(C)MAZIMICKEY

2018年1月14日、中山競馬場で京成杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。ジェネラーレウーノ、ダブルシャープ、デルタバローズ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

今回は出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 1月14日(日) 1回中山5日目 16頭 [仮想出馬表] 【11R】  第58回京成杯
3歳・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝2000m (C)

出走予定馬・登録馬

重賞好走組が出走して来ないため混戦の様相を呈しているが、連勝中のジェネラーレウーノが人気になりそうだ。

もともとデビュー前から評判の馬で、札幌での新馬戦でもかなりの人気を集めたが、伸びきれず3着に敗れた。変わった未勝利戦では逃げの戦法を取り、逃げて上がり最速を使うという強い内容で勝利。前走の葉牡丹賞も同様に逃げの戦法で後続を押さえ込んだ。

現時点ではキレよりも長い末脚を使うタイプであり、前目でレースする形が合いそう。またトビの綺麗なタイプで、馬群で抑えるよりは逃げる形が良いのだろう。未勝利戦を勝った時のルメール騎手、前走を勝った時の田辺騎手ともに「素質を感じる」というコメントを出しており、ここでも楽しみな1頭だ。

実績的にはオープン勝ちのあるダブルシャープが最右翼になる。

もともとホッカイドウ競馬出身の馬で、クローバー賞ではタワーオブロンドンとのデッドヒートを制して勝利。続く札幌2歳Sでも3着と好走した。前々走のサウジアラビアRCでは道中の不利が響き6着。前走の朝日杯FSは、阪神マイルでは上位陣にスピード負けした印象のレースだった。

前走で騎乗した和田騎手が「脚が溜まらなかった」というコメントを出しており、今回の距離延長は歓迎。時計がかかるようならさらに良い。

名門・堀厩舎が送り出す1戦1勝のデルタバローズも人気を集めそうだ。初戦は東京マイルで、番手から溢れるスピードを見せつけ圧勝した。

父Into Mischiefの産駒は日本で数頭産駒が走っているが、このデルタバローズの新馬戦以外の勝利は、全て1400m以下のレースである。

その点で今回、距離延長の不安はあるが、初戦の内容からアッサリがあってもおかしくはない1頭だ。

アイビーSでオープンのあるコスモイグナーツも展開次第で面白い1頭。アイビーSは不良馬場に助けられた印象が強いが、しぶとさはあるタイプ。前走のようなキレ味の求められるパターンだと抵抗できないが、中山2000mでもつれるペースを作れれば一発も。

他にも、芝に再度挑戦のタイキフェルヴール、前走好内容で勝ち上がったコズミックフォース、エイムアンドエンドなどがクラシックへの挑戦権を狙っている。

登録馬は以下のとおりだ。

馬名性齢斤量
イェッツト牡356
エイムアンドエンド牡356
ギャンブラー牡356
コスモイグナーツ牡356
コズミックフォース牡356
サクステッド牡356
ジェネラーレウーノ牡356
ジョリルミエール牝3 54
スラッシュメタル牡356
タイキフェルヴール牡356
ダブルシャープ牡356
デルタバローズ牡356
マイハートビート牡356
ヤマノグラップル牡356
ライトカラカゼ牡356
ロジティナ牡356

想定人気・予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ジェネラーレウーノ2
2コズミックフォース2.8
3デルタバローズ5.6
4ダブルシャープ7.2
5スラッシュメタル14.7
6コスモイグナーツ20.5
7エイムアンドエンド24.6
8タイキフェルヴール27.9
9マイハートビート35.7
10イェッツト39.6
11ロジティナ58.1
12ライトカラカゼ66.9
13サクステッド67.5
14ギャンブラー90.9
15ジョリルミエール324.2
16ヤマノグラップル555.7
おすすめの記事