(C)Ko-Mei

2019年1月20日、中京競馬場で東海S(GⅡ/ダ1800m)が行われる。今回は日程や出走時間などのレース概要、注目の出走馬(出走予定登録馬)、想定される人気と予想オッズを見ていく。

インティ、アンジュデジール、チュウワウィザード、クインズサターン、スマハマらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

なお、競馬TIMESでは今後、当重賞を徹底的に検証していく。データ分析、有力馬の強調材料や不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

まずは出走予定馬の一覧と、勢力図(想定オッズ・人気)を確認していこう。


東海S2019の日程・時間・賞金

2019年1月20日 15:25

1回中京2日目 4歳上 サラ4歳上オープン
ダ1800m (左)
本賞金:5500、2200、1400、830、550万円

注目の出走予定馬(登録馬)

初のオープン戦、しかもGⅡという挑戦ながらも5連勝中のインティが圧倒的な人気を集めそう。無論、それを裏付けるだけのパフォーマンスを残してきているのは事実だ。

初戦こそ破れたが、折返しの未勝利戦から圧巻の5連勝。途中、脚部不安で長期の休養こそ挟んでいるもののの、未勝利戦(1.2)、500万下(0.7)、500万下(0.7)、1000万下(1.6)、準オープン(0.8)という内訳だ。カッコ内の数字は2着馬につけた着差で、完全にオープン級の器であることは間違いない。

これだけだと相手の強弱、展開面などの影響も考えられるが、その走破時計も秀逸だ。今回と同じダートの1800mに限れば、1.53.6(未勝利)、1.51.3(500万下)、1.50.1(1000万下)、1.49.4(準オープン)と時計を詰め続けている。まだ底の見えない印象もあるが、それにせよ前走の観月橋S(準オープン)の1.49.4という時計は破格。内容も番手から上がり最速(35秒9)とケチを付ける部分は全く無い。強いて挙げるなら一気の相手強化でこれまでのようなスムーズな先行策が取れるかという部分ではあるが、中京コースにも実績があり、引き続き武豊騎手が手綱を取るという点ではその心配も無用か。明け5歳だがまだ6戦とキャリアは浅く、もしやすると「怪物」の可能性すらある1頭だ。

昨年のJBCレディスクラシックを制した牝馬アンジュデジールが対抗格。

ディープインパクト産駒ながらダートを主戦場としており、先行して早い上がりでまとめるレースが板に付いてきた。JBCレディスクラシックを制した後は牡馬相手のチャンピオンズCに挑戦したが、果敢な逃げから直線も粘っての4着。勝ったルヴァンスレーヴにこそ離されたものの、2着のウェスタールンドからはコンマ2秒差であり、牡馬相手でも立ち回り次第で通用することを証明した。

横山典弘騎手が完全に手の内に入れている印象で、前走の走りからも中京コースは全く問題ない。地方のダートよりは中央のダートの方が向くタイプで、ここもただ使うというよりは勝負に来ている一戦だろう。インで立ち回るタイプなので、できれば内枠が欲しいところだ。

上に名前の出てきたルヴァンスレーヴを筆頭に、ダートでもハイレベルな明け4歳世代からはチュウワウィザードが参戦する。

前々走の師走Sこそ同世代のテーオーエナジーに離された2着だったものの、続く前走の名古屋グランプリ(JpnⅡ)をミツバやグリムといった実績馬を封じ込めて勝ちきった。以前は後方から詰めの甘いレースが続いていたが、ここ数戦は先行力が出てきたのは魅力。今回は一気の距離短縮と、おそらくインティが作るであろう淀みないラップでスピード勝負になったときにどうか。

重賞勝ちこそないが、ここ2走の内容が悪くないクインズサターンも展開次第で十分チャンスはある1頭だ。

武蔵野Sは後方待機からサンライズノヴァにこそキレ負けしたものの、最後までしっかりと脚を使っての2着。前走の師走S(OP)も展開的には厳しい流れだったものの後方から差を詰めて3着とここにきて安定感が出てきた。あまり器用なタイプではないので直線勝負に賭ける形にはなってしまうが、一旦勢いが付けば真一文字に伸びてくるタイプ。そういった意味でも今回騎乗する四位騎手は手が合っていそうで、実際に四位騎手が騎乗したときは馬券圏内を外していない。前が崩れるようならこの馬にも一発のチャンス。

明け4歳馬でもう1頭注目したいのはスマハマ。前走の青竜S(OP)2着以来かなり久しぶりのレースとはなるが、出遅れた新馬戦を除いて連対を外していない地力は魅力。まだ余力のある仕上げかもしれないが、前走の勝ち馬は後にレパードSと白山大賞典を制するグリムで、3着馬は後に東京大賞典を制するオメガパフュームであった。素質はこのメンバーでも決して見劣らない。

他には、ムラだが地力はこのメンバーでも上位のミツバ、3年前のこのレースの覇者アスカノロマン、冬場に走るコスモカナディアン、復調気配のある昨年の3着馬モルトベーネ、久々を叩いて上積みあればのグレンツェントなどが参戦を予定している。

登録馬は以下の通りだ。

アスカノロマン 牡8 太宰騎手 川村厩舎
アポロケンタッキー 牡7 ○○騎手 山内厩舎
アングライフェン 牡7 ○○騎手 安田隆厩舎
アンジュデジール 牝5 横山典騎手 昆厩舎
インティ 牡5 武豊騎手 野中厩舎
カゼノコ 牡8 ○○騎手 野中厩舎
クインズサターン 牡6 四位騎手 野中厩舎
グレンツェント 牡6 ミナリク騎手 加藤征厩舎
コスモカナディアン 牡6 ○○騎手 金成厩舎
サルサディオーネ 牝5 丸山騎手 羽月厩舎
サングラス 牡8 ○○騎手 谷厩舎
シャイニービーム 牡7 ○○騎手 羽月厩舎
スマハマ 牡4 藤岡佑騎手 高橋亮厩舎
タムロミラクル 牡7 ○○騎手 西園厩舎
チュウワウィザード 牡4 川田騎手 大久保厩舎
マイネルバサラ 牡6 ○○騎手 松山厩舎
ミツバ 牡7 福永騎手 加用厩舎
メイショウスミトモ 牡8 古川騎手 南井厩舎
モルトベーネ 牡7 藤岡康騎手 松永昌厩舎

想定人気・予想オッズ

13番人気 アスカノロマン 301.4倍
6番人気 アポロケンタッキー 13.6倍
16番人気 アングライフェン 468.9倍
3番人気 アンジュデジール 5倍
1番人気 インティ 1.9倍
14番人気 カゼノコ 324.6倍
4番人気 クインズサターン 10.9倍
10番人気 グレンツェント 76.6倍
8番人気 コスモカナディアン 28.5倍
11番人気 サルサディオーネ 98倍
18番人気 サングラス 2110.8倍
19番人気 シャイニービーム 2110.8倍
5番人気 スマハマ 13.2倍
15番人気 タムロミラクル 351.6倍
2番人気 チュウワウィザード 3.1倍
12番人気 マイネルバサラ 210.9倍
7番人気 ミツバ 17.4倍
9番人気 メイショウスミトモ 47.8倍
17番人気 モルトベーネ 1407.2倍

文:場末太郎(競馬TIMES編集部)

おすすめの記事