(C)MAZIMICKEY

2018年3月25日、中京競馬場で高松宮記念(GⅠ/芝1200m)が行われる。レッドファルクス、レッツゴードンキ、ファインニードル、セイウンコウセイ、ダンスディレクター、ダイアナヘイロー、レーヌミノルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

2000年から春の中京開催最終週に行われるようになった上半期のスプリント王決定戦である高松宮記念は、競馬ファンにとって春のGⅠシーズン開幕を告げるレースとなっている。

また、2014年にチャンピオンズカップが中京競馬場で行われるようになるまでは、中京競馬場で行われる唯一のGⅠレースだったのが高松宮記念だ。

2000年以降、2010年・2011年と優勝したキンシャサノキセキ以外連覇した馬は1頭もおらず、スプリント・短距離路線の群雄割拠を象徴する結果ともなっている。

配当傾向を過去10回で見てみると、単勝はすべて10倍以内と堅い傾向を見せるものの、三連単でみると1万円未満の配当となった年が2回ある一方で10万円を超える配当となった年も2回あるなど傾向が見られない。

2018年は荒れた決着となるのか、それとも人気サイドの決着となるのか。

今回は中京競馬場で行われた2007年以降の高松宮記念の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく(2011年は阪神競馬場で行われたため対象外)。


過去10回の該当馬(2007年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20152ハクサンムーン
20142スノードラゴン
20133ハクサンムーン
20102ビービーガルダン
20093ソルジャーズソング
20072ペールギュント

注目点① 人気薄を狙うなら手広く検討を

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10回で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が6頭と2割にとどまっており、該当馬がいない年も10回中4回と多くあることから積極的に人気薄を狙うかどうかは慎重に考えなければならない。

ただし、今回の該当馬を人気別やオッズで見ると、人気もオッズもそれほど気にする必要がないことがわかる。

人気別集計 高松宮記念 過去10回

人気着別度数勝率複勝率
1番人気4- 1- 4- 1/ 1040.0%90.0%
2番人気1- 3- 1- 5/ 1010.0%50.0%
3番人気2- 1- 3- 4/ 1020.0%60.0%
4番人気2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%
5番人気1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%
6番人気0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%
7番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
8番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
10番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
13番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
15番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2015ハクサンムーン616.8
2014スノードラゴン819.6
2013ハクサンムーン1085.6
2010ビービーガルダン611.9
2009ソルジャーズソング1552
2007ペールギュント13105.5

注目点② 人気薄は5歳から7歳まで

過去10回単勝6番人気以下で3着以内に入った6頭中5頭までが、5歳から7歳までとなっている。

4歳馬は古馬になったばかりでまだまだ成長過程にある馬も多く、だからこそ戦前評価どおりの実力を発揮していて、人気がない場合には馬券圏外に敗れてしまっていることがわかる。

年齢別集計 高松宮記念 過去10回

年齢着別度数勝率複勝率
4歳2- 0- 4- 32/ 385.3%15.8%
5歳6- 5- 2- 35/ 4812.5%27.1%
6歳0- 5- 2- 35/ 420.0%16.7%
7歳2- 0- 1- 25/ 287.1%10.7%
8歳0- 0- 1- 16/ 170.0%5.9%
9歳以上0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名馬齢
ハクサンムーン6
スノードラゴン6
ハクサンムーン4
ビービーガルダン6
ソルジャーズソング7
ペールギュント5

注目点③ レース間隔は中3週か4週

今回の該当馬を見てみると、いずれの馬もレース間隔が中3週か中4週と前哨戦を使って比較的間をあけずに出走してきていることがわかる。

それだけ春のスプリント王戦となる高松宮記念を大目標に各馬が調整を進めてきたと言える。

間隔別集計 高松宮記念 過去10回

間隔着別度数勝率複勝率
2週0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
3週2- 2- 3- 62/ 692.9%10.1%
4週4- 5- 4- 41/ 547.4%24.1%
5~ 9週4- 2- 2- 29/ 3710.8%21.6%
10~25週0- 1- 1- 13/ 150.0%13.3%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名レース間隔
ハクサンムーン3
スノードラゴン3
ハクサンムーン3
ビービーガルダン4
ソルジャーズソング3
ペールギュント4

注目点④ 前走は中山競馬場で出走!

過去10回単勝6番人気以下で3着以内に入った6頭中5頭までが関東馬関西馬にかかわらず前走は中山競馬場で出走していた。

前走競馬場を人気に関係なく見てみると京都競馬場や阪神競馬場のほうが成績が良いため盲点になりがちで人気がなくなっている所、前評判を覆して結果を残していることがわかる。

前走場所別集計 高松宮記念 過去10回

前走場所着別度数勝率複勝率
札幌0- 0- 0- 0/ 0
函館0- 0- 0- 0/ 0
福島0- 0- 0- 0/ 0
新潟0- 0- 0- 0/ 0
東京0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%
中山2- 4- 3- 67/ 762.6%11.8%
中京0- 0- 0- 0/ 0
京都3- 2- 2- 26/ 339.1%21.2%
阪神4- 4- 4- 46/ 586.9%20.7%
小倉0- 0- 0- 0/ 0
海外1- 0- 1- 3/ 520.0%40.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名前走場所
ハクサンムーン中山
スノードラゴン中山
ハクサンムーン中山
ビービーガルダン阪神
ソルジャーズソング中山
ペールギュント中山

注目点⑤ 前走馬体重は460kg~520kg

前走馬体重に注目すると今回の該当馬6頭中すべてが460kg~520kgまでとなっている。

スプリント戦であることからスタミナよりスピードが要求されると考えがちだが、レベルの高いレースである高松宮記念ではスピードを維持することができるスタミナも必要となり、馬格がしっかりしすぎても、身軽くても活躍ができていない。

前走馬体重別集計 高松宮記念 過去10回

前走馬体重着別度数勝率複勝率
420~439kg0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
440~459kg0- 0- 1- 16/ 170.0%5.9%
460~479kg2- 0- 3- 32/ 375.4%13.5%
480~499kg2- 6- 3- 43/ 543.7%20.4%
500~519kg4- 4- 3- 33/ 449.1%25.0%
520~539kg1- 0- 0- 19/ 205.0%5.0%
540~1- 0- 0- 3/ 425.0%25.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名前走馬体重
ハクサンムーン484
スノードラゴン514
ハクサンムーン470
ビービーガルダン498
ソルジャーズソング508
ペールギュント518

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の3頭が該当する。

キングハート
ネロ
ビップライブリー

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年の高松宮記念の登録頭数は23頭となっていて収得賞金の関係で出走できない馬も多く今回選定した3頭の中でもビップライブリーは除外対象となっているので注意が必要だ。

また、仮に今回の該当馬が上位人気に支持されたり、出走回避した場合などは、人気薄が上位に食い込む可能性は低いと見て、素直に上位5番人気までの堅い決着を予想する方法もありそうだ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事