プラチナムバレットの血統や次走、将来性は?京都新聞杯の覇者を分析


(C)Koji Takahashi

5月6日に京都競馬場で行われた日本ダービートライアルの京都新聞杯(GII/芝外回り2200m)で、2番人気のマンハッタンカフェ産駒プラチナムバレット(牡3)が、1番人気のサトノクロニクル(牡3)を押さえて勝利した。3番人気のインヴィクタ(牡3)は7着に終わった。

プラチナムバレットの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

マンハッタンカフェ
スノースタイル
母の父ホワイトマズル
母の母シャルムダンサー
性別
馬齢3 歳
生年月日2014年5月19日
毛色芦毛
馬主(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング
調教師河内洋(栗東)
生産牧場岡田スタツド
産地新ひだか町
馬名意味プラチナの弾丸

血統評価は?

プラチナムバレットは父マンハッタンカフェ、母父ホワイトマズルという血統だ。

何といってもスマートレイアーの半弟として知られている。姉は古馬になってから先行する競馬をして結果を出すようになったが、若い頃は後方一気しかできない不器用な馬として知られていた。

一方のプラチナムバレットは前からの競馬も後ろからの競馬もできる。このあたりはマンハッタンカフェ産駒らしい器用さ、と表現していいのではないだろうか。

ただし、近親の活躍馬はスマートレイアーくらい。同馬にしてもGIを勝つには今のところ至っていないため、スケール感という意味でやや心もとないところだ。父がディープインパクトからマンハッタンカフェに変わったことで器用さは得られたが、一方でスケール感という意味ではダウンしているはず。そういった意味でも、大舞台で勝つためにはどれだけ器用さを生かしていくか、という点がカギになってきそうだ。

ポジティブなポイントを挙げるとするなら、マンハッタンカフェは母父ノーザンダンサー系との相性がいい。活躍馬を上から並べていくと……

ヒルノダムール
ガルボ
クイーンズリング
ショウナンマイティ
レッドディザイア
グレープブランデー
ジョーカプチーノ
フミノイマージン
マンハッタンスカイ
ルージュバック

この中で母父がノーザンダンサー系ではない、というのはグレープブランデーとマンハッタンスカイのみだ。グレープブランデーはダート馬だし、マンハッタンスカイは長く活躍した一方で大舞台では振るわなかったため、例外と考えていい。

そうなると、成功したほとんどのマンハッタンカフェ産駒は母系に色濃くノーザンダンサーの血を持っていたことになる。そういう意味では、プラチナムバレットも活躍馬になれる資格は持ち合わせているのではないか。

次走は?

次走は当然、日本ダービー……と書きたいところだったが、残念なことにレース後、骨折が判明した。

京都新聞杯(GII)に優勝したプラチナムバレット号(牡3歳 栗東・河内 洋厩舎)は、右橈骨遠位端骨折が判明しましたのでお知らせいたします。なお、休養期間は未定です。(JRAより)

復帰が待たれるところだ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る