東海S2018の競馬予想分析、結果発表!回収率190超のデータ該当馬とは?


(C)Arappa

2018年1月21日、中京競馬場で東海ステークス(GⅡ/ダート1800m)が行われる。テイエムジンソク、アポロケンタッキー、ディアデルレイ、シャイニービームらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 中2週での出走は消し!
ポイント2 母父サンデーサイレンス産駒は消し!
ポイント3 前走左回りは消し!
ポイント4 前走後方脚質は消し!
ポイント5 前走二桁着順は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 中2週での出走は消し!

前走とのレース間隔を見ると、中2週の間隔で出走した馬の中に馬券圏内に入った馬が1頭もいないことがわかる。

中央競馬においては、地方競馬のようにレース間隔を詰めて出走する必要性はあまりなく、特に重賞ともなると、ある程度余裕を持った調整と期間で出走したほうが好成績を残している。

馬名間隔
アスカノロマン6
アポロケンタッキー3
アングライフェン14
オールマンリバー9
クインズサターン6
コスモカナディアン6
ゴールデンバローズ10
サルサディオーネ3
サングラス3
サンマルデューク2
シャイニービーム3
ショウナンアポロン6
シンゼンレンジャー9
スリータイタン3
タガノエスプレッソ3
テイエムジンソク7
ディアデルレイ6
ドラゴンバローズ3
モルトベーネ7
ローズプリンスダム7

中2週間隔での出走馬は……

サンマルデューク

まずはこの馬が消える。

ポイント2 母父サンデーサイレンス産駒は消し!

血統からポイントを探すと母父サンデーサイレンスが中京競馬場でのオープンクラス以上のレースで過去5年に遡っても1頭も勝馬を出していないことがわかる。

サンデーサイレンス自体は芝で活躍する馬が多い印象はあるものの、必ずしもダートで活躍する馬を輩出していないわけではないので意外と言える結果かもしれない。

馬名母父
アスカノロマンタバスコキャット
アポロケンタッキーGone West
アングライフェンパントレセレブル
オールマンリバーサンデーサイレンス
クインズサターンクロフネ
コスモカナディアンWith Approval
ゴールデンバローズMayakovsky
サルサディオーネリンドシェーバー
サングラスダンスインザダーク
サンマルデュークサンデーサイレンス
シャイニービームサンデーサイレンス
ショウナンアポロンアフリート
シンゼンレンジャージェリ
スリータイタンブライアンズタイム
タガノエスプレッソキングカメハメハ
テイエムジンソクフォーティナイナー
ディアデルレイサンデーサイレンス
ドラゴンバローズPolish Precedent
モルトベーネアフリート
ローズプリンスダムシンボリクリスエス

母父サンデーサイレンス産駒は……

オールマンリバー
サンマルデューク
シャイニービーム
ディアデルレイ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走左回りは消し!

前走の競馬場別の成績を見ていると意外なことに気づく。

それは前走が左回りの競馬場(新潟・東京・中京)で走っていた馬の成績が芳しくないのだ。


馬名前走場所
アスカノロマン右回り・中山
アポロケンタッキー右回り・大井
アングライフェン左回り・東京
オールマンリバー左回り・東京
クインズサターン右回り・中山
コスモカナディアン右回り・中山
ゴールデンバローズ左回り・東京
サルサディオーネ右回り・阪神
サングラス右回り・阪神
サンマルデューク右回り・中山
シャイニービーム右回り・阪神
ショウナンアポロン右回り・中山
シンゼンレンジャー左回り・東京
スリータイタン右回り・阪神
タガノエスプレッソ右回り・阪神
テイエムジンソク左回り・中京
ディアデルレイ右回り・中山
ドラゴンバローズ右回り・阪神
モルトベーネ左回り・中京
ローズプリンスダム左回り・中京

前走左回りは……

アングライフェン
オールマンリバー
ゴールデンバローズ
シンゼンレンジャー
テイエムジンソク
モルトベーネ
ローズプリンスダム

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走後方脚質は消し!

中京競馬場ダート1800mは出走馬のレベルが高いGⅠ・チャンピオンズカップを除いて後方脚質は届きにくい傾向にある。

馬名前走脚質
アスカノロマン
アポロケンタッキー
アングライフェン
オールマンリバー
クインズサターン
コスモカナディアン
ゴールデンバローズ
サルサディオーネ
サングラス
サンマルデューク
シャイニービーム
ショウナンアポロン
シンゼンレンジャー
スリータイタン
タガノエスプレッソ
テイエムジンソク
ディアデルレイ
ドラゴンバローズ
モルトベーネ
ローズプリンスダム

前走後方から競馬をしたのは……

クインズサターン
サンマルデューク
ショウナンアポロン
シンゼンレンジャー
スリータイタン
ドラゴンバローズ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走二桁着順は消し!

最後に前走の着順から見てみると二桁着順に惨敗した馬の挽回・巻き返しは東海ステークスにおいてはまず見られないことがわかる。

馬名前走着順
アスカノロマン15
アポロケンタッキー4
アングライフェン8
オールマンリバー1
クインズサターン4
コスモカナディアン12
ゴールデンバローズ13
サルサディオーネ11
サングラス5
サンマルデューク8
シャイニービーム3
ショウナンアポロン14
シンゼンレンジャー8
スリータイタン2
タガノエスプレッソ6
テイエムジンソク2
ディアデルレイ1
ドラゴンバローズ12
モルトベーネ13
ローズプリンスダム12

前走二桁着順だったのは……

アスカノロマン
コスモカナディアン
ゴールデンバローズ
サルサディオーネ
ショウナンアポロン
ドラゴンバローズ
モルトベーネ
ローズプリンスダム


ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

アポロケンタッキー ※回避
サングラス
タガノエスプレッソ

アプロケンタッキーが回避したため、今回の激走馬候補は2頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る