(C)yusukekeiba

2018年6月24日、阪神競馬場で宝塚記念(GⅠ/芝2200m)が行われる。ヴィブロス、サトノダイヤモンド、ダンビュライト、キセキ、サトノクラウン、ミッキーロケット、ストロングタイタンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

配当傾向を過去10年で見てみると、単勝別では1番人気・2番人気・6番人気・8番人気が各2勝ずつと上半期の総決算とも言えるレースを狙って出走してきたレベルの高い馬同士の争いが人気だけでは判断できない結果となっていることがわかる。

そのため三連単は過去10年すべて万馬券、2014年と2015年は10万円を超える配当、昨年2017年も武豊騎手騎乗のキタサンブラックが敗退し単勝3番人気→5番人気→4番人気の組み合わせで決まったことで70,420円と高配当になった。2018年の宝塚記念はどのような決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?(対象データ:2008年~2017年に行われた宝塚記念)


ポイント1 極端な人気薄は消し!

宝塚記念ではこれまでの実績に加え、上半期の最後を飾るレースということで馬の状態を把握しやすいこともあり三連単は毎年万馬券とはいえ実力のある馬が比較的順当に活躍できている。そのため、人気別に集計した場合、単勝が9番人気以下になるような馬の成績は芳しくない。

人気着別度数
9-17人気0- 2- 2- 60/ 64
人気勝率複勝率単回値複回値
9-17人気0.0%6.3%058

先にも触れたとおり、単勝8番人気は過去10年で2勝(2010年ナカヤマフェスタ、2016年マリアライト)しているが、9番人気以下になると一転して成績が下降し、直近2年では馬券圏内に入ってきていないことからの基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、8番人気以内を対象に集計

ポイント2 7歳馬以上は消し!

次に年齢別で集計すると、成長途上の4歳馬や脂が乗っている5歳馬・6歳馬の活躍が宝塚記念では中心となっている。そのため、一部の晩成型を除き競走馬としてのピークが過ぎつつある7歳以上の高齢馬は人気になっていても結果が伴ってこず、不振が目立つ。

馬齢着別度数
7歳以上0- 0- 0- 6/ 6
馬齢勝率複勝率単回値複回値
7歳以上0.0%0.0%00

人気に関係なく集計した場合でも過去10年で延べ26頭が挑戦して2009年に岩田康誠騎手が騎乗し単勝7番人気4着となった当時8歳馬カンパニーが最高着順となっている。

ポイント3 レース間隔3-9週以外は消し!

レース間隔からポイントを探すと宝塚記念の前、3-9週で一度出走した馬のほうが優秀な成績を残している。はじめから宝塚記念に挑戦する前提で陣営がスケジュールを立てじっくりと調整を進めてきた実力馬が結果を出せていることがわかる。

レース間隔着別度数
3-9週以外1- 1- 1-13/16
レース間隔勝率複勝率単回値複回値
3-9週以外6.3%18.8%5644

昨年2017年は中12週の間隔が空いたサトノクラウンが前走GⅠ・大阪杯6着敗退から出走しM.デムーロ騎手とのコンビで見事に勝利を飾っているが、ドバイ遠征帰り以外の長期休養明けで3着以内に入ったのは過去10年で唯一の例となった。

ポイント4 前走4番人気以下は消し!

比較的各馬の実力関係が事前にわかる宝塚記念では、前走でもある程度人気が上位に支持されている馬が活躍することが多く、前走でも単勝4番人気以下になるような馬が好走した例は少ない。

前走人気着別度数
4番人気以下1- 1- 1-17/20
前走人気勝率複勝率単回値複回値
4番人気以下5.0%15.0%3576

前走単勝4番人気から宝塚記念で巻き返すことができた馬のほとんどは前走が天皇賞・春やヴィクトリアマイルといったGⅠレースであった。

ポイント5 前走上がり3F・6位以下は消し!

レベルの高い馬が集結するGⅠレースともなると600m/上がり3Fのタイムも前走で上位5位以内にくるような切れ味を持った馬が活躍できる傾向にある。

前走上がり3F順位着別度数
6位以下0- 1- 3-18/22
前走上がり3F順位勝率複勝率単回値複回値
6位以下0.0%18.2%089

昨年2017年に横山典弘騎手が騎乗して単勝5番人気2着となった2015年の有馬記念馬ゴールドアクターは前走での上がり3F順位は良くなかったが、宝塚記念では勝ち馬サトノクラウンに並ぶ最速タイムを出せていた。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
8- 6- 4-17/35
勝率複勝率単回値複回値
22.9%51.4%316124

なんと、好走率は5割超、回収率も220%を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。

おすすめの記事