京都2歳ステークス2017の予想データ分析…過去の穴馬の傾向は?


@Arappa

2017年11月25日、京都競馬場でラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ/芝2000m)が行われる。

タイムフライヤー、グレイル、スラッシュメタル、マイハートビートらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?

台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は、京都競馬場芝2000mというコース形態と各馬の脚質から導き出される穴馬候補を探っていく。


枠別成績

京都2歳ステークスは京都競馬場芝2000mをCコース(Aコースから直線部7m、曲線部6m外に内柵を設置)の設定にして行われる。

そこで、今回の出走予定頭数の11頭近づくように抽出条件を10頭から12頭と絞った上で枠別成績を抽出した所、以下の結果となった。

・京都2歳ステークス(2010年・2011年・2012年・2015年・2016年・該当5レース)
——————————————
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
——————————————
1枠 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
2枠 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
3枠 1- 1- 2- 1/ 5 20.0% 40.0% 80.0%
4枠 2- 1- 0- 2/ 5 40.0% 60.0% 60.0%
5枠 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%
6枠 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
7枠 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0%
8枠 0- 1- 1- 8/10 0.0% 10.0% 20.0%
——————————————

・全体(2007年以降実施・該当145レース)
———————————————–
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
———————————————–
1枠 14- 18- 14- 99/145 9.7% 22.1% 31.7%
2枠 16- 15- 14-100/145 11.0% 21.4% 31.0%
3枠 18- 11- 18- 96/143 12.6% 20.3% 32.9%
4枠 19- 15- 13- 98/145 13.1% 23.4% 32.4%
5枠 14- 12- 16-138/180 7.8% 14.4% 23.3%
6枠 17- 30- 23-163/233 7.3% 20.2% 30.0%
7枠 28- 17- 24-220/289 9.7% 15.6% 23.9%
8枠 19- 28- 22-221/290 6.6% 16.2% 23.8%
———————————————–

明らかに内枠有利・外枠不利という結果となっている。

これは、京都競馬場芝2000mは内回りということもあり、コーナーを4つ回ることも影響し、ラチ沿いと外との距離差も影響しているものと思われる。

ただし、向こう正面から上り、3コーナー途中から一気に下る独特のコース形態のため、スピードが乗った状態のまま4コーナーをむかえ、そのまま外に振られて距離ロスをしてしまう馬も多い。

馬群がバラけやすいこともあるので馬をコントロールできる場合は内に入れることもできるが、2歳の若駒にはなかなか難しく、ほとんどの馬が同じように外に行ってしまうようで、京都2歳ステークスに絞ると内枠有利の傾向が更に顕著に現れている。

脚質別成績

次に、内枠有利であれば、距離ロスすることなくインコースを取ることができる内枠の逃げ馬・先行馬が有利ではないかという仮説のもと、脚質別成績を抽出してみた。

・京都2歳ステークス(2010年・2011年・2012年・2015年・2016年・該当5レース)
————————————————
脚質  着別度数 勝率 連対率 複勝率
————————————————
逃げ 0- 2- 1- 2/ 5 0.0% 40.0% 60.0%
先行 3- 2- 2-12/19 15.8% 26.3% 36.8%
中団 1- 1- 1- 8/11 9.1% 18.2% 27.3%
後方 1- 0- 0-16/17 5.9% 5.9% 5.9%
マクリ 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
————————————————

・全体(2007年以降実施・該当145レース)
———————————————————-
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
———————————————————-
逃げ 30- 26- 14- 85/ 155 19.4% 36.1% 45.2%
先行 62- 55- 55- 332/ 504 12.3% 23.2% 34.1%
中団 38- 45- 43- 326/ 452 8.4% 18.4% 27.9%
後方 12- 17- 30- 374/ 433 2.8% 6.7% 13.6%
マクリ 3- 3- 2- 16/ 24 12.5% 25.0% 33.3%
———————————————————-

全体と京都2歳ステークスで若干の差はあるものの逃げ・先行が有利であることもデータから裏付けされた。

出走予定馬の脚質

そこで出走予定各馬の脚質をまとめてみた。

ただし、2歳の若駒達であり、脚質が固まっているとは言えず、実際のレースでは別の戦法を取る可能性もあることはご了承いただいきたい。

アイトーン    逃げ
エントシャイデン 差し
グレイル     先行
ケイティクレバー 逃げ
シスターフラッグ 追込
スラッシュメタル 先行
タイムフライヤー 追込
ナムラアッパレ  先行
ブロンズケイ   先行
マイハートビート 追込
ランリーナ    差し


まとめ

本稿執筆時点で枠順はまだ発表されていないが、4枠から内枠に次の馬が入った場合には穴馬として一考の余地がある。

なお、上位人気になりそうなタイムフライヤー、グレイル、スラッシュメタル、マイハートビート以外から2頭をピックアップしたが、比較的少頭数で大荒れにはなりにくい傾向が元々京都2歳ステークスにはあるため、人気薄となりそうな馬は除外している。

アイトーン
ケイティクレバー

今回の激走馬候補は2頭。馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る