(C)yusukekeiba

2019年3月2日、阪神競馬場でチューリップ賞(GⅡ/芝1600m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向から、激走の可能性がある穴馬を予想していく。

馬券を買って回収率100%超を目指す上でカギになるのが、正確に穴馬をピックアップできるかどうかだ。

人気馬ばかり買っていても馬券では勝てない。穴馬選定の精度を高めることが、馬券で勝つことに直結してくるのだ。

今回、人気が想定されるのはダノンファンタジー、シェーングランツ、ノーブルスコア、ドナウデルタらだが、上位に割って入るのはどの人気薄馬になるのか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とした。


チューリップ賞の配当傾向

過去10年を見ると、三連単の最高額配当は2010年の186,190円で、その他に2013年(116,790円)に10万馬券が出ている。その他にも万馬券の年が5年あり、昨年(1,950円)のように固い決着となることもあるが、波乱の年も多く穴馬の出番は十分にある。

単勝オッズは2012年(3,720円)や2010年(3,900円)を除くと上位人気馬が優勝する傾向が強く、こちらは人気馬がしっかり人気に応えるパターンが多い。

馬連は最高配当が2012年(8,070円)で他にも4桁配当が5回ある一方で、人気サイドの決着も4回あり穴馬の取捨は慎重に行う必要がある。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① サンデーサイレンス系種牡馬産駒に注目

毎年人気を集めるのはディープインパクトを筆頭にサンデーサイレンス系となるが、人気薄の父にも注目するとこちらもダイワメジャー、ディープインパクト、ゼンノロブロイ、ステイゴールドとサンデー系でほぼ占められる。

ディープインパクト ( 77- 64- 56-342)
勝率 14.3% │ 複勝率 36.5%

ダイワメジャー ( 23- 26- 27-180)
勝率 9.0% │ 複勝率 29.7%

ステイゴールド   ( 16- 18- 12-167)
勝率 7.5% │ 複勝率 21.6%

ゼンノロブロイ ( 8- 12- 13-111)
勝率 5.6% │ 複勝率 22.9%

これらに匹敵する成績を残すサンデー系としてハーツクライが挙げられるが、非サンデー系ではロードカナロア産駒も同条件での成績が優れており、こちらも警戒したい。

ハーツクライ    ( 20- 16- 16-143)
勝率 10.3% │ 複勝率 18.5%

ロードカナロア ( 8- 4- 2- 26)
勝率 20.0% │ 複勝率 35.0%

予想参考データ② 母父ノーザンダンサー系の馬に注目

過去の好走馬を見ると母父ノーザンダンサー系の馬の活躍が目立つ。特に前述の父サンデー系との相性が良い。

2018年 マウレア(母父Storm Cat)
2016年 シンハライト(母父シングスピール)/ ラヴェンダーヴァレイ(母父フレンチデピュティ)
2015年 ココロノアイ(母父デインヒル)/ アンドリエッテ(母父Silver Deputy)
2014年 ハープスター(母父ファルブラヴ)/ ヌーヴォレコルト(母父スピニングワールド)/ リラヴァティ(母父シングスピール)
2013年 アユサン(父母Storm Cat)
2012年 ジョワドヴィーヴル(母父Caerleon)
2011年 メデタシ(母父クロフネ)

この傾向は人気に関わらず該当するため、今年も無視はできない。

予想参考データ③ 逃げ馬・追い込み馬に注目

激走馬の脚質に注目すると、比較的どの位置取りからも馬券に絡むケースが見られるが、逃げ残りや直線一気の競馬で絡むケースが多い印象を受ける。以下に激走馬の位置取り[出走頭数]を挙げてみた。

2017年 ミスパンテール(7人気/10-9[12頭])
2015年 アンドリエッテ(7人気/14-15[17頭])
2014年 リラヴァティ(6人気/1-1[13頭])
2013年 ウインプリメーラ(7人気/2-2[15頭])
2009年 サクラミモザ(7人気/1-1[13頭])

2019年の穴馬候補は?

以上のデータから面白そうなのはメイショウショウブ、ブランノワール、ブリッツアウェイだ。

メイショウショウブは今回逃げを打つ可能性が高い。父ダイワメジャーも相性の良い父サンデー系だ。

ブランノワールは父ロードカナロアの相性の良さから激走が期待される。母父シングスピールとノーザンダンサーの血を持つ。逃げにも追い込みにも臨機応変に対応できるだろうし、ここでも期待したい。

ブリッツアウェイは父サンデー系×母父ノーザンダンサー系を満たす数少ない出走予定馬である。力関係は厳しいかもしれないが血統面の相性の良さから注目だ。

おすすめの記事