シンザン記念2018の競馬予想データ分析…3つの注目点から浮上する激走馬とは?


(C)vodkajo444

2018年1月8日、京都競馬場でシンザン記念(GⅢ/芝1600m)が行われる。ファストアプローチ、エアアルマス、カシアス、スターリーステージ、アーモンドアイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

近年の1着馬にはジェンティルドンナ、ミッキーアイルなど後のGⅠ馬がいたり、3冠馬オルフェーヴルがこのレースでは2着となっていたり、3歳クラシックあるいはマイル路線で活躍する名馬の登竜門とも言えるレースとなっているのがシンザン記念だ。

2016年、2017年と単勝8番人気の人気薄が連勝していることもあり、登竜門とも言えるレースの割には順当では収まらないことが多いレースとなっている。

そこで、ここでは過去10年のシンザン記念の結果を元としてデータ分析を行い、激走馬を見つけていく。


注目点① 逃げ先行脚質に注目

脚質に注目した時に、前々で競馬できていた馬の成績がいいことがわかる。

これは、年末までのCコースから仮柵が取れるAコースに変わり、内ラチ沿いにグリーンベルトとも言うべき走りやすい場所ができていることとも関係していると思われる。

脚質上り別集計 シンザン記念 過去10年

脚質上り着別度数勝率複勝率
平地・逃げ2- 1- 1- 6/ 1020.0%40.0%
平地・先行5- 3- 4- 26/ 3813.2%31.6%
平地・中団1- 4- 4- 45/ 541.9%16.7%
平地・後方2- 2- 1- 44/ 494.1%10.2%

集計期間:2008年 ~ 2017年

注目点② 内枠が好成績

CコースからAコースへコースが変わることの影響が馬番別で集計してもわかる。

元々、競馬は距離ロスなくレースを進めることができる内枠が有利になることが多いのだがシンザン記念においては顕著となっていて10番枠以降2桁馬番の馬の成績が振るわない。

馬番別集計 シンザン記念 過去10年

馬番着別度数勝率複勝率
1番1- 2- 1- 6/1010.0%40.0%
2番1- 0- 1- 8/1010.0%20.0%
3番0- 2- 0- 8/100.0%20.0%
4番1- 1- 1- 7/1010.0%30.0%
5番1- 0- 2- 7/1010.0%30.0%
6番1- 0- 1- 8/1010.0%20.0%
7番1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%
8番1- 0- 0- 9/1010.0%10.0%
9番2- 0- 1- 7/1020.0%30.0%
10番0- 0- 1- 9/100.0%10.0%
11番0- 1- 0- 9/100.0%10.0%
12番1- 1- 1- 7/1010.0%30.0%
13番0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
14番0- 1- 1- 6/ 80.0%25.0%
15番0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%
16番0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
17番0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
18番0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

注目点③ 前走阪神競馬場芝1600m組が好走

前走のコース距離別集計で3着馬までが該当するコースのみをピックアップすると次の通りとなり、阪神競馬場芝1600m組の好走が目立つ。

なお、中山競馬場芝1600mはGⅠ朝日杯フューチュリティステークスが中山競馬場で開催されていた時が中心で、2015年以降は該当馬すらいないので今回該当馬が2頭いるとは言え、多少割引が必要だ。

前走コース別集計 シンザン記念 過去10年

前走コース着別度数勝率複勝率
阪神・芝1600外4- 3- 4-28/3910.3%28.2%
中山・芝16004- 2- 0-20/2615.4%23.1%
阪神・芝14001- 0- 2- 8/119.1%27.3%
東京・芝18001- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%
中京・芝12000- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%
中京・芝18000- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%
東京・芝14000- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%
京都・芝1600外0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%
京都・芝1800外0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%
中京・芝16000- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
阪神・芝12000- 0- 1- 6/ 70.0%14.3%
阪神・芝20000- 0- 1- 5/ 60.0%16.7%
京都・芝14000- 0- 1- 3/ 40.0%25.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

まとめ

今年の出走予定馬で前走が阪神競馬場芝1600m且つ逃げ先行脚質なのは以下の5頭。

エアアルマス    前走12月 2日    2歳未勝利戦  1着
カシアス      前走12月17日  GⅠ・朝日杯フューチュリティステークス 7着
ヒシコスマー    前走12月17日  GⅠ・朝日杯フューチュリティステークス 15着
ファストアプローチ 前走12月17日  GⅠ・朝日杯フューチュリティステークス 6着
ブランモンストル  前走12月23日 2歳未勝利戦  1着

ただし、朝日杯フューチュリティステークスが阪神競馬場に移ってからは4頭が挑戦しているものの馬券圏内に入ったのは1頭しかいない(2015年・ナヴィオン3着)ことからここではさらに以下の2頭に激走馬候補を絞りたい。


エアアルマス
ブランモンストル

あとは、当日の枠順から絞れば更に絞ることができそうだ。

ただし、単勝人気別や馬主別、血統などからは、これと言った傾向が見られないため軸馬が決まった後は、気になった馬に手広く流す方法が得策といえるかもしれない。

明け3歳のこの時期に気になる馬を見つけておけば、長い間追いかけていくことができるのがこの時期のレースの特徴だ。

宝の原石を見つけるつもりで予想してみてはいかがだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る