(C)Arappa

2018年2月11日、京都競馬場で京都記念(GⅡ/芝2200m)が行われる。昨年のダービー馬レイデオロが今年初戦を迎える。この後のドバイ遠征に弾みをつける勝利となるか、同世代のGⅠホースが立ちはだかるのか、注目の一戦である。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回の好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
13MarjuRossini
25ディープインパクトホワイトマズル
31ディープインパクトフレンチデピュティ
16MarjuRossini
23ディープインパクトSadler’s Wells
34アドマイヤドンサンデーサイレンス
13キングカメハメハダンスインザダーク
24キングカメハメハサンデーサイレンス
32ディープインパクトStorm Cat
16ネオユニヴァーストニービン
22ディープインパクトLycius
34Giant's CausewayAlzao
16ディープインパクトLycius
23ディープインパクトドクターデヴィアス
32マンハッタンカフェStorm Cat
15ゼンノロブロイフォーティナイナー
21ダンスインザダークPrivate Account
33マンハッタンカフェラムタラ
11キングカメハメハサンデーサイレンス
25フレンチデピュティSadler’s Wells
32マンハッタンカフェラムタラ
11スペシャルウィークCaerleon
23ジャングルポケットサンデーサイレンス
32ステイゴールドメジロマックイーン
13ホワイトマズルサンデーサイレンス
21ジャングルポケットノーザンテースト
39ブライアンズタイムトニービン
11アグネスタキオンCaerleon
24アドマイヤベガBe My Guest
311マーベラスサンデーCaerleon

解析・分析:注目血統は?

過去2年はMarju産駒のサトノクラウンが勝利しているが、これを除くと母父ニアークティック系を持つ、父サンデーサイレンス系の産駒が活躍している。今年の出走予定馬に該当する馬はいないが、

スマートレイアー (母父ホワイトマズル × 母母父グルームダンサー)
マカヒキ(母父フレンチデピュティ × 母母父Rainbow Corner)
タッチングスピーチ(母父Sadker’s Wells × 母母父Irish River)

のようなニアークティック系×ナスルーラ系の母系を持つサンデー系(いずれもディープインパクト)の活躍が近年目立つ。さらに2015年のキズナの母父Storm cat もStorm Bird (ニアークティック系)× Secretariat (ナスルーラ系)である。

今年のディープ産駒はアルアインの一頭のみでこの系統には該当しないが、同じサンデー系であればステイゴールド産駒のクロコスミアの母系がボストンハーバー (ナスルーラ系)×Nashwan (ナスルーラ系)とノーザンダンサー(ニアークティック系)の5×5×5のインブリードを持つ。血統構成面でこの馬に注意したい。

非サンデーサイレンス系は前述のMarjuの他はキングカメハメハ産駒の活躍が目立つ。こちらの母系は

ラブリーデイ(母父サンデーサイレンス)
スズカデヴィアス (母父サンデーサイレンス)
トゥザグローリー(母父サンデーサイレンス)

とサンデー系との相性が良いが今年は該当する馬はいない。しかし、レイデオロの母父は同じロイヤルチャージャー系のシンボリクリスエスなので相性が良いと言えるだろう。

Marjuやフレンチデピュティ(メイショウベルーガ)、ホワイトマズル(アサクサキングス)などのニアークティック系種牡馬に関して今年は2頭のハービンジャー産駒が出走を予定している。いずれの母父もスペシャルウィーク(ディアドラ)・キングカメハメハ(モズカッチャン)と相性の良いサンデー系・キングカメハメハである点で興味深いと言える。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
アグネスタキオン0-1-2-100.0%23.1%
ディープインパクト15-12-15-6514.0%39.3%
ディープスカイ1-0-0-516.7%16.7%
ステイゴールド5-7-6-477.7%27.7%
ダンスインザダーク0-1-2-120.0%20.0%
ハービンジャー7-6-2-3813.2%28.3%
スペシャルウィーク0-1-0-100.0%9.1%
キングカメハメハ7-8-6-4910.0%30.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト・キングカメハメハの2頭の成績が目立つ。人気を集めるであろうレイデオロ・アルアイン共に今回の条件は初となるが、傾向からはコース・距離の相性は問題ないだろう。

一方で、ハービンジャー産駒も勝率13.2%、複勝率 28.3%と好成績を挙げている。今回はモズカッチャン・ディアドラと2頭のGⅠホースが出走を予定しており注目したい。

おすすめの記事