(C)Yushi Machida

2018年4月22日、阪神競馬場でマイラーズC(GⅡ/芝1600m)が行われる。エアスピネル、サングレーザー、モズアスコット、ロジクライ、ブラックムーン、ヤングマンパワー、グァンチャーレ、カデナらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

春のマイル王決定戦GⅠ・安田記念に向けて2012年から開催競馬場が阪神競馬場から京都競馬場に変更されたものの長きにわたってこの時期に行われている関西の重要なステップレースとして位置づけられているレースがマイラーズCである。

ただし、マイラーズCの勝馬が安田記念で勝った例は過去10年では一度もなく2014年のマイラーズC優勝馬ワールドエースが安田記念で5着となったのが最先着となっている。

また、マイラーズC出走馬で次走が安田記念だった馬は過去10年で延べ42頭いるが2着1回3着7回という結果となっている。

配当傾向を過去6年で見てみると、単勝1番人気馬は6連敗中ではあるものの3番人気が3勝、2015年を除いて単勝10倍以内の上位人気馬が勝利しているが、三連単は2014年以外万馬券となっている。

2018年はどのような決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

対象データ:2012年~2017年に行われたマイラーズC


ポイント1 極端な人気薄は消し!

マイラーズCは春の古馬マイルGⅠ安田記念と同じ距離で行われ、ローテーションも組みやすいことから有力馬が多く出走し結果を残しているものの、上述の通りで意外と高配当となることでも知られているレースだ。それでも、単勝9番人気以下の極端な人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

人気着別度数
9-18人気0- 0- 1- 47/ 48
人気勝率複勝率単回値複回値
9-18人気0.0%2.1%017

過去6年の結果から見ると、2016年に単勝11番人気だったクラレントが3着となった以外に馬券圏内に入った馬はおらず基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、9番人気以内を対象に集計

ポイント2 5歳6歳馬以外は消し!

次に年齢別で集計すると古馬となったばかりの4歳馬や競走馬としてのピークが過ぎた7歳以上の高齢馬の不振が目立つ。

馬齢着別度数
5歳6歳以外2- 4- 0-21/ 27
馬齢勝率複勝率単回値複回値
5歳6歳以外7.4%22.2%5972

なお、今回の消しの対象で馬券圏内に入っている6頭の内訳は4歳4頭、7歳と8歳が1頭ずつとなっており、昨年2017年は当時4歳馬だった武豊騎手騎乗のエアスピネルが人気にこたえて優勝している。

ポイント3 前走後方待機馬は消し!

前走で後方待機策を取った馬はマイラーズCでは活躍できない傾向にある。京都競馬場の芝1600mのコース条件がクラス条件に関係なく基本的には先行馬有利となっていることが主な要因であると考えられる。

前走脚質着別度数
後方1- 2- 0- 7/10
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
後方10.0%30.0%9194

2016年は勝利したクルーガー、2着ダノンシャークと珍しく2頭が前走で後方待機していた馬で決まったが、それ以外では2012年に同じダノンシャークが2着となった以外で該当馬はいない。

ポイント4 レース間隔7週以下は消し!

レース間隔からポイントを探すと十分にレース間隔をとってきた馬のほうが優秀な成績を残している。安田記念に向けて陣営がじっくりと調整を進めてきた実力馬が結果を出せていることがわかる。

レース間隔着別度数
1-7週1- 2- 0-12/15
レース間隔勝率複勝率単回値複回値
1-7週6.7%20.0%6074

時折、間隔をあけずに出走してきた馬が、結果を残すこともあるものの基本的には消しと判断していいだろう。

ポイント5 前走5番人気以下は消し!

前走の人気から着目してみると、前走でも上位人気に支持されるようにマイル戦線で先頭集団に位置している馬たちが順調に調整を積み重ねた結果、好走ににつながっていることがわかる。

前走人気着別度数
5番人気以下1- 1- 0-11/13
前走人気勝率複勝率単回値複回値
5番人気以下7.7%15.4%5344

先程も登場した2016年2着馬ダノンシャークなど一部の例外を除いて、前走で人気がなかった馬が好走する例はほとんど見ることができない。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
4- 1- 5- 1/11
勝率複勝率単回値複回値
36.4%90.9%380243

なんと、好走率は9割超、回収率も310%超を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。

おすすめの記事