(C)MAZIMICKEY

2018年11月18日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(GI/芝外回り1600m)が行われる。ペルシアンナイト、アルアイン、モズアスコット、アエロリット、ステルヴィオらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は過去10年のマイルCSの傾向から、軸馬にふさわしい馬を導き出していく。

過去10年のデータを振り返っていくと、ある興味深い傾向が浮かび上がってくる。果たして信頼性の高い軸になりえる馬とは、どの出走馬なのだろうか?


4、5歳馬が絶対的中心

まずは4、5歳馬が絶対的な中心と考えるのがいいだろう。年齢別の成績を見ていくと、明らかに4、5歳馬の成績が高いことが分かる。

3歳 ( 1- 0- 2- 30/ 33 )
勝率 3.00% │ 単勝回収値 26
複勝率 9.10% │ 複勝回収値 33

4歳 ( 3- 5- 3- 22/ 33 )
勝率 9.10% │ 単勝回収値 78
複勝率 33.30% │ 複勝回収値 92

5歳 ( 4- 4- 4- 47/ 59 )
勝率 6.80% │ 単勝回収値 124
複勝率 20.30% │ 複勝回収値 83

6歳 ( 1- 1- 1- 32/ 35 )
勝率 2.90% │ 単勝回収値 51
複勝率 8.60% │ 複勝回収値 23

7歳 ( 0- 0- 0- 14/ 14 )
勝率 0.00% │ 単勝回収値 0
複勝率 0.00% │ 複勝回収値 0

8歳 ( 1- 0- 0- 4/ 5 )
勝率 20.00% │ 単勝回収値 46
複勝率 20.00% │ 複勝回収値 24

3歳馬は古馬との斤量差が1キロしかないため、厳しい戦いを強いられる。一方、6歳以上になるとスピードが衰えてきてしまうため、全盛期にある4、5歳馬に太刀打ちできない傾向にある。

よって、4、5歳馬を軸に考えていくのが良さそうだ。

強い4、5歳馬を普通に買うのが吉

では4、5歳馬の中でどんな馬を選べばいいのか? これはシンプルに「強い馬」を買うのがいい。

・5番人気以内
・前走3着以内

この条件に当てはまる馬の成績を見ていくと……

( 5- 7- 4- 8/24 )
勝率 20.80% │ 単勝回収値 152
複勝率 66.70% │ 複勝回収値 138

ご覧の通り、好走率は7割近く、回収率も100をゆうに越えている。

さらに興味深いのが、毎年必ず好走馬が出ている点だ。

2017.11.19 エアスピネル 2着
2016.11.20 ミッキーアイル 1着
2016.11.20 イスラボニータ 2着
2016.11.20 サトノアラジン 5着
2016.11.20 ヤングマンパワー 16着
2015.11.22 モーリス 1着
2015.11.22 イスラボニータ 3着
2015.11.22 サトノアラジン 4着
2014.11.23 フィエロ 2着
2013.11.17 トーセンラー 1着
2013.11.17 ダイワマッジョーレ 2着
2013.11.17 ダノンシャーク 3着
2013.11.17 サダムパテック 7着
2013.11.17 クラレント 11着
2012.11.18 グランプリボス 2着
2012.11.18 ドナウブルー 3着
2011.11.20 エイシンアポロン 1着
2011.11.20 リディル 14着
2010.11.21 ダノンヨーヨー 2着
2010.11.21 サプレザ 4着
2009.11.22 サプレザ 3着
2008.11.23 ブルーメンブラット 1着
2008.11.23 スーパーホーネット 2着
2008.11.23 ローレルゲレイロ 5着

2017年、2014年、2009年は該当馬が1頭だったが、しっかりと馬券圏内を確保している。そして3頭以上、該当馬がいた年は2頭以上が好走している。かなり精度の高いデータと考えてよさそうだ。

今年の該当馬は?

では今年の出走馬に当てはめて考えていこう。

・4、5歳馬
・5番人気以内
・前走3着以内

この条件に該当するのは……

モズアスコット
アエロリット

この2頭だ。いずれも当日5番人気以内に支持されることがほぼ確実であるだけに、2頭のいずれか、もしくは両馬ともに好走する可能性は高いと言えそうだ。

また……

ロジクライ

この馬も5番人気以内に支持された場合、条件に該当することになる。

軸にするもよし、相手にするもよし。一つだけ言えることは、これらすべての馬を馬券から外すことは的中よりも外れに近づいてしまう可能性が高そう、ということだ。

おすすめの記事