(C)MAZIMICKEY

2018年8月26日、新潟競馬場で新潟2歳ステークス(GIII/芝外回り1600m)が行われる。エイシンゾーン、エルモンストロ、ケイデンスコール、ロードアクア、アンブロークンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

当コーナーでは、過去のデータやレース傾向から勝ち馬を導き出していく。なお、特に明記していない場合、過去10年を対象とする。


データ① 実績

勝ち馬10頭中9頭に左回りの芝レースに出走した経験があり、うち8頭がそこで勝っていた。

また、勝ち馬10頭中8頭が、メンバー最速の上がり3Fをマークした経験があった。上がり勝負になりやすいだけに、既に速い上がりを使えることを示していることが理想だ。

データ② 前走

勝ち馬全10頭の前走距離が、芝1400~1600m。前走が1200m以下だった馬は【0・2・3・25】、1800m以上だった馬は【0・3・1・27】と不振だ。

また、勝ち馬10頭中7頭の前走が新馬戦で1着。残る3頭は前走で1番人気に支持されていた。デビュー戦を勝った直後に臨む馬が中心になり、未勝利戦組なら1番人気に応えた馬を狙いたい。

データ③ 性別

牡・騸馬【6・8・7・81】(勝率 5.9%、連対率13.7%)
牝馬  【4・2・3・59】(勝率 5.9%、連対率 8.8%)

勝率は互角だが、連対率では牡馬がリード。

データ④ 所属

美浦【5・8・6・90】(勝率 4.6%、連対率11.9%)
栗東【5・2・4・50】(勝率 8.2%、連対率11.5%)

関西馬は出走頭数が少ないながら、関東馬と同じ勝利数をマークしている。

データ⑤ 人気

1番人気【4・2・0・4】
2番人気【0・0・3・7】
3番人気【4・0・0・6】

上位人気馬が強い。ただ、1・2着ともに1~3番人気だったのは1度のみで、紐荒れになるケースが多い。

結論

中心となるのは、関西馬のロードアクアだ。東京芝1400mの新馬戦で、メンバー最速の上がり3F33.8秒をマークして優勝。前走が新馬戦で上がり最速をマークしていたのはただ1頭で、優勝に最も近い存在と言える。

これに続くのはケイデンスコール。デビュー戦で2着後、新潟芝1600mの未勝利戦で1番人気に応えた。2戦とも上がり3Fはメンバー最速をマークしている。

エイシンゾーンは前走がオープン特別・中京2歳Sで2着だったが、2走前に中京芝1600mの新馬戦を上がり最速で勝っており、まずまずの戦績だ。

左回りの芝1600mの新馬戦を上がり2位で勝ち上がったエイカイキャロル(新潟)、エルモンストロ(中京)、ジョディー(東京)などもチャンスは十分と言える。

おすすめの記事