(C)MAZIMICKEY

2019年3月2日、中山競馬場でオーシャンステークス(GⅢ/芝1200m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるモズスーパーフレア、ナックビーナス、ラブカンプー、ダイメイプリンセス、レジーナフォルテらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


オーシャンステークスの人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は1着1回、2着3着は共に2回あり、信頼度はやや低い。

上位人気も同じような傾向にあり、11番人気まで薄く広く成績が並んでいる印象で、的はかなり広く見るべきか。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 中団でマイペースに走れるか

オーシャンステークスのラップタイプを見ると、前半600メートルが33秒台の時が多く、後半600メートルは34秒台後半から35秒台前半となる。

脚質・中団( 6- 4- 4-51)
勝率 9.2% │ 複勝率 21.5%

アベレージで見ると大したことがないように見えるが、6勝を挙げているところに注目してほしい。ペース的に中団でいかにマイペースで走れるかが大事だ。

脚質・後方( 0- 1- 4-45)
勝率 0.0% │ 複勝率 10.0%

差し届かないこともあるので、出来ればやや前目の中団といったところでマイペースを貫きたい。そうすれば、最後ギリギリ差し届く可能性がある。

予想参考データ② シルクロードステークス組のリベンジ

シルクロードS組 ( 1- 5- 2-48)
勝率 1.8% │ 複勝率 14.3%

実に56頭が出ているシルクロードステークス組。しかし、勝ったのは去年のキングハートだけで、数字的にはかなり厳しい。

その中で傾向を探ると、1秒以内の負けであり、リベンジが成功するのはそのあたりであることが分かる。

シルクロードステークスで好走した組はわざわざオーシャンステークスを使う必要がない。消化不良で終わった馬のラストチャンスの場である。

とはいえ、そこで負け過ぎた馬がここで好走するほど競馬は甘くない。負け方を見ておきたいところだ。

予想参考データ③ リピーター天国!

面白い具合にリピーターが来ている。ナックビーナスもそうだが、スノードラゴン、ハクサンムーン、サクラゴスペル、ダッシャーゴーゴー、キンシャサノキセキなど。

さらに特徴的なのはリピーターは来るものの、2回まで来ており、3回目がないことだ。1年おきや2年連続などパターンはあるが、2回までというのが面白いところだ。

ナックビーナスにとっては嫌なデータではあるが、去年はシルクロードステークス、一昨年は京都牝馬ステークスと遠征帰りで、今年は中山のオープン特別。

どう狙うかはちょっと難しい部分はあるが、来年のことを考えて2回までリピーターが来ることを覚えておきたい。

2019年の危険な人気馬は?

ラブカンプーは人気に支持される見込みだが、前走のシンガリ負けが非常に引っかかる。休み明けでいきなり走るタイプではないにしても2秒5負けはどうか。オーシャンステークスの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、モズスーパーフレアは1つ目の消しデータに合致している。54キロと斤量が重くなったことと2着ナックビーナスと斤量5キロも差があったが、これがイーブン。脚質も逃げでちょっと不安が残り、割引はしたい。

反対にダイメイプリンセスは危険なデータに一つも当てはまらない。スプリンターズステークスは4着、斤量も前走より1キロ減ならどうか。ミルコ・デムーロ騎手の出遅れ癖は怖いが、結果を出してきた秋山真一郎騎手から乗りかえてでも勝負に出た姿勢は買いたい。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ダイメイプリンセスと言えそうだ。

おすすめの記事