(C)MAZIMICKEY

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GI/芝2400m)が行われる。

キタサンブラック、レイデオロ、サトノクラウンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

11月22日には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回はシュヴァルグランやヤマカツエースといった伏兵たち、そして外国馬を見ていくことにしよう。

シュヴァルグラン牡5歳(栗東・友道厩舎)

調教評価A-

レースではH.ボウマンが騎乗することが決まったシュヴァルグラン。

一週前追い切りではM.デムーロ騎乗で稍重の栗東Cウッドコースをノーブルカリナン(2歳未勝利)と併せ馬、一杯に追って6F83.3秒上がり12.1秒で併入。

最終追い切りは良馬場の栗東坂路をH.ボウマン騎乗で馬なりアドマイヤプリヴ(500万下)と併せ馬、4F56.0秒上がり12.7秒でゴール前仕掛けてクビ差先着。

5馬身追い掛けて少しの仕掛けで先着と動きは良く、反応も文句なし。

ヤマカツエース牡5歳(栗東・池添厩舎)

調教評価A

一週前追い切りはレースにも騎乗する池添謙一が騎乗して栗東Cウッドコース(稍重)を一杯に追って6F84.2秒上がり11.6秒のタイムをマーク。

今週の最終追い切りも池添騎手が乗って良馬場の栗東Cウッドコースをアリイタヤス(2歳未勝利)と併せ馬、一杯に追って4F80.2秒上がり11.9秒で31/2馬身先着。

前走同様に素晴らしい動き、仕上がりだけなら勝ち負けレベル。

ディサイファ牡8歳(美浦・小島厩舎)

調教評価B-

一週前追い切りは調教助手が騎乗。美浦坂路(稍重)一杯に追って4F56.1秒上がり12.7秒をマーク。

最終追い切りはレースで騎乗する柴山雄一騎乗で美浦坂路(稍重)エジステンツァ(500万下)と併せて一杯に追って4F55.6秒上がり13.4秒ゴール前仕掛けるが2馬身遅れ。

もともと坂路調教は動かないタイプだがゴール前の反応も悪くもう一息の感じ。

シャケトラ牡4歳(栗東・角居厩舎)

調教評価B+

一週前追い切りは稍重の栗東Cウッドコースをレース騎乗の福永祐一を背に併せ馬5F67.0秒上がり11.5秒ゴール前仕掛けで先着。

最終追い切りも福永祐一騎乗で栗東Cウッドコース(良馬場)をキングジュエリー(500万下)と併せ6F85.2秒上がり11.9秒馬なりで1馬身先着。

天皇賞(秋)は全く競馬をしておらず疲れはなさそう。休み明けの前走よりも格段に動きは良くなっている。

ワンアンドオンリー牡6歳(栗東・橋口厩舎)

調教評価B

レースに乗る横山典弘が何度も調教をつけに来ている。

一週前追い切りも横山典弘騎乗で栗東坂路(稍重)を一杯に追って4F51.8秒上がり12.4秒をマーク。今週の最終追い切りも横山典弘学が駆けつけて騎乗、良馬場の栗東坂路を馬なりで4F56.7秒上がり13.0秒をマーク。

ゆったりと余力残しでの追い切りとなった。どこまでやる気が戻っているか。

レインボーライン牡4歳(栗東・浅見厩舎)

調教評価A-

一週前追い切りは鮫島克駿が騎乗して稍重の栗東坂路を馬なりで4F60.1秒上がり12.9秒の時計を出し、今週の最終追い切りはレースでの騎乗が予定されている岩田康誠が騎乗して良馬場の栗東坂路を馬なりで4F56.9秒上がり12.9秒で走破している。

19日の日曜日追いで一杯に追われており、今週は岩田騎手が最終的な仕上がりを確認している。

前走3着後に短期放牧、1度叩いているためパフォーマンスは上がっていそう。

ギニョール(外国馬)

前走のドイツGⅠバイエルン大賞典から中3周、来日してもカイバ食いも良く動ける状態。

イキートス(外国馬)

ギニョールと同じローテーションで中3周、昨年の来日が経験値としてあるため体調維持は万全の様子。

アイダホ(外国馬)

秋シーズン3走目となるため仕上がりは良さそう。体調は少なくとも万全で出走しそう。

ブームタイム(外国馬)

前走から中3周、9月からすでに4走をこなしており、強い調教は必要なし。落ち着きがあり、仕上がりは良さそう。

おすすめの記事