皐月賞2018の競馬予想分析…エポカドーロは波乱の使者か?3つの考察点


(C)MAZIMICKEY

2018年4月15日、中山競馬場で皐月賞(GⅠ/芝2000m)が行われる。ワグネリアン、ステルヴィオ、オウケンムーン、ジャンダルム、キタノコマンドール、エポカドーロ、ジェネラーレウーノ、タイムフライヤーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

ダノンプレミアムの回避によって、1強ムードが一転して混戦模様に。さらに今週末は雨の予報が出ており、波乱のムードも高まっている。

エポカドーロはスピードを武器に未勝利、あすなろ賞と圧勝し、続くスプリングSで2着。今回も有力馬の1頭と目されるステルヴィオとハナ差の勝負を演じたのだから、価値を見出せる。

波乱の使者となることができるのか。その可能性を探っていく。


ポイント① 遠征続き

2走前に小倉へ遠征してあすなろ賞を勝利し、そこから中4週で中山へ遠征して重賞に初挑戦。今回はさらに中3週で再度、中山への遠征となる。遠征競馬でも結果を出している点は心強いが、長距離輸送が続くだけに、疲労やテンションの具合が心配だ。

中間の調整も、優先出走権を獲らなければ皐月賞の出走が難しい立場だった前走時より軽め。体調面で大幅な上積みを見込むのは難しいか。

加えて2走前は3走前から馬体重2kg減、前走はさらに4kg減と、馬体重が減り続けている点も気がかり。さらに減るようなら、かなりのマイナス材料と言えそうで、当日の馬体重は欠かさずチェックしておきたい。

ポイント② 道悪適性

中山競馬場は今週末、雨の予報。レース当日は馬場がある程度悪化することが予想される。今年の皐月賞は道悪の巧拙が好走のポイントになりそうだ。こればかりはやってみないとわからないところだが、エポカドーロの適性について追究してみよう。

2連勝はともにスピードの違いでハナを奪い、そのまま押し切った。前走もスムーズに2番手につけると、直線で鋭く抜け出して2着。持ち前のスピードが削がれるという点を考えればプラスではないかも知れない。

しかし、2走前のあすなろ賞(稍重)で、雨が降る中、逃げ切ったのは見逃せないポイント。ダートにも適性がありそうなパワフルな馬体で、精神力の強さを持ち併せており、早めのスパートを仕掛けて他馬が差しあぐねるような展開に持ち込めればチャンスは出てくるはずだ。

また、血統面でも強調できる。父オルフェーヴルは不良馬場のダービーを圧勝し、重馬場の凱旋門賞で2年連続の2着。能力の高さもさることながら、道悪のレースで良績を残した。そしてその父は、稍重の皐月賞を制したゴールドシップなど道悪巧者の産駒を多く出しているステイゴールドだ。さらに、フォーティナイナー産駒のダイワパッションは、重馬場の未勝利を勝ち、稍重のフィリーズレビューを制した。父、母ともに道悪適性が高いと言える。

馬場悪化をうまく味方につけることができれば、大駆けの可能性もありそうだが、果たして……。

ポイント② 戸崎騎手とクラシック

2014、15、16年と3年連続のリーディングに輝き、JRA・GⅠも6勝を挙げている戸崎圭太騎手だが、クラシックは24戦して未勝利。牡馬3冠戦に限れば、13戦して掲示板に載ったことすらない。

GⅠ勝利自体、2016年のヴィクトリアマイル(ストレイトガール)以来、1年10か月以上遠ざかっている。その時と同じ藤原英厩舎とのタッグで、悲願のクラシック制覇は成るか。

まとめ

オルフェーヴルの初年度産駒として父子制覇の偉業がかかるエポカドーロ。スピードと先行力を武器に番狂わせを演じることができるか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る