(C)yusukekeiba

2019年4月14日、中山競馬場で皐月賞(GⅠ/芝2000m)が行われる。今回は日程や出走時間などのレース概要、注目の出走馬(出走予定登録馬)、想定される人気と予想オッズを見ていく。

サートゥルナーリア、アドマイヤマーズ、ダノンキングリー、ヴェロックスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵は?

なお、競馬TIMESでは今後、当重賞を徹底的に検証していく。データ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

まずは出走予定馬の一覧と、勢力図(想定オッズ・人気)を確認していこう。


皐月賞2019の日程・時間・賞金

2019/04/14(日)
発走:15:40

本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円

注目の出走予定馬(登録馬)

ホープフルSを制したシーザリオの仔サートゥルナーリアがぶっつけで牡馬クラシック第一冠に挑戦する。

デビュー前からエピファネイアやリオンディーズの弟として注目を集めていたが、実戦に行ってさらに良さが出た格好。無敗の3連勝を決めたホープフルSも、終始抜群の手応えから軽く追われただけで突き抜けた。

今回は休み明けでここが年内緒戦という異例のローテーションにはなるが、先週の桜花賞を制したグランアレグリアが証明しているように、もはや外厩で仕上げてレースというスタイルは完全に定着した。調教の動きも全く問題なく、前走の内容からも中心視は避けられない。

唯一懸念があるとすれば乗り替わり。ルメール騎手の技量は疑いようもないが、もともとエピファネイアもリオンディーズもそうだったように、気性的に難しさを内包している血統である。この馬はそれほどレースでそういった面を見せていないが、テン乗りがプラスではないのは確か。

逆転候補は前走までそのサートゥルナーリアに騎乗していたデムーロ騎手が手綱を取る2歳王者アドマイヤマーズだろう。

昨年の朝日杯FSは早め先頭から後続を寄せ付けない完勝劇。先週桜花賞を圧勝したグランアレグリアを3着に下しているように、少なくともマイルの距離ではこの世代でもナンバーワンだろう。

前走、初の距離延長となった共同通信杯では、ダノンキングリーから最内強襲を食らう形で惜しくも2着。ただ1キロの斤量差があり、初距離で少し抑え気味に乗って本来の持続力勝負に持ち込めなかった点を考えれば全く悲観する必要はないだろう。

そのダノンキングリーが人気的には3番手になりそう。

前走の共同通信杯は上がり32.9の数字が物語るように強烈なキレ味を見せつけた。いかにも早い上がりが向くようなディープインパクト産駒ではあるが、トリッキーな中山マイルのコースにも対応しているように自在性も備えている。血統的な意味でもキレ味なら上位2頭を凌ぐレベルにあり、ある程度落ち着いた流れで差し脚比べなら全く引けを取らない存在で、逆転の目も十分にあると見る。

若駒S、若葉SとOPを連勝中のジャスタウェイ産駒ヴェロックスもこの条件がいかにも合いそう。こちらは直線の長いコースでは若干キレ負けするものの、コーナー4つの2000mで持続力勝負なら崩れていない点が魅力。血統こそ違うが、一昨年の勝ち馬アルアインのようなタイプの馬で、いかにも中山芝2000mは合いそうだ。

他には、スプリングSで2着ながらも距離に対応し新境地を見せたファンタジスト、前走の負けだけで見限れないニシノデイジー、前走は重たい馬場でもしっかり末脚を伸ばした弥生賞組のメイショウテンゲンとシュヴァルツリーゼ、展開のカギ握りそうなランスオブプラーナ、消耗戦で浮上しそうなサトノルークスなどが人気を集めそうだ。

登録馬は以下の通り。

アドマイヤジャスタ 牡3 岩田康騎手 須貝厩舎
アドマイヤマーズ 牡3 Mデムー騎手 友道厩舎
エメラルファイト 牡3 石川騎手 相沢厩舎
クラージュゲリエ 牡3 横山典騎手 池江厩舎
クリノガウディー 牡3 藤岡佑騎手 藤沢則厩舎
サートゥルナーリア 牡3 ルメール騎手 角居厩舎
サトノルークス 牡3 池添騎手 池江厩舎
シュヴァルツリーゼ 牡3 石橋脩騎手 堀厩舎
タガノディアマンテ 牡3 田辺騎手 鮫島厩舎
ダディーズマインド 牡3 宮崎騎手 青木厩舎
ダノンキングリー 牡3 戸崎圭騎手 萩原厩舎
ナイママ 牡3 柴田大騎手 武藤厩舎
ニシノデイジー 牡3 勝浦騎手 高木厩舎
ファンタジスト 牡3 武豊騎手 梅田厩舎
ブレイキングドーン 牡3 福永騎手 中竹厩舎
メイショウテンゲン 牡3 三浦騎手 池添兼厩舎
ラストドラフト 牡3 シュタル騎手 戸田厩舎
ランスオブプラーナ 牡3 松山騎手 本田厩舎
ヴェロックス 牡3 川田騎手 中内田厩舎

想定人気・予想オッズ

6番人気 アドマイヤジャスタ 25.2倍
3番人気 アドマイヤマーズ 5.1倍
12番人気 エメラルファイト 71.3倍
14番人気 クラージュゲリエ 77.5倍
16番人気 クリノガウディー 136.8倍
1番人気 サートゥルナーリア 1.6倍
9番人気 サトノルークス 29.6倍
7番人気 シュヴァルツリーゼ 27.8倍
17番人気 タガノディアマンテ 165.5倍
19番人気 ダディーズマインド 1497.8倍
2番人気 ダノンキングリー 4.6倍
18番人気 ナイママ 448.1倍
5番人気 ニシノデイジー 18.1倍
8番人気 ファンタジスト 29.3倍
13番人気 ブレイキングドーン 72.3倍
10番人気 メイショウテンゲン 54.7倍
11番人気 ラストドラフト 70.9倍
15番人気 ランスオブプラーナ 82.1倍
4番人気 ヴェロックス 8.3倍

文=場末太郎(競馬TIMES編集部)

おすすめの記事