(C)MAZIMICKEY

2018年11月4日、京都競馬場でJBCスプリント(Jpn1/ダ1200m)が行われる。マテラスカイ、キタサンミカヅキ、レッツゴードンキ、ニシケンモノノフ、ネロらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

5回京都2日目 3歳上 サラ3歳上オープン
ダ1200m (右)
本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円

出走予定馬・登録馬

中央競馬の歴史において初めてのダートスプリントのジーワン、そしてJBCの歴史においても初の中央開催とダブルで初が重なった今年のJBCスプリント。前哨戦こそ不甲斐なかったもののスピード全開ならマテラスカイが黙っていない。

準オープンを勝利して果敢に挑んだ今年のドバイゴールデンシャヒーンにて、世界の驚速スプリンターを相手に一歩も引かないスピード勝負を挑んで5着と大健闘した同馬。帰国後降級となって再度準オープンを勝って挑んだプロキオンSでは、馬場状態にも恵まれたが1.20.3の驚異的な日本レコードで逃げ切った。

転じて前走の東京盃。逃げることは逃げたもののいつものような軽快な逃げ足が見られず、直線も苦しくなっての4着。陣営から前哨戦仕上げだったというコメントもあったが、大井の重いダートが合わなかった可能性もある。時計の出る京都のダートで、100%の仕上げならスピードの絶対値が違うだろう。5番枠と内目の枠を引いたのも好材料だ。

そのマテラスカイを退けて東京盃を最内から強襲して勝利した地方馬・キタサンミカヅキが充実一途で侮れない存在だ。

もともとは中央馬で、ダートのオープンクラスでは雪崩れ込んで入着するのが精一杯という状況だった同馬。しかし、地方に転入してから精神面で成長が合ったのか、はたまた地方の水があったのかはわからないものの、従来の気難しい面が解消し馬群の中で先行してもしぶとい伸びを披露できるようになった。

59キロを背負ってアピア以下を圧倒したアフター5スター賞はもちろん、前走の東京盃は強い内容で、一番砂の深い最内に突っ込んで勝負根性を発揮しネロ以下を捉えきった。軽いダートがどうかだが前走は決してフロックではなく、ここで好勝負になってもおかしくない。

捲土重来を期した前走のスプリンターズSでは展開が向かず差し遅れたレッツゴードンキ。2度目のダート戦でもう一度のジーワンタイトルを狙う。

既に高松宮記念を含めスプリントGⅠでは3回の2着があるように、単純なスプリント能力という点ではメンバー屈指なのは明らか。問題はダート適性だが、初ダートとなった一昨年のJBCレディスクラシック(川崎D1600m)ではケレン味のない逃げを打っての2着。初ダートで牝馬同士とは言え好走できるのは適性の証明だろう。スプリントならさらに前進があってもおかしくはないが、以前ほど行きっぷりが良くない点が若干ダート替わりにおいては気になるところ。

今回2番枠という好枠を引いた昨年の覇者ニシケンモノノフもここ目標に仕上げてきた印象がある。

今シーズンは芝1200→D1600mという本来の適性ではないローテーションから始まったこともあって、今一つリズムに乗り切れていない同馬。前走の北海道SCも一番良い時ならマクリきってもおかしくない展開だったが、脚色が鈍ってしまった。馬格はあるが斤量を背負うと行きっぷりが今一つで、久々の57kg、軽いダートのスプリント戦はベスト条件で巻き返しがあってもおかしくはない。

あとは栗東の坂路番長ことネロ。セントウルS、そして前走東京盃の内容を見る限り、流石に芝のスピード勝負よりはダートに適性が寄ってきた印象がある。同厩舎マテラスカイとの兼ね合いがあるが、すんなり先行さえできればしぶとい。戸崎騎手とも手があっている印象だ。

他には、高松宮記念馬セイウンコウセイとナックビーナスの芝レース実績組、短期免許のデムーロ弟を配した実績馬モーニン、オーバルスプリントを制したTUBE前田氏の持ち馬ノブワイルドや東北の雄ラブバレットの地方馬なども歴史的な一戦を盛り上げる。

アンサンブルライフ 牡5 繁田騎手 小久保厩舎
ウインムート 牡5 内田博騎手 加用厩舎
キタサンミカヅキ 牡8 森泰斗騎手 佐藤賢厩舎
キングズガード 牡7 藤岡佑騎手 寺島厩舎
グレイスフルリープ 牡8 ルメール騎手 橋口厩舎
コウエイエンブレム 牡5 ○○騎手 山内厩舎
サクセスエナジー 牡4 松山騎手 北出厩舎
スマートアヴァロン 牡6 和田騎手 西園厩舎
セイウンコウセイ 牡5 池添騎手 上原厩舎
テーオーヘリオス 牡6 浜中騎手 梅田厩舎
ナックビーナス 牝5 大野騎手 杉浦厩舎
ニシケンモノノフ 牡7 横山典騎手 庄野厩舎
ネロ 牡7 戸崎圭騎手 森厩舎
ノブワイルド 牡6 左海誠騎手 小久保厩舎
ノボバカラ 牡6 御神本騎手 天間厩舎
マテラスカイ 牡4 武豊騎手 森厩舎
モーニン 牡6 Cデムー騎手 石坂正厩舎
ラブバレット 牡7 山本聡騎手 菅原勲厩舎
レッツゴードンキ 牝6 岩田騎手 梅田厩舎

想定人気・予想オッズ

19番人気 アンサンブルライフ 522.8倍
11番人気 ウインムート 79.2倍
3番人気 キタサンミカヅキ 5.6倍
9番人気 キングズガード 47.1倍
5番人気 グレイスフルリープ 6.8倍
17番人気 コウエイエンブレム 324.4倍
13番人気 サクセスエナジー 91.2倍
12番人気 スマートアヴァロン 84.6倍
8番人気 セイウンコウセイ 29.2倍
14番人気 テーオーヘリオス 162.1倍
6番人気 ナックビーナス 17.7倍
10番人気 ニシケンモノノフ 56.9倍
7番人気 ネロ 20.6倍
15番人気 ノブワイルド 216.2倍
18番人気 ノボバカラ 355.1倍
1番人気 マテラスカイ 2倍
4番人気 モーニン 6.5倍
16番人気 ラブバレット 235.2倍
2番人気 レッツゴードンキ 4.6倍

おすすめの記事