シルクロードS2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬とは?


(C)MAZIMICKEY

2018年1月28日、京都競馬場でシルクロードステークス(GⅢ/芝1200m)が行われる。ダイアナヘイロー、アレスバローズ、ナックビーナス、ファインニードル、ディバインコード、セイウンコウセイらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

芝1200mのハンデ重賞は年間でも他に2レース(CBC賞・北九州記念)しかなく、冬の時期に実施されているのはシルクロードステークスのみとなっている。

春のスプリント王決定戦GⅠ高松宮記念が3月の中京開催に定着した際に、シルクロードステークスも前哨戦の一つとして位置づけられ、2000年からこの時期に行われるようになった。

2012年の優勝馬は後のスプリント王であるロードカナロアであり、出世レースとも言えるレースであるが、一方で過去10年の三連単配当はすべて万馬券で、しかも一番安くて昨年2017年の40,820円とハンデ戦らしい高配当が続いているレースでもある。

2018年もこれまで同様の高配当となるのか、一転して堅く収まるのか。

今回は過去10年のシルクロードステークスの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名性齢人気
20173セカンドテーブル牡57
20163ワキノブレイブ牡611
20153セイコーライコウ牡812
20143リトルゲルダ牝513
20133メイショウデイム牝611
20123ケンブリッジエル牡616
20112アーバニティ牡714
20103シンボリグラン牡86
20091アーバンストリート牡57
20092ソルジャーズソング牡76
20082コパノフウジン牡611

注目点① 単勝10倍以内の馬が1着で固定

該当馬のリストを見てもわかるように、1着に単勝6番人気以下の馬が入ったのは2009年のアーバンストリートただ1頭であることから、1着には単勝1番人気から3番人気までの上位人気、オッズでは10倍以内で選べばほぼ間違いがないことがわかる。

また、2着は単勝1番人気から6番人気で過去10年中8頭、3着は単勝1番人気から3番人気までの馬が1頭も入ったことがないなど、人気と着順が比較的比例している。

これは、馬券を購入する競馬ファンが、ハンディキャッパーがつけたハンデを確実に理解し、予想に結びつけているものと考えられる。

人気別集計 シルクロードステークス 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%
2番人気4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%
3番人気3- 1- 0- 6/ 1030.0%40.0%
4番人気0- 3- 2- 5/ 100.0%50.0%
5番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
6番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
7番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
8番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気0- 1- 2- 7/ 100.0%30.0%
12番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
13番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
14番人気0- 1- 0- 8/ 90.0%11.1%
15番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
16番人気0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%
17番人気0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

単勝オッズ別集計 シルクロードステークス 過去10年

単勝オッズ着別度数勝率複勝率
1.0~ 1.41- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%
1.5~ 1.90- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%
2.0~ 2.91- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%
3.0~ 3.90- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
4.0~ 4.92- 0- 0- 4/ 633.3%33.3%
5.0~ 6.95- 2- 0- 5/ 1241.7%58.3%
7.0~ 9.90- 3- 1- 8/ 120.0%33.3%
10.0~14.91- 2- 3- 13/ 195.3%31.6%
15.0~19.90- 0- 1- 17/ 180.0%5.6%
20.0~29.90- 0- 1- 11/ 120.0%8.3%
30.0~49.90- 0- 1- 19/ 200.0%5.0%
50.0~99.90- 2- 1- 21/ 240.0%12.5%
100.0~0- 0- 2- 25/ 270.0%7.4%

集計期間:2008年 ~ 2017年

注目点② 乗り替わりを狙え!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭すべてが前走と騎手が乗り替わりになっている。

事情はそれぞれ異なるだろうが、上位入線が見込める馬ほど騎手は継続騎乗を望む傾向にあるのが一般的で、その傾向が如実に現れているとも言える。

前走騎手別集計 シルクロードステークス 過去10年

前走騎手着別度数勝率複勝率
同騎手6- 5- 1-54/669.1%18.2%
乗替り4- 5- 9-74/924.3%19.6%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走騎手騎手
セカンドテーブル武豊水口優也
ワキノブレイブD.マクド小牧太
セイコーライコウ柴田善臣藤岡康太
リトルゲルダ丸山元気菱田裕二
メイショウデイム川須栄彦国分恭介
ケンブリッジエル上村洋行和田竜二
アーバニティ藤田伸二四位洋文
シンボリグランA.スボリM.デムー
アーバンストリート上村洋行福永祐一
ソルジャーズソング武幸四郎岩田康誠
コパノフウジン北村宏司藤岡佑介

注目点③ 斤量が増えていないこと!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭すべてが斤量が前走と同じか軽くなっている。

近走の結果が悪いことや今回の相手関係から斤量が同じか軽くなった馬が好走していると言っていいだろう。


ただし、上位人気馬はハンデが重くなっても比較的実力を発揮できているので要注意だ。

斤量別集計 シルクロードステークス 過去10年

前走斤量着別度数勝率複勝率
増減無し2- 3- 3- 41/ 494.1%16.3%
増減±1kg以内8- 7- 6- 89/1107.3%19.1%
今回1~1.5kg増3- 1- 0- 20/ 2412.5%16.7%
今回2~2.5kg増1- 2- 0- 2/ 520.0%60.0%
今回3kg以上増0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
今回1~1.5kg減2- 3- 3- 27/ 355.7%22.9%
今回2~2.5kg減0- 0- 1- 17/ 180.0%5.6%
今回3kg以上減0- 1- 3- 16/ 200.0%20.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走斤量斤量斤量差
セカンドテーブル56560
ワキノブレイブ5755-2
セイコーライコウ5857-1
リトルゲルダ5453-1
メイショウデイム5453-1
ケンブリッジエル5753-4
アーバニティ57570
シンボリグラン5854-4
アーバンストリート5554-1
ソルジャーズソング5754-3
コパノフウジン5554-1

注目点④ レース間隔は長くても2ヶ月

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭すべてが最長でも2ヶ月以内の間隔でこのレースに臨んでいる。

高松宮記念へ向けてここから始動する有力馬はともかく、人気がない馬にとっては、ここが目標のレースでもある場合があることを伺わせる。

馬名間隔(週)クラスレース名
セカンドテーブル3OP淀短距離S
ワキノブレイブ3OP淀短距離S
セイコーライコウ7OPラピスラズリS
リトルゲルダ8OP尾張S
メイショウデイム2OP淀短距離S
ケンブリッジエル31600万新春S
アーバニティ6GⅡ阪神カップ
シンボリグラン10GⅢ京阪杯
アーバンストリート6OP尾張S
ソルジャーズソング7GⅡ阪神カップ
コパノフウジン4GⅢガーネットS

注目点⑤ 馬齢は5歳から8歳、斤量は53kgから57kg

そして、過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭すべてが馬齢は5歳から8歳の間、斤量は53kgから57kgの間に入っている。

馬齢は4歳や9歳以上、斤量は軽ハンデやトップハンデなど両極端に該当する馬は該当していないことがわかる。

まとめ

ここまでの5つの注目点からまずは1着馬として最適な単勝3番人気以内かつ単勝10倍以内になりそうな馬を選定すると次の3頭が該当する。

ダイアナヘイロー
アレスバローズ
ナックビーナス

次に上位人気以外で乗り替わり予定があり、斤量が同じか軽くなり、前走からの間隔が2ヶ月以内、そして馬齢と斤量が注目点の範囲内に当てはまる馬をピックアップすると次の4頭が該当する。


アクティブミノル
グレイトチャーター
コスモドーム
ナリタスターワン

なお、アクティブミノルとコスモドームは最終登録段階で獲得賞金順から除外対象となっているのでご注意いただきたい。

以上、今回は激走馬候補が比較的多頭数となってしまったが、フォーメーションを組むなどで購入点数をある程度絞ることが可能だ。

また、高配当となることを前提に点数を多めにする方法も一考に値する。

以上を参考にして馬券を組み立てていくのも、面白いのではないだろうか?


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る