(C) PSPS-KIZUNA‏

2018年11月3日、東京競馬場で京王杯2歳S(GⅡ/芝1400m)が行われる。近年はタワーオブロンドンやレーヌミノルなど後にGⅠ戦線で賑わす馬も出走しており注目の一戦だ。今年はファンタジスト、アウィルアウェイ、アスターペガサスなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去6年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った(2018年度新種牡馬は除く)。


過去10年好走馬血統

<着順/種牡馬/母父馬>
2017年

1着Raven's Pass / Dalakhani
2着キンシャサノキセキ / ディラントーマス
3着Stormy Atlantic / Stormy Atlantic

2016年

1着キンシャサノキセキ / サクラバクシンオー
2着ダイワメジャー / タイキシャトル
3着マツリダゴッホ / ヘクタープロテクター

2015年

1着ダイワメジャー / デヒア
2着キンシャサノキセキ / ニホンピロウイナー
3着ジャングルポケット / フレンチデピュティ

2014年

1着トワイニング / サンデーサイレンス
2着キンシャサノキセキ / Out of Place
3着サクラバクシンオー / Silver Hawk

2013年

1着フレンチデピュティ / サンデーサイレンス
2着スペシャルウィーク / Storm Boot
3着ダイワメジャー / トワイニング

2012年

1着Tale of the Cat / Unbridled's Song
2着キングカメハメハ / ダンスインザダーク
3着マイネルラヴ / ファルブラヴ

2011年

1着アドマイヤムーン / オペラハウス
2着ストーミングホーム / Green Desert
3着ダイワメジャー / Zilzal

2010年

1着サクラバクシンオー / サンデーサイレンス
2着ディープインパクト / Meadowlake
3着ホワイトマズル/ ネヴァーダンス

2009年

1着Giant's Causeway / Sadler's Wells
2着ゼンノロブロイ / フレンチデピュティ
3着マンハッタンカフェ / Miswaki

2008年

1着マイネルラヴ / Danzig
2着キングカメハメハ / Bahri
3着コロナドズクエスト / サンデーサイレンス

解析・分析:注目血統は?

毎年のように活躍馬の見られるキンシャサノキセキは今年も注意が必要だろう。シングルアップの母系(二アークティック系)との組み合わせは昨年のカシアスと同じ配合パターンとなり注目だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬は母父サンデーサイレンス系との好走パターンも多い。

2014年 セカンドテーブル(母父サンデーサイレンス)
2012年 ラブリーデイ(母父ダンスインザダーク)
2008年 エイシンタイガー(母父サンデーサイレンス)

今年はロードカナロア産駒のファンタジスト、ココフィーユが共に該当しており、その走りに期待したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

<種牡馬/着別度数/勝率/複勝率>

Giant's Causeway 0-0- 0- 2 / 0.0% / 0.0%
マツリダゴッホ     7-8-10-72 / 7.2% / 25.8%
ロードカナロア     1-1- 0- 7 / 11.1% / 22.2%
キンシャサノキセキ   7-5-13-84 / 6.4% / 22.9%
ナカヤマフェスタ    0-0- 0- 9 / 0.0% / 0.0%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

毎年のように活躍馬を出しているキンシャサキセキ産駒は今年も注目すべきであるが、同等以上の成績を残しているマツリダゴッホ産駒にも警戒が必要だろう。また、昨年のみの成績となるがロードカナロア産駒の勝率の高さも目立つ。同じ2歳戦の成績だけに信用しても良いだろう。

おすすめの記事