(C)masakin0712

2018年5月20日、東京競馬場でオークス(GⅠ/芝2400m)が行われる。アーモンドアイ、ラッキーライラック、マウレア、サトノワルキューレ、リリーノーブル、トーセンブレスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

1分33秒1のレコード決着となった桜花賞からアーモンドアイ、ラッキーライラック、リリーノーブルなどが出走を予定。また別路線組の中からはフローラSの勝ち馬であるサトノワルキューレや忘れな草賞を制したオールフォーラヴなどがオークスに駒を進めてくる。

その中でも今回、注目するのは昨年の阪神JFを勝った2歳女王のラッキーライラックだ。無敗で挑んだ桜花賞は、アーモンドアイの切れ味に屈し、初となる敗北を喫したものの、ハイペースの中を早め抜け出しの2着はさすがという内容のレースぶりであった。オークスで桜花賞の雪辱に燃えるラッキーライラックに焦点をあてることにする。


焦点① 桜花賞の人気

ラッキーライラックは前走の桜花賞で1.8倍の1番人気に支持されていた。過去の桜花賞で1倍台の人気に支持されて、尚且つ馬券圏内に入線した馬は・・・

・メジロラモーヌ
桜花賞1着⇒オークス1着

・テイエムオーシャン
桜花賞1着⇒オークス3着

・ブエナビスタ
桜花賞1着⇒オークス1着

・ハープスター
桜花賞1着⇒オークス2着

・ソウルスターリング
桜花賞3着⇒オークス1着

・ラッキーライラック
桜花賞2着⇒オークス??着

ご覧の通り、その条件に当てはまるのは全5頭である。次走のオークスで5頭全てが3着以内に好走していることから、ラッキーライラックに関しても好走する可能が極めて高いと断言さえできるデータだろう。

焦点② 前走の内容

【12.3‐10.7‐11.5‐12.1‐12.1‐11.5‐11.3‐11.6】

上記は今年の桜花賞で計時されたラップタイム。ご覧いただければ分かるように、前半の3Fが34.5秒と過去の桜花賞と比べてもかなり速いレースの中を3番手で追走したのが、ラッキーライラックである。

勿論、アーモンドアイの差し脚は素晴らしいといえるのだが、ラッキーライラックはハイペースを自ら先行して2着に粘り込んでおり、レース内容としては非常に濃いものであった。

オークスが行われる東京競馬場の2400mは、瞬発力の比重が高くなりがちなコースではあるものの、競争馬としての総合力が求められるコースともいえる。瞬発力に加えて、自在性を兼ね備えるラッキーライラックにとってコース替わりは歓迎といえる。

アーモンドアイ同様に他馬を圧倒する瞬発力で2014年の桜花賞を制したハープスターが、次走のオークスで早め抜け出したヌーヴォレコルトを捉えきれず敗れている。ラッキーライラックがそのようなプランを思い描いていても可笑しくない。

焦点③ 関係者

デビューからラッキーライラックの手綱を握る石橋脩騎手の活躍が凄まじい。自己最高となる67勝を挙げた昨年の成績を超える活躍を今年度も続けており、今年は既に26勝を挙げている。その勢いに乗じて石橋脩騎手にとって初となるクラシックジョッキーの称号を掴みたいはずだ。

また10月7日に行われる凱旋門賞に登録を済ませているラッキーライラックだけに、管理する松永幹夫調教師としても恥ずかしい競馬を披露することはできない。厩舎設立以降、未だ獲得に至っていないクラシックの称号をここでと意気込み高くしていることだろう。騎手・厩舎・馬主とラッキーライラックを支える周りの環境が一丸となってラッキーライラックを後押ししている。

まとめ

ラッキーライラックを多方面から紐解くと好走確率は高いといえそうだが、競馬において絶対が存在しないとも事実である。GIレースを勝つ馬は、競争能力は勿論のこと、少なからず運も持ち合わせていないといけない。ラッキーライラックに競馬の神様がほほ笑むことを祈りながら、今週末の競馬を心待ちにしていて欲しい。

おすすめの記事