(C) 2017 Ricky All Rights Reserved.

2018年11月17日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳S(GⅢ/芝1800m)が行われる。昨年の優勝馬ワグネリアンがここを勝ち、今年の日本ダービー優勝へ飛躍した。今年はルヴォルグ、ヴェロックス、カテドラルなどの評判馬が出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統


2017年 1着(ディープインパクト/キングカメハメハ/Broad Brush)                                                                            

     2着(スクリーンヒーロー/カーネギー/モガミ)

               3着(ヴィクトワールピサ/サクラバクシンオー/ミルジョージ)

2016年 1着(バトルプラン/タニノギムレット/サンデーサイレンス)

     2着(ハーツクライ/Unbridled's Song/General Meeting)

               3着(ディープインパクト/Sadler's Wells/Irish River)

2015年 1着(ダノンシャンティ/Alzao/Shernazar)

               2着(ディープインパクト/Storm Cat/Mr.Prospector)

               3着(ジャングルポケット/ダンスインザダーク/ブライアンズタイム)

2014年 1着(Marju/Rossini/Vettori)

               2着(ディ-プインパクト/フレンチデピュティ/ダンシングブレーヴ)

               3着(ディープインパクト/Exchange Rate/Time for a Change)

2013年 1着(フジキセキ/Cozzene/Crafty Prospector)

               2着(デュランダル/ティンバーカントリー/Danzig)

               3着(キングカメハメハ/スペシャルウィーク/オジジアン)

2012年 1着(キングカメハメハ/サンデーサイレンス/ポツセ)

               2着(Smart Strike/Silver Hawk/Danzig)

               3着(ウォーエンブレム/サンデーサイレンス/Lyphard)

2011年 1着(ディープインパクト/Loop Sauvage/Akarad)

               2着(シンボリクリスエス/サンデーサイレンス/Kris)

               3着(ダンスインザダーク/トニービン/ディクタス)

2010年 1着(フジキセキ/エリシオ/Mr.Prospector)

               2着(ハーツクライ/Cozzene/Bob Back)

               3着(ステイゴールド/メジロマックイーン/Nijinsky)

2009年 1着(キングカメハメハ/サンデーサイレンス/Shirley Heights)

               2着(ネオユニヴァース/トニービン/ノーザンテースト)

               3着(ニューイングランド/ヘクタープロテクター/ノーザンテースト)

2008年 1着(ステイゴールド/タイトスポット/デインヒル)

               2着(Smart Strike/フレンチデピュティ/Baldski)

               3着(シンボリクリスエス/Crafty Prospector/セクレト)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス系とナスルーラ系の組み合わせが相性の良いレースである。

2017年 シャルルマーニュ(父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系×母母父ナスルーラ系)

2016年 スワーヴリチャード(父サンデーサイレンス系母母父ナスルーラ系)

ムーヴザワールド(父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)

2015年 マイネルラフレシア(父ナスルーラ系×母父サンデーサイレンス系)

2014年 アヴニールマルシェ(父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)

2013年 イスラボニータ(父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系)

2011年 ディープブリランテ(父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系)

マイネルディーン(父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系)

2010年 リフトザウイングス(父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系)

2009年 ローズキングダム(母父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)

トーセンファントム(父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系)

今年はゴータイミング、ダノンラスター、ナイママ、ヴァンドギャルド、ラバストーンなどが該当する。加えて、ロベルト系の血も含む馬の相性が良いレースだけにナイママの走りに期待がかかる。

出走予定馬・種牡馬コース成績

ブラックタイド   4- 3- 4- 47 / 6.9% / 19.0%

ハーツクライ         20-24-15-168 / 8.8% / 26.0%

ディープインパクト 55-41-48-249 / 14.0% / 36.6%

ハービンジャー   11- 7- 9- 83 / 10.0% / 24.5%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクトが得意な条件であることは明確であるが、ハービンジャーもそれに迫る成績を残しているといえるだろう。ニシノデイジーが重賞2連勝で世代の主役に躍り出ることができるか注目だ。

おすすめの記事