大阪杯2018の最終追い切り分析…スワーヴリチャードらの調教評価は?


(C)MAZIMICKEY

2018年4月1日、阪神競馬場で大阪杯(GⅠ/芝2000m)が行われる。アルアイン、スワーヴリチャード、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ミッキースワロー、ダンビュライト、ペルシアンナイトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

スワーヴリチャード・牡4歳(栗東・庄野厩舎)

評価A

3月22日1週前追い切り栗東CWコース(不良)

6F82秒5―67秒0―51秒6―38秒0―11秒9

3頭併せで相手はラセット(3歳500万下),イルファルコ(3歳未勝利)。馬なりで外を回って直線で2頭に追い付くとクビ差,1馬身半差をそれぞれつけて先着した。馬場が悪い中でも時計を縮めており体調は良さそうだか、相変わらず手前を変えるのが下手でそのタイミングも良くない。

3月28日最終追い切り栗東CWコース(良)

6F83秒3―67秒6―53秒2―39秒2―12秒4

本番でも手綱を取るM・デムーロが騎乗して単走馬なりで調整。馬なりでもスピード感ある走りを見せて仕上がりの良さをアピールしていた。右にもたれる癖も見せず、手前もきっちりと変えていた。最終追い切りを見る限りでは不安はなさそう。

アルアイン・牡4歳(栗東・池江厩舎)

評価A+

3月22日1週前追い切り栗東CWコース(不良)

6F83秒9―68秒3―53秒1―38秒7―11秒6

川田騎手を背にシロニイ(4歳上1600万下)、アイスバブル(3歳500万下)を追走する形での3頭併せ。不良馬場ながら迫力ある動きを見せ、好タイムをマーク。直線で2馬身差を追走し気合いを付けると力強く抜け出して1馬身半先着。15日にはペルシアンナイト(4歳上オープン)との併せ馬で80秒フラットをマーク。馬体にはまだ余裕があるがほぼ完璧に近い仕上がり具合。

3月28日最終追い切り栗東CWコース(良)

4F50秒1―36秒4―11秒7

ペルシアンナイト(オープン)、アイスバブル(3歳500万下)と3頭併せ。2秒差を追走して直線手前で追い付くとアイスバブルを交わして、ペルシアンナイトと馬体を併せてフィニッシュ。1週前にもいい動きを見せており、この追い切りで完全に仕上がった。

ペルシアンナイト・牡4歳(栗東・池江厩舎)

評価A

3月22日1週前以上栗東CWコース(不良)

6F81秒7―65秒9―51秒0―37秒5―11秒8


水口優也騎手が騎乗してマウントゴールド(4歳上1600万下)との馬なりでの併せ馬。不良馬場ながら3馬身差を追走して併入フィニッシュ。軽快な動きを見せ好時計をマークした。

3月28日最終追い切り栗東CWコース(良)

4F52秒3―37秒2―11秒7

アルアイン(オープン)、アイスバブル(3歳500万下)と3頭併せ。出遅れたアルアインを馬なりで2秒先行、直線でアルアインに前に出られるがしっかりと付いて行き、最後は馬体を併せてフィニッシュ。余裕のある動きで仕上がりは悪くない。カリカリするところは見せておらず落ち着きはある。

サトノダイヤモンド・牡5歳(栗東・池江厩舎)

評価A

3月22日1週前追い切り栗東坂路(不良)

4F64秒3―45秒8―29秒4―14秒4

馬なりでの軽めの調整。レース間隔が詰まっているため無理をさせていない。馬体はスッキリしており半年振りを叩いた効果は出ている。

3月28日最終追い切り栗東CWコース (良)

6F85秒4―68秒8―54秒0―39秒8―11秒7


初コンビとなる戸崎騎手が騎乗してはサトノシャーク(4歳上1000万下)との併せ馬。2馬身差を追走して馬体を併せると1馬身半先着した。気合いを付けるとしっかりと伸び、金鯱賞の時の追い切りに比べると雲泥の差の動きを見せている。馬体の張りも良くなっており全盛期に近い状態。

シュヴァルグラン・牡6歳(栗東・友道厩舎)

評価A-

3月22日1週前追い切り栗東CWコース(不良)

7F97秒3―81秒3―65秒7―51秒0―37秒7―12秒5

インヴィクタ(4歳上1000万下)を1秒差、叩き一杯で追いかけて併入に持ち込んだ。今年初戦だか動きは良く、反応も悪くない。ただ狙いは次走の天皇賞・春のため仕上げきることはない。

3月28日最終追い切り栗東坂路(良)

4F53秒0―38秒8―25秒0―12秒4

1週前追い切り同様に三浦騎手が騎乗、併せた相手もインヴィクタ(4歳上1000万下)での最終調整。ラスト1Fは馬体を併せての激しい追い比べだったが、きっちり1馬身先着。先週以上にしっかりした動きを見せている。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る