マイルチャンピオンシップ2017の予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)Ko-Mei

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

エアスピネル、イスラボニータ、サトノアラジン、レッドファルクスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
3ディープインパクトRock of Gibraltar
2フジキセキCozzene
7ネオユニヴァースMeadowlake
4スクリーンヒーローカーネギー
2ディープインパクトDanehill
1フジキセキCozzene
8ディープインパクトCaerleon
3ディープインパクトDanehill
9アグネスタキオンMarju
2ディープインパクトLycius
3ダイワメジャーLaw Society
1ディープインパクトCaerleon
4フジキセキエリシオ
1サクラバクシンオーサンデーサイレンス
5ディープインパクトBertolini
5Giant’s CausewaySadler’s Wells
11キングカメハメハBahri
4SahmPleasant Tap
13Forest WildcatCure the Blues
1ダンスインザダークフォーティナイナー
6ネオユニヴァースNureyev
1ミラクルアドマイヤノーザンテースト
14ムタファーウエクパークリージエント
2SahmPleasant Tap
4アドマイヤベガTopsider
1ロドリゴデトリアーノエルセニョール
10フジキセキPolish Precedent
1サンデーサイレンスノーザンテースト
4ロドリゴデトリアーノエルセニョール
5サンデーサイレンスFairy King

解説・分析:注目血統は?

まずは何といってもディープインパクト産駒の強さが目立つ。過去5年では毎年馬券に絡み、過去4年では必ず連対している。好走馬15頭中7頭がディープインパクト産駒という占拠ぶりだ。

しかも注目すべきは一番人気馬が1頭しかいなかったことだ。昨年は3番人気のミッキーアイルが、3年前は8番人気のダノンシャークが優勝を果たした。断然人気でなくても馬券に絡んでくる。京都のマイルが最も得意な条件の一つであるため、ディープインパクト産駒からは目が離せないわけだ。

あとは母系に欧州血統を持っている馬の台頭が目立っている。15頭中9頭が母父ノーザンダンサー系。さらにネオリアリズムやダイワマッジョーレの母父であるセントサイモンの系統も、欧州血統である。

組み合わせとしてはサンデー系×ノーザンダンサー系の相性がいいレースと言えそうだ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ディープインパクト6- 6- 9-73/94
ダイワメジャー4- 7- 2-46/59
キングカメハメハ3- 1- 4-38/46
ネオユニヴァース2- 2- 3-26/33
ステイゴールド1- 0- 1-17/19
マンハッタンカフェ1- 0- 1-15/17
スクリーンヒーロー1- 0- 0- 3/ 4
ハービンジャー0- 2- 3-11/16
スウェプトオーヴァーボード0- 1- 0- 3/ 4
フジキセキ0- 0- 2-14/16
アドマイヤムーン0- 0- 1- 8/ 9
スニッツェル0- 0- 1- 2/ 3
ジョーカプチーノ0- 0- 0- 1/ 1
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト6.4%22.3%4154
ダイワメジャー6.8%22.0%79100
キングカメハメハ6.5%17.4%8458
ネオユニヴァース6.1%21.2%4790
ステイゴールド5.3%10.5%8542
マンハッタンカフェ5.9%11.8%7545
スクリーンヒーロー25.0%25.0%14252
ハービンジャー0.0%31.3%079
スウェプトオーヴァーボード0.0%25.0%0267
フジキセキ0.0%12.5%037
アドマイヤムーン0.0%11.1%025
スニッツェル0.0%33.3%0123
ジョーカプチーノ0.0%0.0%00

集計期間:2013. 1. 5 ~ 2017.11.12


※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト産駒は当コースを最も得意にしている。しかし、その分人気になりやすいため、回収率が良くない。対象的に回収率が高いのはダイワメジャー産駒だ。

一方、キングカメハメハやマンハッタンカフェ、ステイゴールド、さらにフジキセキ産駒あたりは非常に回収率、好走率ともに低く、あまり適正は高くないと言えそうだ。


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る