(C)yusukekeiba

2018年6月10日、阪神競馬場でマーメイドS(GⅢ/芝2000m)が行われる。ミリッサ、キンショーユキヒメ、レイホーロマンス、エテルナミノル、トーセンビクトリー、エマノン、アルジャンテらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

牝馬の競走体系整備に伴って1996年に第1回が開催されて以降、馬場改修などの影響による場所変更を除いて6月から7月にかけての阪神開催で行われている牝馬限定重賞がマーメイドSだ。

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、一転して人気サイドの決着となるのか。今回は過去10年のマーメイドSの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20173アースライズ
20161リラヴァティ
20162ヒルノマテーラ
20151シャトーブランシュ
20153パワースポット
20142コスモバルバラ
20131マルセリーナ
20132アグネスワルツ
20122クリスマスキャロル
20123メルヴェイユドール
20112ブロードストリート
20113アースシンボル
20102セラフィックロンプ
20091コスモプラチナ
20081トーホウシャイン
20082ピースオブラヴ

注目点① 人気薄は人気に関係なく検討を

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が16頭と半数を超えていて高配当を裏付ける結果となっている。

しかも、過去10年の内2頭がリストアップされている年が6回もある上に1頭も該当しなかった年は1回もないことから積極的に人気薄を狙うことを考えなければならないのが、マーメイドSの大きな特徴となっている。

なお、今回の該当馬を人気別や単勝オッズで見ると、高配当になる場合の人気を気にする必要はないものの単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策でないことがわかる。

人気別集計 マーメイドS 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気2- 1- 1- 6/ 1020.0%40.0%
2番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%40.0%
3番人気2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%
4番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
5番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%
6番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
7番人気1- 3- 0- 6/ 1010.0%40.0%
8番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
9番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
10番人気0- 2- 2- 6/ 100.0%40.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
13番人気0- 1- 1- 6/ 80.0%25.0%
14番人気0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%
15番人気0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017アースライズ68.2
2016リラヴァティ610.8
2016ヒルノマテーラ713.3
2015シャトーブランシュ815.6
2015パワースポット1020.8
2014コスモバルバラ1376.6
2013マルセリーナ712.4
2013アグネスワルツ1028.8
2012クリスマスキャロル714.9
2012メルヴェイユドール1028.5
2011ブロードストリート712.1
2011アースシンボル1372.2
2010セラフィックロンプ1437.9
2009コスモプラチナ922.1
2008トーホウシャイン12116.3
2008ピースオブラヴ1040.1

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系に注目

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った16頭中13頭がロイヤルチャージャー系種牡馬となっている。

ディープインパクトやマンハッタンカフェ、ゼンノロブロイに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系種牡馬の成績は、クラシックで活躍するような距離での活躍が特に目立ち、マーメイドSはまさに得意と言える条件だ。

種牡馬系統別集計 マーメイドS 過去10年

種牡馬系統別着別度数勝率複勝率
ロイヤルチャージャー系7- 9- 8-68/927.6%26.1%
ネイティヴダンサー系2- 1- 1-15/1910.5%21.1%
ニアークティック系1- 0- 0-19/205.0%5.0%
トゥルビヨン系0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
その他のエクリプス系0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
ナスルーラ系0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名父系統種牡馬
アースライズロイヤルチャージャー系マンハッタンカフェ
リラヴァティロイヤルチャージャー系ゼンノロブロイ
ヒルノマテーラロイヤルチャージャー系マンハッタンカフェ
シャトーブランシュニアークティック系キングヘイロー
パワースポットロイヤルチャージャー系スズカマンボ
コスモバルバラロイヤルチャージャー系ロージズインメイ
マルセリーナロイヤルチャージャー系ディープインパクト
アグネスワルツロイヤルチャージャー系ゼンノロブロイ
クリスマスキャロルロイヤルチャージャー系アグネスタキオン
メルヴェイユドールロイヤルチャージャー系フジキセキ
ブロードストリートロイヤルチャージャー系アグネスタキオン
アースシンボルトゥルビヨン系トウカイテイオー
セラフィックロンプロイヤルチャージャー系マンハッタンカフェ
コスモプラチナロイヤルチャージャー系ステイゴールド
トーホウシャインロイヤルチャージャー系スペシャルウィーク
ピースオブラヴネイティヴダンサー系マイネルラヴ

注目点③ 騎手は乗り替わり!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った16頭すべてが前走から騎手が乗り替わりとなっていた。

毎年同日に東京競馬場でGⅢ・エプソムカップが行われることもあって騎手が分散することや、GⅠシリーズを戦ってきた有力馬が休養に入ることでリーディング上位騎手の手が空くことによっての乗り替わりが発生することが影響している。

前走騎手別集計 マーメイドS 過去10年

前走騎手着別度数勝率複勝率
乗替り7- 9- 7-73/967.3%24.0%
同騎手3- 1- 3-38/456.7%15.6%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名騎手前走騎手
アースライズ中谷雄太坂井瑠星
リラヴァティ松若風馬松山弘平
ヒルノマテーラ四位洋文太宰啓介
シャトーブランシュ藤岡康太北村友一
パワースポット大野拓弥横山典弘
コスモバルバラ岩崎翼戸崎圭太
マルセリーナ川田将雅吉田豊
アグネスワルツ国分恭介池添謙一
クリスマスキャロル藤懸貴志秋山真一
メルヴェイユドール酒井学幸英明
ブロードストリート岩田康誠武士沢友
アースシンボル高倉稜田中勝春
セラフィックロンプ宮崎北斗丹内祐次
コスモプラチナ和田竜二津村明秀
トーホウシャイン高野容輔吉田稔
ピースオブラヴ福永祐一的場勇人

注目点④ 前走はGⅢ以下に出走!

今回の該当馬16頭中14頭が前走はGⅠやGⅡに挑戦してきた馬ではなく、GⅢ以下の格のレースを走った馬となった。

春のGⅠシリーズからの立て直しを目指す馬よりも、ここから秋の飛躍を期する馬のほうが活躍できるレースと言える。

前走クラス別集計 マーメイドS 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
500万下0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
1000万下2- 2- 1- 10/ 1513.3%33.3%
1600万下3- 3- 3- 38/ 476.4%19.1%
OPEN特別3- 2- 1- 13/ 1915.8%31.6%
GⅢ1- 2- 0- 18/ 214.8%14.3%
GⅡ1- 0- 2- 8/ 119.1%27.3%
GⅠ0- 1- 3- 22/ 260.0%15.4%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
アースライズ1000万賢島特別
リラヴァティ1600万パールS
ヒルノマテーラ1600万パールS
シャトーブランシュ1600万パールS
パワースポットOPEN特別モンゴル
コスモバルバラ1000万野島崎特別
マルセリーナOPEN特別メイS
アグネスワルツOPEN特別都大路S
クリスマスキャロル1000万御室特別
メルヴェイユドール1600万パールS
ブロードストリートGⅠヴィクトリアマイル
アースシンボルGⅡ目黒記念
セラフィックロンプOPEN特別都大路S
コスモプラチナGⅢ愛知杯
トーホウシャイン1000万
ピースオブラヴGⅢ新潟大賞典

注目点⑤ 前走距離は1800mか2000m

最後に前走の距離から見た時に、今回の該当馬16頭中13頭が前走で1800mか2000mの距離を走っていて、そのうち9頭は1800m戦を使われていた。

マイルや短距離適性のある馬ではなく、中距離適性があると陣営も考えてここまで調整を進めてきている馬が、他馬との比較で仮に人気を落としていても活躍できることがわかる。

前走距離別集計 マーメイドS 過去10年

前走距離着別度数勝率複勝率
1400m0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%
1600m0- 1- 5- 29/ 350.0%17.1%
1700m0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
1800m6- 5- 3- 47/ 619.8%23.0%
2000m4- 3- 0- 20/ 2714.8%25.9%
2400m0- 1- 1- 6/ 80.0%25.0%
2500m0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走距離
アースライズ1600
リラヴァティ1800
ヒルノマテーラ1800
シャトーブランシュ1800
パワースポット1800
コスモバルバラ1800
マルセリーナ1800
アグネスワルツ1800
クリスマスキャロル2000
メルヴェイユドール1800
ブロードストリート1600
アースシンボル2500
セラフィックロンプ1800
コスモプラチナ2000
トーホウシャイン2000
ピースオブラヴ2000

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の2頭が該当する。

アンドリエッテ
エマノン

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているため、仮に今回の該当馬が上位人気に支持されたり、出走回避した場合などは、人気薄が上位に食い込む可能性は低いと見て、素直に上位5番人気までの堅い決着を予想する方法もありそうだ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事