(C)masakin0712

2018年2月25日、中山競馬場で中山記念(GⅡ/芝1800m)が行われる。ペルシアンナイト、ウインブライト、アエロリット、ヴィブロス、マルターズアポジー、マイネルハニー、サクラアンプルールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 人気薄は消し!

近年、中山記念の位置づけは国内では昨年2017年にGⅠに昇格した大阪杯に向けて、また国外ではドバイや香港へ向けての重要なステップレースとなっていて基本的には人気と実力を兼ね備えた馬が上位に入線し、堅い決着になりやすいレースだ。

人気着別度数
5-16人気1- 4- 3- 80/ 88
人気勝率複勝率単回値複回値
5-16人気1.1%9.1%4151

集計期間:2008. 3.2 ~ 2017. 2.26

過去10年の結果から見ると、2010年に単勝13番人気で勝利したトーセンクラウンのように単勝5番人気以下でも馬券圏内に入る馬が時折みられるものの基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、4番人気以内を対象に集計

ポイント2 母父・ナスルーラ系は消し!

血統からポイントを探すと母父・ナスルーラ系の血統が不振の傾向にある。本来、「中山競馬場」「芝」「中距離」はそれぞれ母父・ナスルーラ系では活躍することが多い要素なのだが、中山記念では当てはまらない。

母父系統着別度数
ナスルーラ系0- 1- 1- 5/ 7
母父系統勝率複勝率単回値複回値
ナスルーラ系0.0%28.6%065

集計期間:2008. 3.2 ~ 2017. 2.26

3着以内に入った2頭は共に2011年の2着馬キャプテントゥーレと3着馬リーチザクラウンでそれ以外は、上位人気に支持されていたにも関わらず掲示板を外すことも多い結果となっている。

ポイント3 高齢馬は消し!

競走馬としてのピークを過ぎた高齢馬が重賞で活躍するのはなかなか難しく、年々重要なレースとしての価値が上がっている中山記念ではなおのことと言える。

年齢着別度数
7歳以上2- 0- 2- 3/ 7
年齢勝率複勝率単回値複回値
7歳以上28.6%57.1%12588

集計期間:2008. 3.2 ~ 2017. 2.26

高齢馬の好走は2008年・2009年に集中していて2010年以降はまったくといっていいほど奮わない。

ポイント4 前走国内GⅠ以外出走馬は消し!

レースの価値があがってきている中山記念では昨年秋にGⅠ戦線で活躍した馬が休養した後、中山記念から春のGⅠシリーズへ向けて始動することが多く、実際に上位人気に支持され上位入線を果たしている。

前走クラス着別度数
GⅠ以外3- 3- 6-12/24
前走クラス勝率複勝率単回値複回値
GⅠ以外12.5%50.0%77110

集計期間:2008. 3.2 ~ 2017. 2.26

前走GⅢ出走組がまあまあの成績を残しているものの傾向があまりなく、データからは絞りづらいので思い切って消しと判断していいだろう。

ポイント5 前走3着以下は消し!

ポイント4のように前走がGⅠであればいいというだけでなく、実際に前走で結果を出していた馬が実力通りの好走をしている。

前走着順着別度数
3着以下4- 5- 3- 9/21
前走着順勝率複勝率単回値複回値
3着以下19.0%57.1%97126

集計期間:2008. 3.2 ~ 2017. 2.26

数字上は前走3着以下でも馬券圏内に入っている馬も多いし、複勝率もそれなりに高いが、回収率を見てわかるように、意外と絞りきれない部分もある。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
4- 0- 1- 1/ 6
勝率複勝率単回値複回値
66.7%83.3%225121

集計期間:2008. 3.2 ~ 2017. 2.26

なんと、好走率は8割超、回収率も170%超を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。

おすすめの記事