(C)Arappa

2018年11月25日、京都競馬場で京阪杯(GⅢ/芝1200m)が行われる。サマースプリントシリーズチャンピオンのアレスバローズ、阪急杯を制したダイアナヘイロー、スプリンターズステークスでは惜しい競馬を見せたワンスインナムーンなどが出走を予定する。大混戦、大波乱を思わせるメンバーが集まった。

過去10年のデータを見ると、1番人気が勝ったのは10年でたった1回、2着は2回、3着は1回もなく、着外は7回もある。人気の信頼度はかなり低いが、この傾向は他の上位人気も同じだ。どの人気でもチャンスはあるということであり、危険な人気馬の選別は当然行うべきことだ。

アレスバローズが登場し実力的に抜けた存在かもしれないが、傾向などをしっかりと見てここは判断をしていきたい。


データ① 逃げ馬天国!

京都1200メートルは内回りコースを使うため、そもそも前が残りやすいという性質がある。そのため、逃げ馬は過去10年で4勝する他、先行馬も5勝を挙げており、前に行った組が強い。これは上がり3ハロンのタイムにも出ており、1位のタイムを出しても勝てたのは1回だけ。6位以下だった馬は6勝を挙げており、前で粘れば後ろからは届きにくいことがわかる。あっても2着という感じだろうか。

後ろから競馬をすることが多いカラクレナイやグレイトチャーターなどは少し苦戦する可能性がある。前に行く馬が多く、それが潰し合う可能性もないわけではないが、かなりのレアケースだろう。そうなると余程の武器がなければ太刀打ちは出来ないわけだが、どうにもそうした武器はなさそうだ。前に行く組で考えたいところだ。

データ② 衝撃の全消しデータがあった!

前走のクラス別成績を見ると、前走GⅢ組が過去に11頭出てすべて着外に沈んでいる。準オープン組でも勝ち鞍があるが、これは1200メートルで行われる重賞が秋に少ない点がある。当然スプリンターズステークスに集中するわけだが、短距離重賞がないのでオープン特別に流れやすい。前走京都だった馬の成績がすこぶるいいのは当然だ。休み明けの馬が来ることも少なく、夏競馬以来でGⅢ組だった馬は全消しでもいい。

これで消えるのが3歳馬ダノンスマッシュだ。キーンランドカップは2着と健闘したが、これは斤量差の恩恵によるものが大きい。古馬との斤量が3キロ差だったが、今回は1キロ差だ。2着といってもコンマ4秒差つけられたことを考えれば、ここで人気がするようであればかなり危険である。3か月の休み明けで挑んだファルコンステークスでは1番人気に応えられなかったが、果たしてここではどうか。

データ③ その他データあれこれ

年齢別成績を見ると3歳から6歳まで満遍なく分散されているが、7歳以上は過去20頭出て、3着1頭のみでしかも同着だった。短距離戦ではおじさんの出番はないか。今回はコウエイタケルとナインテイルズが当てはまる。6歳もそれなりの成績に見えるが、アベレージは低く、ちょっとしたケチがつくぐらいに考えた方がいい。アベレージ的にいいのは4歳だ。

前走1秒以上の大敗を巻き返したケースは2例しかなく、たとえ前走がスプリンターズステークスであっても同じだ。スプリンターズステークスで12着だった馬が3着に入ったことはあるが、これはコンマ6秒差。ここを基準にしたい。アレスバローズは1秒2負けでいくらなんでも負け過ぎ。ダイアナヘイローやアサクサゲンキも1秒負けではどうか。スプリンターズステークス組でセーフなのはワンスインナムーンぐらいだ。

まとめ

今回はメンバーが小粒だが、ブレイク前のロードカナロアなどスプリンターの原石が集まったとみるべきか。原石ということであれば若手から目星をつけていきたいが、今回は敬遠したい。ここはエスティタートがいい。準オープン1着で1番着差をつけていた他、タイム的にはオープン特別のオパールステークスを上回る。アンヴァルが3キロ増でエスティタートは1キロ減。人気がないようならここを狙いたい。

何が着てもおかしくないのであれば思いっきりぶん回したい。ジャパンカップをしっかりととって、ここで増やすか、それともジャパンカップの敗者復活戦か。いずれにしても勝負したい。穴は狙わなきゃ当たらない。

おすすめの記事