(C)masakin0712

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GⅢ/芝1800m)が行われる。ウインガナドル、ダッシングブレイズ、ダノンメジャー、トリオンフ、クインズミラーグロ、ヒットザターゲット、スズカデヴィアスらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 母父・ロイヤルチャージャー系プラスマイナー系は消し!
ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!
ポイント4 前走上位人気馬は消し!
ポイント5 斤量55kg以下は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

主場開催の重賞が春のGⅠに直結するトライアルレースということもあって荒れる要素が少ないことが多い一方で、小倉大賞典はローカル開催のハンデ重賞らしく高配当となることが多いが、それでも単勝11番人気以下の極端な人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

馬名人気予想オッズ
ウインガナドル14
クインズミラーグロ59.1
クラリティスカイ1259.6
ケイティープライド1489.7
サトノアリシア929.0
サトノスティング15163.3
スズカデヴィアス69.2
ストレンジクォーク716.8
タイセイサミット1378.4
ダッシングブレイズ24.2
ダノンメジャー45.3
トリオンフ34.3
ハッピーユニバンス16270.5
ヒットザターゲット823.1
マサハヤドリーム1157.7
ヤマカツライデン1041.1

極端な人気薄・単勝11番人気以下での出走馬は……

クラリティスカイ
ケイティープライド
サトノスティング
タイセイサミット
ハッピーユニバンス
マサハヤドリーム

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 母父・ロイヤルチャージャー系プラスマイナー系は消し!

血統からポイントを探すと母父・ロイヤルチャージャー系やマイナー系が不振の傾向にある。

ロイヤルチャージャー系といえば、ディープインパクトやオルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言える血統だが、小倉大賞典での母父系で集計した場合、過去10年で1頭も勝馬を出せていない。

馬名母父・血統分類
ウインガナドルトゥルビヨン系
クインズミラーグロナスルーラ系
クラリティスカイロイヤルチャージャー系
ケイティープライドニアークティック系
サトノアリシアニアークティック系
サトノスティングロイヤルチャージャー系
スズカデヴィアスロイヤルチャージャー系
ストレンジクォークロイヤルチャージャー系
タイセイサミットネイティヴダンサー系
ダッシングブレイズマンノウォー系
ダノンメジャーニアークティック系
トリオンフロイヤルチャージャー系
ハッピーユニバンスロイヤルチャージャー系
ヒットザターゲットナスルーラ系
マサハヤドリームロイヤルチャージャー系
ヤマカツライデンロイヤルチャージャー系

母父・ロイヤルチャージャー系プラスマイナー系は……

ウインガナドル
クラリティスカイ
サトノスティング
スズカデヴィアス
ストレンジクォーク
ダッシングブレイズ
トリオンフ
ハッピーユニバンス
マサハヤドリーム
ヤマカツライデン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!

ローカル開催の重賞となるとGⅠなどの大きなレースでは、なかなかチャンスが巡ってこない個人経営の生産牧場でも活躍するチャンスが巡ってくる。

個人経営の生産牧場でも活躍できるということは馬券圏内に入ってくる馬の比率で社台グループが占める割合が自然と減るが、その中でも社台ファーム生産馬の成績は極端によくない。

馬名生産牧場
ウインガナドル新冠橋本牧場
クインズミラーグロ富田牧場
クラリティスカイパカパカファーム
ケイティープライドノーザンファーム
サトノアリシアノーザンファーム
サトノスティング社台ファーム
スズカデヴィアス辻牧場
ストレンジクォークノーザンファーム
タイセイサミット社台ファーム
ダッシングブレイズKenneth L. Ramsey & Sarah K. Ramsey
ダノンメジャーノーザンファーム
トリオンフレイクヴィラファーム
ハッピーユニバンスノーザンファーム
ヒットザターゲットノースヒルズマネジメント
マサハヤドリーム社台ファーム
ヤマカツライデンフジワラフアーム

社台ファーム生産馬は……

サトノスティング
タイセイサミット
マサハヤドリーム

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走上位人気馬は消し!

通常、消去法では前走で下位人気馬を消しと判断することが多いが、ローカル開催のハンデ重賞というレース性質もあって、前走でGⅡやGⅠの格が上のレースに出走して人気がなかった馬が小倉大賞典では挽回して馬券圏内に入ってくることが多い。

馬名前走人気
ウインガナドル7
クインズミラーグロ9
クラリティスカイ10
ケイティープライド11
サトノアリシア6
サトノスティング9
スズカデヴィアス4
ストレンジクォーク10
タイセイサミット13
ダッシングブレイズ5
ダノンメジャー6
トリオンフ3
ハッピーユニバンス15
ヒットザターゲット10
マサハヤドリーム13
ヤマカツライデン7

前走上位人気馬(単勝1番人気から4番人気)は……

スズカデヴィアス
トリオンフ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 斤量55kg以下は消し!

ハンデ戦ということで斤量に注目すると、軽ハンデ馬が活躍するかというとそうでもなく、レースに出走する他馬との比較では能力があるとハンディキャッパーに評価された馬のほうが好走できていることがわかる。

馬名斤量
ウインガナドル54
クインズミラーグロ53
クラリティスカイ57
ケイティープライド52
サトノアリシア51
サトノスティング53
スズカデヴィアス56.5
ストレンジクォーク54
タイセイサミット56
ダッシングブレイズ57
ダノンメジャー56.5
トリオンフ54
ハッピーユニバンス51
ヒットザターゲット56
マサハヤドリーム54
ヤマカツライデン55

斤量55kg以下の馬は……

ウインガナドル
クインズミラーグロ
ケイティープライド
サトノアリシア
サトノスティング
ストレンジクォーク
トリオンフ
ハッピーユニバンス
マサハヤドリーム
ヤマカツライデン

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ダノンメジャー
ヒットザターゲット

今回の激走馬候補は2頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。

おすすめの記事