(C)MAZIMICKEY

2018年7月8日、中京競馬場でプロキオンステークス(GⅢ/ダート1400m)が行われる。

サクセスエナジーは2走前のかきつばた記念で重賞初制覇を飾ると、続くさきたま杯で重賞連勝。充実の一途を辿っている。

勢いに乗って、中央の重賞も制するか。注目すべきポイントを挙げていく。


ポイント① 強力な同型

今回はサクセスエナジーのほかに、ウインムート、ドリームキラリ、ドライヴナイト、サイタスリーレッドなど、先行してこそ持ち味を発揮する強力な同型が揃った。中京ダートは基本的に先行有利だが、先行争いが激化してハイペースに巻き込まれると、厳しくなるだろう。

サクセスエナジーはこれまでの競馬を見ても、自分のリズムで先行できた時にこそ力を発揮するタイプ。それでも前走のさきたま杯は4番手に控え、直線で馬と馬の間を割って抜け出し、キタサンミカヅキの追撃をハナ差で振り切って優勝した。揉まれる形でも結果を出したことは大きな収穫だったが、上位人気と下位人気の力差がはっきりしている交流重賞だけに、この一戦だけで差す競馬にも対応できるようになったかは判断しづらい。

よりスピードが求められる中央のダートで、同型が揃った中でも結果を出すことができるか、今回が試金石となりそうだ。

ポイント② ただ1頭の斤量58kg

今回は初めて斤量58kgを背負う。メンバー中、58kg以上を背負うのはただ1頭だ。

520kgを優に超える大型馬だけに、重い斤量には対応できそうだが、重賞6勝に加えてGⅠでも2着2回の実績があるインカンテーションが57kgであることなどを考えると、他馬との比較で不利な面は否めない。

ポイント③ 高速決着への対応

今週は台風の影響もあって、中京競馬場でも週中から週末にかけて雨が降り続く予報。レース当日のダートはかなり脚抜きのいい馬場になることが予想され、1分22秒を切るような超高速決着もあり得そうだ。

サクセスエナジーの重賞連勝はいずれも時計がかかる地方競馬であり、勝ちタイムはそれぞれ1.25.9、1.26.2。ダート1400mの持ち時計も1.23.5とそれほど速くはなく、他の実績馬と比較するとやや分が悪い。今回は持ち時計の大幅な短縮が要求されそうで、スピード勝負に対応し切れるかどうかがカギになる。

まとめ

松山弘平騎手とのコンビでは4戦全勝と相性抜群のサクセスエナジー。中央のダート重賞でも結果を出し、さらなる高みを目指すことができるか。

おすすめの記事