ニュージーランドT2018の競馬予想データ分析…6つの消しで好走率8割、回収率310超


(C)MAZIMICKEY

2018年4月7日、中山競馬場でニュージーランドT(GⅡ/芝1600m)が行われる。ケイアイノーテック、カシアス、ファストアプローチ、カツジ、ラムセスバローズ、トーセンブレス、リョーノテソーロらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

3歳のマイル王決定戦GⅠ・NHKマイルカップに向けてレース体系が整備されていく中で2000年から4月上旬に中山競馬場の芝1600mで定着したニュージーランドTは関東で行われる重要な前哨戦として位置づけられた。

実際、ニュージーランドTからNHKマイルカップに挑戦した馬の成績は過去10年で4勝2着1回3着4回と好成績を残しているが、この内、ニュージーランドTで勝利したのは2012年のカレンブラックヒルのみとなっているのも大きな特徴となっている。

配当傾向を過去10年で見てみると、2012年のみ上位人気で決着し三連単が9,080円と堅い配当となったが、それ以外は毎年万馬券となっていて単勝1番人気馬は3連敗中だ。

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、一転して人気サイドの決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

対象データ:2007年~2017年に中山競馬場で行われたニュージーランドT(2011年は阪神競馬場で行われたため対象外)


ポイント1 極端な人気薄は消し!

3歳マイル王決定戦GⅠ・NHKマイルカップへ向けての重要な前哨戦であるニュージーランドTではあるが、上記でも触れたように三連単の配当で見ると荒れる年のほうが多いのが特徴と言える。ただし、それでも、人気別に集計した場合、単勝9番人気以下になるような馬の成績は奮わない。

人気着別度数
9-16人気2- 2- 2- 73/ 79
人気勝率複勝率単回値複回値
9-16人気2.5%7.6%129108

昨年2017年は単勝12番人気ジョーストリクトリが1着、2016年は単勝14番人気ストーミーシーが2着に加えて単勝12番人気エクラミレネールが3着と2年続けて高配当の立役者とはなっているものの狙いづらいことからも基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、8番人気以内を対象に集計

ポイント2 父・ニアークティック系・ナスルーラ系は消し!

血統からポイントを探すと父・ニアークティック系やナスルーラ系の出走馬の成績が奮わない。
ニュージーランドTでは現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系や競馬場・距離問わず比較的成績を残す万能型キングカメハメハに代表されるネイティブダンサー系の成績が勝っていることを示している。

父系統着別度数
上記2- 3- 0-16/ 21
父系統勝率複勝率単回値複回値
上記9.5%23.8%3057

ニアークティック系は直近4年、ナスルーラ系は直近3年で馬券圏内に入ったことはなく基本的には消しと判断していいだろう。

ポイント3 ノーザンファーム・社台ファーム生産馬は消し!

馬産地について注目をすると、本来クラシック戦線で中心となる中距離では社台グループが現在の日本競馬界を席巻しているが、マイル路線ではその傾向は薄れ、ノーザンファーム・社台ファーム共に成績はいまひとつだ。

生産牧場着別度数
上記1- 2- 2-15/20
生産牧場勝率複勝率単回値複回値
上記5.0%25.0%1866

近年では単勝1番人気に押される馬を含めて毎年多頭数がチャレンジしているものの、時折馬券圏内に入ってくる程度に留まっている。

ポイント4 前走逃げ・先行馬は消し!

ニュージーランドTでは前走で逃げや先行など前寄りでのレースを進めた馬が活躍できない傾向にあり、中山競馬場芝1600mの本来の傾向とは異なる結果がでている。

前走脚質着別度数
逃げ・先行2- 4- 2-30/38
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
逃げ・先行5.3%21.1%1855

他のポイントと比べると数字上は結果を残せているように見えるものの、本来先行馬はどのレースでも比較的成績を残していることから考えると意外と絞りきれない部分もある。

ポイント5 前走5着以下は消し!

勝ち抜き戦の様相が強い3歳限定戦では前走4着以内からさらに調子を上げてきている馬のほうが確実に活躍できていて、前走で敗退している馬の巻き返しはなかなか難しい傾向にある。

前走着順着別度数
5着以下1- 1- 1-18/21
前走着順勝率複勝率単回値複回値
5着以下4.8%14.3%1454

2014年に珍しく前走5着以下の馬が2頭ニュージーランドTで3着以内に入ったが、その前は2007年まで該当馬がいない。


ポイント6 前走馬体重480kg未満は消し!

最後に前走の馬体重に注目すると、マイル戦の割にはある程度馬格がしっかりしている馬に分がある結果となっている。スピードだけでなくスピードを持続させるスタミナが要求されていることがわかる。

前走馬体重着別度数
480kg未満1- 5- 5-34/45
前走馬体重勝率複勝率単回値複回値
480kg未満2.2%24.4%861

数字上は馬券圏内に入っている馬も多いが、複勝の回収率から見ると人気馬でなければ結果を残せていないこともわかる。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
5- 1- 2- 2/10
勝率複勝率単回値複回値
50.0%80.0%448172

なんと、好走率は8割、回収率も310%を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る