共同通信杯2018の競馬予想分析…ステイフーリッシュの激走を示唆する3つの理由


(C)Yusuke Tsutaya

ホープフルS3着の実力は如何に――。

2018年2月11日、東京競馬場にて共同通信杯(G3/芝 1800m)が行われる。勝てば春のクラシック線へと続く大きな一歩となる同レースだが、注目されるのは前走京都2歳Sで圧倒的人気のタイムフライヤーを負かしたグレイルだろう。

しかし、ホープフルSでタイムフライヤーに惜敗したステイフーリッシュも負けていない。本記事では、ステイフーリッシュが見事優勝する理由について考察していこう。


理由① 前走の内容

まずはステイフーリッシュの前走、ホープフルSを振り返ってみよう。人気だったアイスバブルを新馬戦で負かしての臨戦だった。新馬戦勝利からG1に直行してタイムフライヤーに負けたものの見事3着に入った。

ここで人気となることが予想されるグレイルは、G1馬であるタイムフライヤーを負かしている。そのためタイムフライヤーとステイフーリッシュの前走を比べてみるとグレイルとの力関係が推し量れる。

ステイフーリッシュはタイムフライヤーよりも早く仕掛けたにも関わらず、直線での動き出しが悪く、タイムフライヤーに前に入られたのが痛かった。最後は脚を余して突っ込んできての3着。結果は悪くなく、まだまだ上昇する兆しが見られる前走だった。

これに関して、陣営もキャリアの浅さについて言及している。3戦目となる今走でさらなる成長を見せてくれるかも知れない。そうなればタイムフライヤーを負かしたグレイル相手でも十分勝機がある。

理由② 東京競馬場

この馬にとって東京競馬場は初めてのレースとなる。これまでの2戦はいずれも中山競馬場だった。この変化がステイフーリッシュにどのような影響を与えるかについても検討して行こう。

よく穴馬券として狙われるケースとして、『中山→東京替わりの差し・追い込み馬』がある。直線の短い中山で後方から一気に先頭を追うも届かず、次走人気が落ちたところを直線の長い東京で狙うというものだ。

今回このケースに当てはまるのはステイフーリッシュだ。前走は後方から一気に突っ込むも、脚を余すような形で不完全燃焼に終わったように見える。G1で3着に入ったため人気薄になることは考えにくいが、勝つ可能性があることから注目せざるを得ない。

初めての東京となるのは確かだが、直線の長い東京競馬場でステイフーリッシュの本領発揮が見られる可能性がある。理由①でも記述したようにホープフルSはこの馬の反応が芳しくなかった。3戦目で反応性が向上していれば、長い直線を生かせる確率も高くなるのではないだろうか。

理由③ 斤量差

基本的に今回斤量差があるのは、牝馬であるフィニフティ54kgと重賞ウィナーであるグレイルの57kgである。グレイルの前走は55kgでタイムフライヤーに0.0秒差の勝利だった。

一方でステイフーリッシュはそのタイムフライヤーにハンデなしの56kgで0.2秒差である。ここで上記した2頭以外は56kgを背負うことになる。比較上拮抗した実力を持つこの2頭に1kg差は大きく逆転可能であることを示しているのではないか。

まとめ

いかがだっただろうか?現在予想オッズ2番人気のステイフーリッシュだが、今回勝利に直結する要因がいくつか存在することはお分りいただけただろうか。

重賞で勝利を挙げているグレイルが1番人気を背負うことが予想されるが、ステイフーリッシュも勝つ可能性が十分にあるのだ。

春のクラシック戦を占う注目の一戦は、2月11日東京競馬場にて、午後3時45分に幕が開く。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る