(C)Ko-Mei

2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ミッキーロケット、ロードヴァンドール、モンドインテロ、ソールインパクトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 7歳以上は消し!

年齢別の成績を見ていくと、明確な傾向が出ていることが分かる。5歳をピークに、歳を重ねるごとに成績を落としているのだ。

特に7歳以上になると、好走はほとんど難しくなる。

年齢着別度数
4歳6- 5- 2- 23/ 36
5歳2- 4- 5- 21/ 32
6歳1- 1- 3- 24/ 29
7歳1- 0- 0- 28/ 29
8歳0- 0- 0- 12/ 12
年齢勝率複勝率単回値複回値
4歳16.7%36.1%13574
5歳6.3%34.4%17166
6歳3.4%17.2%11870
7歳3.4%3.4%247
8歳0.0%0.0%00

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

7歳以上は48頭走って、好走したのはわずか1頭のみ。基本的に消してOKだろう。

ポイント2 ディープインパクト産駒は消し!

京都の重賞といえばディープインパクト産駒だ。日経新春杯でも複数等が好走している。

ただし、「人気になりすぎる」「人気ほどの信頼性がない」という傾向が見られる。

ディープインパクト産駒(1−1−2−11)

15頭走って4頭が好走しているが、回収率はかなり低い。実際に見てみると、好走したのは4番人気以内の人気馬。5番人気以下の穴馬は馬券圏内に入れていない。

好走が難しいわけではないが、回収率的な観点から見ると、軸にするのはあまり得策ではないと言えるのだ。

ポイント3 前走1800m以下は消し!

距離別の成績を見ていくと、前走2000m以上の馬たちが圧倒的にいい成績を残している。

一方、1800m以下は芳しくない。

前走平地距離着別度数
1400m0- 0- 0- 1/ 1
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m0- 0- 0- 9/ 9
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m0- 2- 1- 15/ 18
前走平地距離勝率複勝率単回値複回値
1400m0.0%0.0%00
1500m
1600m0.0%0.0%00
1700m
1800m0.0%16.7%032

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

1800m以下から勝ち馬は出ておらず、全体的な回収率も低調だ。割り引いてしかるべきだろう。

ポイント4 前走後方脚質は消し!

京都の外回りは直線の長い。しかし、後ろから競馬をして差しきれるような馬場状態にないことが多く、基本的に好位置につけられる馬が有利になる。

脚質別の成績を見ていくと、この傾向は明らかだ。

前走脚質着別度数
平地・逃げ0- 0- 0- 5/ 5
平地・先行4- 2- 3- 25/ 34
平地・中団5- 6- 4- 39/ 54
平地・後方1- 2- 2- 39/ 44
平地・マクリ0- 0- 0- 3/ 3
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ0.0%0.0%00
平地・先行11.8%26.5%187127
平地・中団9.3%27.8%5086
平地・後方2.3%11.4%1025
平地・マクリ0.0%0.0%00

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

後方組は低調。また、コーナーで脚を使うマクリの成績も良くない。評価を落としていくのが打倒だろう。

ポイント5 昇級戦は消し!

前走のクラス別の成績を見ていくと、1000万下から好走している馬も見受けられる。

もっとも、全体的な傾向を見ると、前走OPクラス以上の馬でないと厳しいことが分かる。

前走クラス着別度数
1000万下1- 1- 1- 2/ 5
1600万下0- 3- 0- 19/ 22
前走クラス勝率複勝率単回値複回値
1000万下20.0%60.0%456198
1600万下0.0%13.6%018

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

準OP組はかなり低調で、基本的に評価を落としたほうが良いだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
6- 3- 6-25/40
勝率複勝率単回値複回値
15.0%37.5%145174

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

なんと、好走率は37%超、回収率も150%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。

おすすめの記事