タグ:アルバート

アルバートの勝因とフェイムゲームの敗因は?ステイヤーズステークス2017回顧

© 2017 Ricky All Rights Reserved.

12月2日土曜日に中山競馬場でステイヤーズS(G2/芝3600m)が行われ、アルバートが優勝した。これで同馬はこのレース3連覇となった。

終始落ち着いてレースを進めたアルバートと、早め早めの競馬で真っ向勝負を挑んたフェイムゲームの激闘は非常に見ごたえがあるものだった。

勝者、敗者をわけた“分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年12月 2日(土) 5回中山1日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第51回スポーツニッポン賞ステイヤーズS
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(特指) 芝 3600m 10頭立

馬名性齢
9アルバート牡61
2フェイムゲームセ72
7プレストウィック牡63
5プロレタリアト牝68
6シホウ牡64
3グランアルマダ牡56
4シルクドリーマー牡85
10カムフィー牡810
1デルマサリーチャン牝67
108サイモントルナーレ牡119

LAP 13.3-11.3-13.0-12.4-12.2-12.6-12.7-12.9-12.6-12.5-13.1-12.7-12.3-12.0-11.9-12.0-11.7-11.8
通過 37.6-50.0-62.2-74.8  上り 71.7-59.4-47.4-35.5  平均 1F:12.39 / 3F:37.17

払い戻し

単勝  9 \130
複勝  9 \100 / 2 \120 / 7 \140
枠連  2-8 \220 (1)
馬連  02-09 \210 (1)
ワイド 02-09 \130 (1)/ 07-09 \180 (2)/ 02-07 \400 (6)
馬単  09-02 \290 (1)
3連複 02-07-09 \450 (1/120)
3連単 09-02-07 \830 (1/720)

レース分析

時計面から見ていこう。前半の3Fが37秒6、最後の3Fが35秒5と最初と最後だけ抜き出すと比較的上がり勝負のレースかなとしか思わないが、勝ち時計の3分43秒フラットは非常に優秀なタイムだ。

このレース歴代2位の好タイムであり、ここ数年の勝ち時計を楽に2秒以上上回る。それだけに上位馬を高く評価することはもとより、下位の馬たちにも一定の評価が必要だろう。では、各馬の走りを振り返って行こう。

出走馬勝因、敗因

1着 アルバート

終始長手綱で完璧な折り合いだった。道中は中団のやや後ろを悠々と進みフェイムゲームを斜め前に見る形。慌てず騒がず脚をしっかりと溜められた。勝負どころからエンジンをかけていったが、直線を向いた所でも前とはまだ少し差があった。


しかしそこからの決め手は圧巻で上がりは唯一の34秒台。勝因は道中の完璧な折り合いと相手をフェイムゲームを決め打ったムーアの落ち着き。圧巻の3連覇だった。

この距離なら間違いなく現役最強。歴代でも屈指の正真正銘のステイヤーだ。

2着 フェイムゲーム

16キロ増えた体重は昨年のダイヤモンドS(2着)の時とそう変わらないのであまり影響はないかと思うが、やや折り合いを欠くシーンがあったあたり完全な状態ではなかった可能性もある。

それでも一端は抜け出し形を作ったが、最後は余力の差を見せつけられた。最初のスタンド前でも頭を上げるシーンがあったのが悔やまれる。何もかもが完璧でないと今日のアルバートには勝てなかった。

この年齢でもまだまだ元気で長距離戦では引き続き上位争いが可能だ。

3着 プレストウィック

道中はアルバートの後ろでそれをマークする形。直線でも一定の脚は見せており力は出し切った。

上がり2位のタイムで差を詰めたがそれでもフェイムゲームに迫る事も出来ず。前2頭とは力差があった。

4着 プロレタリアト

勝負所で取りたかった進路をアルバートに取られたのが痛かった。そこがスムースなら3着はあり得た。牝馬だが牡馬に混じったスタミナ比べでもひけをとらない実力馬。

5着 シホウ

なだれ込むような形での入着でそこまで高くは評価出来ないが、後ろには6馬身差。重賞でも掲示板争い出来る能力はある。

6着 グランアルマダ

気合をつけられハナへ。しかし4コーナーを前に早々にシルクドリーマーに先頭を明け渡した。ただそこから粘りを見せたあたりに豊富なスタミナは感じる。


7着 シルクドリーマー

直線手前で抜け出そうとしたがフェイムゲームの強襲に遭いそこからは沈む一方。もう少し仕掛けを我慢したほうが良かっただろう。

8着 カムフィー

後方をついて回っただけ。一昨年の2着馬だが近走は衰えが顕著。ただこの馬でも例年なら勝ちタイム並み。

9着 デルマサリーチャン

道中は3番手だったが残り800を前に早々と後退。ここでは見劣ったが距離が長かった事も事実。

10着 サイモントルナーレ

11秒以上の差をつけられ惨敗。付いていくことも全く出来ずいつまでの現役生活だろうか。。

まとめ

やはり光ったのはアルバートのスタミナ・実力、そしてムーアの手綱さばきだ。

自身が圧倒的人気を背負いながらもライバルをフェイムゲーム一頭と腹を括り、道中はラチ沿いをピタリと静かに追走した。その度胸と読みのセンスに改めて脱帽だ。

フェイムゲームも見せ場を作りハイレベルなレースを演出してくれた。現役屈指の実力派ステイヤーたちが作りあげた味わい深い大人の好レースだった。

文=櫻井秀幸



現役最強馬の座を争う3頭のデッドヒートに、淀が揺れた。

4月30日に京都競馬場で行われた天皇賞春(GI/芝外回り3200m)で、1番人気のブラックタイド産駒キタサンブラック(牡5)が、3番人気シュヴァルグラン(牡5)、2番人気のサトノダイヤモンド(牡4)を押さえて勝利した。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

映像はこちらから(※JRA公式サイト→レース結果のページでご覧いただけます)

結果・着順

2017年 4月30日(日) 3回京都4日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第155回天皇賞(春)
4歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝・外 3200m 17頭立

馬名S性齢
3キタサンブラック牡51
6シュヴァルグラン牡54
15サトノダイヤモンド牡42
10アドマイヤデウス牡610
7アルバート牡66
9ディーマジェスティ牡48
12ゴールドアクター牡65
13トーセンバジル牡59
1シャケトラ牡43
105ファタモルガーナセ915
1114ワンアンドオンリー牡611
1216レインボーライン牡47
138タマモベストプレイ牡714
144スピリッツミノル牡516
1517ヤマカツライデン牡512
1611プロレタリアト牝617
172ラブラドライトセ813

LAP 12.9-11.5-11.2-11.3-11.4-11.6-11.6-13.0-12.5-12.7-12.6-12.5-12.2-11.6-11.7-12.2
通過 35.6-46.9-58.3-69.9
上り 72.8-60.2-47.7-35.5
平均 1F:12.03 / 3F:36.09

レース分析

黒光りする馬体がゴール板を通過したとき、掲示板には「3.12.5」という数字が映し出された。

ディープインパクトが持っていた記録を大幅に更新するレコード決着となった。まさに最高の死闘、最高のマッチレースと表現していいレースだっただろう。

逃げ宣言をしていたヤマカツライデンがハナを切り、2番手にキタサンブラックがつけるという戦前の予想通りの展開となった。シュヴァルグランとシャケトラが並ぶように続き、サトノダイヤモンドは中段につけて最初のコーナーを曲がった。


向こう正面に差し掛かると、徐々にキタサンブラックがヤマカツライデンに迫っていく。ライバルを射程圏に捉えたいシュヴァルグランらも追走し、サトノダイヤモンドもポジションを徐々に上げていった。

3、4コーナーに差し掛かった頃にはキタサンブラックがヤマカツライデンを捉え、先頭に立つ。直線の入り口ではキタサンブラック、シュヴァルグラン、そしてサトノダイヤモンドの3頭が並び、力と力の叩き合いとなった。

キタサンブラックは二枚腰で伸び、シュヴァルグラン、粘るアドマイヤデウス、そしてサトノダイヤモンドが追いすがる。それでも後続を寄せ付けなかったキタサンブラックが、先頭を譲ることなく淀の歓声を自分のものにした。

12.9-11.5-11.2-11.3-11.4-11.6-11.6-13.0-12.5-12.7-12.6-12.5-12.2-11.6-11.7-12.2

ヤマカツライデンが引っ張ったとはいえ、キタサンブラックにとっても決して楽なペースではなかったはずだ。特に武豊騎手がレース後「追いかけに行ってしまった」と話したように、向こう正面では徐々に前へ進出していった。キタサンブラックにとって、簡単なレースではなかったわけだ。

むしろ位置取りとしてはシュヴァルグランやシャケトラのほうがよかったし、距離ロスがあったこと以外はサトノダイヤモンドのレース運びも盤石だった。

要するに、厳しいペースになったため、本当の底力が問われるレースになったわけだ。上位に入線した馬たちは、本当に強い馬だった、という結論を出していいだろう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 キタサンブラック

向こう正面で緩まない程度にペースを落ち着かせ、ライバルに脚を使わせつつ押し切る、というのがキタサンブラックの勝ちパターンだ。しかし、今回は脚をためきれなかったように見えた。

それでも直線で力尽きることなく、後続を押さえてしまうのだから恐れ入る。

本当に強い馬の前では理屈など超えて「すごかった」という言葉しか出てこないものだ。今回のキタサンブラックはまさに「すごかった」というほかない。


キタサンブラックの血統や次走は?歴史的名馬は凱旋門賞へ向かうのか?

2着 シュヴァルグラン

最高の条件、最高の枠順、最高の展開だった。

ハーツクライ産駒は成長力が魅力だ。この馬も例に漏れず、今までに増して力をつけてきた。今回はいい枠順を引けたし、キタサンブラックを見る形でレースが進められた。

しかし、それでもキタサンブラックには届かなかった。レース後、鞍上の福永祐一騎手が「思い通りのレースができた」と語ったように、ケチのつけることのない完璧なレースだった。

それだけに、キタサンブラックの強さを褒める他ない。

3着 サトノダイヤモンド

池江泰寿調教師が「相手の方が3つも4つも5つも上」と話したように、どこまでも届かない差があったようにすら感じられた。

もっとも、このレベルになるとほんの少しの差が勝負を分けてしまう。外枠で多少なりともロスがあったことも影響したはずだ。

もう勝ち馬が3頭いればいいのに……とすら感じられたレースだっただけに、今はただただ無事とさらなる飛躍を期待したい。

4着 アドマイヤデウス

特筆すべきは岩田康誠騎手の騎乗ぶりだろう。好スタートからポジションを取ると、あとはなるべく内へ内へ入るように馬を導いた。結果、3、4コーナーではラチ沿い2頭目を、1、2コーナーではラチ沿いに入り、距離ロスを防いだ。

最後、現役最強馬クラスの3頭に競り負けてしまったが、120点のレースだった。馬券を勝ったファンは悔しがりつつ「これで負けたら仕方ない」と思えるレースだったのではないだろうか。さすが岩田騎手、といったところ。


アドマイヤドン産駒、もしくはミスプロ系全体に言えることだが、どうしても3000m以上の底力勝負になると勝てない。キングカメハメハ産駒(キングマンボ系=ミスプロ系)が長距離レースを苦手としていることでも分かるだろう。

あまり得意な条件ではないだけに、大健闘の4着だった。

5着 アルバート

同じくアドマイヤドン産駒のアルバートは中段から我慢の競馬をした。スムーズな競馬ではあったが、なかなか内に入れられず、アドマイヤデウスと比較しても距離をロスしていた感は否めない。

また、なかなか反応が鈍いタイプのため、4コーナーの仕掛け時に置いていかれてしまった。

もっとも、内をつけるような器用なタイプではないし、血統的な欠点もあったため、こちらも力を出し切っての5着だったといえるだろう。

6着 ディーマジェスティ

スタートで出負けしてポジションを悪くし、内に入れずに終始大外を回して距離をロス……というチグハグな競馬になってしまった。直線の入り口では伸びてきたため、一瞬「おっ」と思わせたが、残り200m付近で他の馬たちと脚色が同じになってしまった。

もっとも、あれだけ距離をロスしていて伸びてきたらそれこそ怪物級であるため、このレースぶりで止まるのは仕方なかった。むしろ健闘の6着といえるのではないだろうか。

セントライト記念以降、歯がゆい結果が続いているが、これは血統的な側面が大きそうだ。ディープインパクト産駒×ロベルト系の組み合わせはどうしても中央よりローカル的な条件を得意としている。タフな馬場、コーナー4回などの条件で巻き返しが期待される。

7着 ゴールドアクター

横山典弘騎手が「スタートで終わってしまった」と語ったように、残念なレースになってしまった。本来は先行してアドマイヤデウスのような競馬がしたかったはず。ずっと先行してきた馬が二桁番手につける時点で勝負にならなかった。

ノーカウントと捉えてOKだろう。

8着 トーセンバジル

枠順と脚質の問題でどうしてもロスの多い競馬になってしまった。4コーナーでは一瞬内をつこうとしたように見えたが、スペースがなくて諦めて……といった競馬だった。今回は相手が強かったし、キャラクターとしても「最後の直線で脚は使うけど、それまでのロスが……」というタイプのため、これ以上はどうしようもなかったか。

9着 シャケトラ

スタート、やや出負けしたが、盛り返して好位置を取った。ただ、終始田辺裕信騎手と喧嘩し、行きたがってしまった。2週目の3、4コーナーではほとんど手応えなく、3強の叩き合いを後方で眺めていた。

1枠1番という最高の枠を引いたこともあって人気になっていたが、さすがに初のGIでは荷が重すぎた。

10着 ファタモルガーナ

枠順を利して一発を狙ったが、厳しかった。さすがに力が足りなかったし、高速馬場も向かなかった。

11着 ワンアンドオンリー

3番手につける積極的な競馬だったが、最後のコーナーでは手応えがなく、後退していった。

ワンアンドオンリーに関しては以下の記事で書いたが、3歳時の消耗がすべて。今後も厳しいだろう。

ダービー馬ワンアンドオンリーは古馬GIで勝てない?宝塚記念惨敗の真相を暴く

12着 レインボーライン

出遅れで最後方に待機し、一発を狙ったが、前の3頭が強すぎた。最内をつけば幾分か着順を上げられただろうが、スペースがなく厳しかった。

13着 タマモベストプレイ

力負け。

14着 スピリッツミノル

力負け。

15着 ヤマカツライデン

レコードタイムを演出する良い逃げをうってくれた。積極的なレース運び、名勝負の演出という意味で、感謝したい。

16着 プロレタリアト

力負け。

17着 ラブラドライト

力負け。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る