(C) ritajulius

2019年3月24日、中山競馬場でマーチステークス(GⅢ/ダート1800m)が行われる。今回の予想考察では、過去10年のデータと傾向を振り返って軸馬にふさわしい出走馬を導き出していく。

今年はテーオーエナジー、ハイランドピーク、ヒラボクラターシュ、センチュリオン、ロードゴラッソらが出走する。有力馬の中で過去の好走馬と同じ傾向に該当するのはどの馬なのか?あるいは人気薄の中から台頭してくる馬がいるのか?

過去の歴史を注意深く見ていくと、2019年の当レースで台頭する馬が見えてくる。


【2019年JRA重賞考察】マーチステークスの予想分析

競馬TIMESでは過去のデータを徹底分析。考察から導き出した予想のポイントをピックアップしていく。

以下が特に注目したい予想のポイントだ。

予想ポイント 人気薄でも注意

マーチステークスはフルゲートで行われることが多く、ハンデ戦でもあるので穴馬も好走していて、人気がなくても注意しなくてはいけない傾向だ。

単勝オッズ着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
 2.0~ 2.91- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%6567
 3.0~ 3.90- 0- 1- 3/ 40.0%25.0%040
 4.0~ 4.91- 1- 1- 3/ 616.7%50.0%6883
 5.0~ 6.92- 1- 3- 10/ 1612.5%37.5%7780
 7.0~ 9.91- 0- 0- 10/ 119.1%9.1%7523
 10.0~14.93- 4- 3- 16/ 2611.5%38.5%146145
 15.0~19.90- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%00
 20.0~29.92- 1- 0- 12/ 1513.3%20.0%305112
 30.0~49.90- 0- 2- 16/ 180.0%11.1%093
 50.0~99.90- 1- 0- 29/ 300.0%3.3%039
 100.0~0- 1- 0- 19/ 200.0%5.0%0156

ご覧の通り、単勝100倍以上の馬でも馬券圏内に走っていて荒れる傾向が出ている。ただ、軸馬候補に関しては一定の人気を集める実力馬とするのが無難だろう。過去10年のデータからは、30倍以下になると好走率が極端に下がる傾向なので、単勝オッズ30倍以内で線引きとする。

軸は単勝30倍以内の馬に据えるのがいいだろう。

予想ポイント 極端な高齢馬は軽視

次に馬齢を見てみると、幅広い世代で活躍しているが、8歳になると好走率は極端に低下する傾向が出ている。

年齢着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
4歳2- 3- 2- 22/ 296.9%24.1%3756
5歳3- 1- 5- 33/ 427.1%21.4%9087
6歳4- 5- 1- 36/ 468.7%21.7%8082
7歳1- 1- 2- 21/ 254.0%16.0%101193
8歳0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00

4歳から6歳馬まで平均して活躍している傾向で、7歳馬も複勝率は少し下がるが軽視するほどではない。しかし、8歳馬になると馬券圏内0と一気に成績が下降する傾向。

軸馬は4~7歳馬に据えるのが基準と言える。

予想ポイント 軽い斤量は不利?

マーチステークスはハンデ戦なので斤量にも注目だ。

斤量着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
50kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00
51kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00
52kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00
53kg0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%00
54kg1- 1- 1- 20/ 234.3%13.0%8869
55kg1- 5- 2- 27/ 352.9%22.9%35183
56kg2- 2- 3- 27/ 345.9%20.6%6468
56.5kg0- 0- 1- 5/ 60.0%16.7%028
57kg1- 1- 1- 20/ 234.3%13.0%2623
57.5kg2- 0- 1- 11/ 1414.3%21.4%20085
58kg3- 1- 1- 6/ 1127.3%45.5%203150
58.5kg0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%00

ハンデ戦だが53キロ以下の軽量だと馬券圏内0と苦戦傾向で、重いハンデでも活躍しているが58.5キロまで背負うと好走歴はなく軽視でいいだろう。過去データでは斤量54~58キロで10勝している。

軸は斤量54~58キロの馬に据えるのが基準と言える。

予想ポイント 前走先行有利が顕著!

次に脚質データを見ていくと、前走で逃げ・先行していた馬が有利な傾向が出ている。

前走脚質着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
平地・逃げ2- 1- 0- 10/ 1315.4%23.1%215111
平地・先行6- 3- 3- 39/ 5111.8%23.5%13093
平地・中団0- 4- 6- 54/ 640.0%15.6%098
平地・後方2- 1- 1- 24/ 287.1%14.3%5943
平地・マクリ0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%090

前走逃げた馬は勝率、複勝率も高く単複回収値も圧倒的な成績。先行馬も6勝して複勝率も高く回収値も優秀で安定した走りが見られる。一方で、中団より後ろの位置になると、好走率が下がり回収値も下降していく傾向が出ている。

軸は前走逃げた馬か先行した馬に据えるのがいいだろう。

予想ポイント 前走クラスに注目

最後に前走クラスを見ていくと、前走オープン組とGⅠ組が好走している傾向が出ている。

前走クラス着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1600万下0- 1- 2- 15/ 180.0%16.7%081
OPEN特別4- 7- 5- 60/ 765.3%21.1%5662
 G31- 1- 1- 14/ 175.9%17.6%73231
 G20- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%00
 G13- 0- 1- 12/ 1618.8%25.0%226100
 重賞4- 1- 2- 32/ 3910.3%17.9%125142

1600万組は馬券圏内に来ているが2着が最高で軸にするには不安な成績。オープン特別組は回収値は高くないが複勝率はまずまずで安定した成績傾向。一方、重賞組は前走GⅠ組だと複勝率も高く回収値も圧倒的な成績だが、GⅡ組は複勝率0と低迷していて、GⅢ組も複勝率が低く軸にするのは物足りない成績。

軸は前走オープン組かGⅠ組に据えるのがいいが、今回は前走GⅠ組がいないので、軸をオープン特別組に据えるのが基準と言えそうだ。

注目データまとめ

好走データをまとめていくと……

・単勝30番以内
・4~7歳馬
・前走逃げ・先行
・斤量54~58キロ
・前走オープン組

となる。このデータに合致している馬の過去10年における成績はというと……

着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
3- 3- 2-10/1816.7%44.4%213111

ご覧の通り、驚異的な成績となっている。

2019年のマーチステークス軸馬候補は?

今年、このデータに該当する馬を見ていくと……

ハイランドピーク
マイネルオフィール
ハーベストムーン

軸にするもよし、相手にするもよし。一つだけ言えることは、これらすべての馬を馬券から外すことは的中よりも外れに近づいてしまう可能性が高そう、ということだ。

おすすめの記事