(C)MAZIMICKEY

2018年9月8日、中山競馬場で紫苑S(GⅢ/芝2000m)が行われる。マウレア、パイオニアバイオ、ロサグラウカ、フィニフティ、サラスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 9月 8日(土) 4回中山1日目 17頭 [仮想出馬表] 【11R】  第3回紫苑S
3歳・オープン・G3(馬齢)(牝)(国際)(指定) 芝2000m (B)

出走予定馬・登録馬

桜花賞、オークスでともに5着と自分の力は発揮したディープインパクト産駒のマウレアがこのメンバーなら力は上か。

昨冬の阪神JF3着も含め、世代でも上位の力はあるのは既にわかっている。アーモンドアイやリリーノーブル、ラッキーライラックとは勝負付けが済んでしまった感はあるものの、その3頭に比べるとパドックなどでも非力さが目立っていただけに、成長次第では肉薄する可能性もありそう。追ってからじっくり伸びるタイプで直線の長いコースがベストなのは間違いないが、メンバーがかなり落ちる点と、輸送がないというメリットで相殺は可能だろう。

フローラSで13番人気の低評価を覆し2着、続くオークスでも上位にこそ離された7着だったが力は示したパイオニアバイオが続く。

先行してソツないレースができる点が強みで、オークスの東京2400mよりは今回のコースのほうが合うのは間違いない。血統的にもこれからの成長が見込め、ゼンノロブロイの肌にルーラーシップの配合はいかにも直線の短い2000mが合いそう。マウレアに思ったほどの成長がなければ大逆転があっていい。

500万下を勝って果敢に挑戦したオークスでは流石にキレ負けした印象のあるロサグラウカも、中山コースなら巻き返しがあっていい。

500万下(水仙賞)を勝ったときから鞍上の石橋騎手がレースセンスを評価していた馬であり、オークスでも穴人気を集めた。流石に府中の2400mではまだまだキレ不足だった印象で、勝鞍のある中山コースなら一発も。現状では秋華賞出走が厳しいだけに、ここは仕上げてくるだろう。

桜花賞以来のレースとなるフィニフティも素質だけならこのメンバーでも最上位のものがある。春のクイーンCでは鋭い伸びを見せてテトラドラクマの2着。末脚の破壊力から桜花賞でも穴人気を集めたが、折り合い、仕上がりで難があり大敗してしまった。ここは立て直しての一戦で試金石となる。

条件戦ながら古馬相手に検討を続けているサラスも面白い。タピットの肌にオルフェーヴルの配合で、いかにも上がりのかかる芝コースが合いそうな印象。開幕週なのが気になるものの、ある程度の位置を取れれば大駆けがあっていい。

他にも単騎でいければ粘るランドネ、中山でOP(アネモネS)勝ちのあるハーレムライン、ジリっぽいが相手なりに走るノームコア、デビューこそ大幅に遅れたものの近走で素質を示しているクイーングラスなどが一発を狙っている。

登録馬は以下の通りだ。

馬名S性齢斤量
アヴィオール牝3 54
オハナ牝3 54
カレンシリエージョ牝3 54
クイーングラス牝3 54
サラス牝3 54
ノームコア牝3 54
ハーレムライン牝3 54
パイオニアバイオ牝3 54
フィニフティ牝3 54
ホクセンジョウオー牝3 54
マウレア牝3 54
メサルティム牝3 54
ランドネ牝3 54
レッドベルローズ牝3 54
ロサグラウカ牝3 54
ロフティフレーズ牝3 54
ロマンテソーロ牝3 54

想定・予想オッズ

14番人気アヴィオール125.9倍
6番人気オハナ24.6倍
10番人気カレンシリエージョ62.9倍
7番人気クイーングラス33.3倍
8番人気サラス36.6倍
2番人気ノームコア4.1倍
12番人気ハーレムライン66.7倍
3番人気パイオニアバイオ5.5倍
4番人気フィニフティ5.6倍
17番人気ホクセンジョウオー273倍
1番人気マウレア2.1倍
13番人気メサルティム112.9倍
9番人気ランドネ37.5倍
5番人気レッドベルローズ7.6倍
11番人気ロサグラウカ64.1倍
16番人気ロフティフレーズ172.4倍
15番人気ロマンテソーロ142.4倍
おすすめの記事