(C)Ko-Mei

2018年2月11日、京都競馬場で京都記念(GII/芝外回り2200m)が行われる。レイデオロ、アルアイン、モズカッチャン、ディアドラ、クロコスミアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 2月11日(日) 2回京都6日目 10頭 [仮想出馬表] 【11R】  第111回京都記念
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際) 芝2200m・外 (B)

出走予定馬・登録馬

昨年のダービー馬レイデオロがドバイ遠征を見据えてこのレースから始動となり、注目の一戦。主戦のルメール騎手騎乗停止の為、ダリオ・バルジュー騎手が手綱を執ることになったが、それほど乗り難しい馬ではないので極端に割り引く必要はなさそうだ。

昨秋のジャパンカップではダービー馬の意地を見せ2着と検討。シュヴァルグランには破れたものの、キタサンブラックを差し押さえた末脚は既にトップクラスのものがあるといえよう。

懸念されるのは仕上げ面であるが、もともとゆったりとしたローテで臨戦する馬であり、余裕のある仕上げでも崩れるようなタイプではない。事実、ホープフルS以降は全て一線級の重賞を使っているものの、どんなレース展開でも掲示板を外していない。その自在性も魅力である。

関西圏への輸送も神戸新聞杯でこなしており、現時点ではこれといった不安要素は見当たらない。

今回の京都記念と同じコースで行われるエリザベス女王杯で初GⅠ制覇を遂げたモズカッチャンが続く。

長い末脚に魅力のある同馬。ハービンジャー産駒らしく京都の外回りでパフォーマンスを上げて古馬相手にも怯まない初戴冠となった。牡馬相手でどうかという印象は残るものの、先週の東京新聞杯(勝ち馬:リスグラシュー)を見る限り世代・性別レベルに疑問はない。

若干気難しいところがあるのと、一瞬のキレには欠ける部分もあるので、どの当たりでエンジンを吹かしていくか――その仕掛けがカギになりそう。

若干時計のかかってきた今の京都芝はこの馬には向きそうであり、全能力発揮ならここでも見劣らないだろう。

昨年の皐月賞馬アルアインも復活を期している。

セントライト記念はミッキースワローに完敗の2着、菊花賞も距離が祟ったか7着と厳しい結果に終わってしまった。皐月賞の時計を見る限り世代トップクラスの実力にあるのは疑いはないものの、距離や馬場、展開に若干注文がつく印象は拭えない。

距離短縮は好材料。しかし京都の馬場は少し時計がかかるようになってきており、スピードタイプの同馬には若干風向きが悪そう。ある程度流れるレースで折り合いがつき、馬群で脚を溜められれば一瞬のキレでいい勝負には持ち込めそうだが、他の有力馬よりは不安材料が多いか。

秋華賞馬ディアドラも立て直しの一戦だ。

前走・エリザベス女王杯はあのスローペースをシンガリ追走では流石に出番がない。ペースを考えても伸びが今ひとつだったのは気になる材料だが、無理をしなかったともとれる。

モズカッチャン同様、ハービンジャー産駒らしい長い末脚が武器であるが、一瞬の反応ならこちらが上。前目につけられれば面白い。

完全に主役は明け4歳馬の印象だが、ミッキーロケット、クロコスミアら実力馬も脇を固めており、ドバイを含めた今後のGⅠ戦線にむけて注目のレースなのは間違いない。

登録馬は以下のとおりだ。

馬名S性齢斤量
アクションスター牡856
アルアイン牡457
クリンチャー牡455
クロコスミア牝5 54
ケントオー牡656
ディアドラ牝4 54
プリメラアスール牝6 54
ミッキーロケット牡556
モズカッチャン牝4 54
レイデオロ牡457

想定・予想オッズ

10番人気アクションスター1197.6倍
3番人気アルアイン4.8倍
7番人気クリンチャー18.7倍
5番人気クロコスミア13.7倍
8番人気ケントオー184.1倍
4番人気ディアドラ11.2倍
9番人気プリメラアスール598.7倍
6番人気ミッキーロケット13.8倍
2番人気モズカッチャン2.9倍
1番人気レイデオロ1.6倍
おすすめの記事