東京競馬場でヴィクトリアマイル(GⅠ/芝1600m)が行われる。リスグラシュー、アドマイヤリード、アエロリット、ミスパンテール、ソウルスターリング、レッツゴードンキ、デンコウアンジュ、カワキタエンカらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

春の古馬牝馬最強馬決定戦で、各馬がビッグタイトルを狙っている。今年は群雄割拠の様相を呈していて、どの馬にもチャンスがあるといったところだ。しかし、天気予報はあいにくの雨。稍重(やや重)、重馬場、不良馬場といった道悪の中で開催される可能性がある。

では、馬場が渋ったときに台頭してくる馬とは、どんな馬なのか? 強調できる血統をデータを見ながら分析していくことにしよう。


出走予定馬の重馬場実績は?

アドマイヤリード ( 3- 1- 1- 1/ 6 )
カワキタエンカ ( 2- 1- 1- 3/ 7 )
ワントゥワン ( 2- 1- 0- 0/ 3 )
クインズミラーグロ ( 2- 0- 2- 1/ 5 )
エテルナミノル ( 2- 0- 0- 3/ 5 )
レッツゴードンキ ( 1- 2- 2- 1/ 6 )
レッドアヴァンセ ( 1- 1- 0- 1/ 3 )
レーヌミノル ( 1- 0- 0- 2/ 3 )
リスグラシュー ( 0- 2- 0- 0/ 2 )
ジュールポレール ( 0- 1- 2- 0/ 3 )
デンコウアンジュ ( 0- 1- 0- 4/ 5 )
メイズオブオナー ( 0- 1- 0- 0/ 1 )
ソウルスターリング ( 0- 0- 1- 1/ 2 )
$ラビットラン ( 0- 0- 0- 1/ 1 )
アエロリット ( 0- 0- 0- 2/ 2 )
ミスパンテール ( 0- 0- 0- 1/ 1 )

※やや重、重馬場、不良馬場が対象

人気のリスグラシュー、アドマイヤリードらは高い好走率を誇っている。人気馬の中で見ると、アエロリットが(0−0−0−2)。いずれもGIというレベルの高いレースではあったものの、キャリアで2度、馬券圏内から外れたレースがいずれも道悪だったというのは気になることろだ。

また、デンコウアンジュも5回走って馬券圏内がわずかに1回と、好走率が良くない。

道悪で強調できる種牡馬は?

種牡馬着別度数
ディープインパクト18- 27- 34-249/328
ハーツクライ15- 14- 13-153/195
ダイワメジャー13- 18- 16-173/220
ステイゴールド12- 9- 13-202/236
キングカメハメハ11- 7- 7-149/174
マンハッタンカフェ6- 5- 10- 92/113
エンパイアメーカー5- 2- 4- 44/ 55
クロフネ2- 6- 5- 68/ 81
メイショウサムソン1- 8- 5- 60/ 74
Frankel1- 0- 0- 4/ 5
Tapit0- 0- 0- 2/ 2
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト5.5%24.1%5876
ハーツクライ7.7%21.5%6759
ダイワメジャー5.9%21.4%11475
ステイゴールド5.1%14.4%7067
キングカメハメハ6.3%14.4%7053
マンハッタンカフェ5.3%18.6%8674
エンパイアメーカー9.1%20.0%11576
クロフネ2.5%16.0%4563
メイショウサムソン1.4%18.9%5580
Frankel20.0%20.0%21254
Tapit0.0%0.0%00

集計期間:2014. 2. 8 ~ 2018. 5. 5

※牝馬が対象
※芝1600〜2400mが対象
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※やや重、重馬場、不良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

着度数だけみるとディープインパクト産駒がトップだが、回収率は70%を切っている。ディープ産駒にとって、道悪は歓迎ではないと考えていい。リスグラシューの父ハーツクライ、アエロリットの父クロフネも成績はあまり芳しくない。

そんな中でダイワメジャーは比較的好成績を収めていることが分かる。好走率20%超、単勝回収値は100オーバーと、優秀な数字となっている。ミスパンテール、レーヌミノルらにとっては追い風ならぬ“追い雨”といえるかもしれない。

おすすめの記事