(C)MAZIMICKEY

2017年12月28日、中山競馬場でホープフルステークス(GI/芝2000m)が行われる。ルーカス、ジャンダルム、タイムフライヤー、フラットレー、サンリヴァル、ナスノシンフォニー、シャルルマーニュらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 サンデーサイレンス系は消し!
ポイント3 前走4着以下は消し!
ポイント4 牝馬は消し!
ポイント5 12番より外は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

基本的に2000mの2歳戦というのは底力が求められる。

底力が求められるとどうなるかというと、地力のある実力馬が好走する傾向が強くなり、弱い馬は普通に負けていく。要するに、波乱が起こりにくいのだ。

ホープフルSにおいても、11番人気以下で好走したのはわずか1頭のみ。原則として10番人気以内の馬たちを対象としていくべきだろう。

人気馬名予想オッズ
1ジャンダルム2.8
2タイムフライヤー3.5
3ルーカス4.9
4フラットレー5
5サンリヴァル5.3
6シャルルマーニュ18.8
7トライン19.6
8ステイフーリッシュ26
9ジュンヴァルロ34.2
10ナスノシンフォニー44
11ウォーターパルフェ124
12マイハートビート125.8
13ワークアンドラブ276.2
14シャフトオブライト327.8
15リュヌルージュ402.9
16トーセンクリーガー414.6
17ロードアクシス503.6

11番人気以下なのは……

ウォーターパルフェ
マイハートビート
ワークアンドラブ
シャフトオブライト
リュヌルージュ
トーセンクリーガー
ロードアクシス

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 サンデーサイレンス系は消し!

ホープフルSにおける最大の特徴といえば、ディープインパクト系を除くサンデーサイレンス系が大不振という点だ。

ホープフルSはタフな2000mで行われるため、サンデーサイレンス系よりタフなロベルト系やキングマンボ系の馬たちが台頭しやすいのだ。

馬名
リュヌルージュモンテロッソ
トーセンクリーガートーセンロレンス
ウォーターパルフェルーラーシップ
ロードアクシスブレイクランアウト
トラインディープインパクト
マイハートビートゼンノロブロイ
タイムフライヤーハーツクライ
シャルルマーニュヴィクトワールピサ
サンリヴァルルーラーシップ
ルーカススクリーンヒーロー
フラットレーハーツクライ
ジュンヴァルロNew Approach
ステイフーリッシュステイゴールド
ワークアンドラブシニスターミニスター
ジャンダルムKitten's Joy
シャフトオブライトディープスカイ
ナスノシンフォニーハーツクライ

父サンデー系なのは……

トーセンクリーガー
マイハートビート
タイムフライヤー
シャルルマーニュ
フラットレー
ステイフーリッシュ
シャフトオブライト
ナスノシンフォニー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走4着以下は消し!

2歳における2000mは実力が問われる。よって、弱い馬が来ないというのは前述したとおりだ。

実際、前走の成績を見てみても、明らかに上位に来た馬たちが好成績を残している。前走4着以下で好走したのはわずか1頭のみ。原則として前走しっかりと好走している馬を選ぶべきだ。

馬名前走着順
リュヌルージュ1
トーセンクリーガー1
ウォーターパルフェ1
ロードアクシス1
トライン1
マイハートビート7
タイムフライヤー2
シャルルマーニュ3
サンリヴァル1
ルーカス2
フラットレー5
ジュンヴァルロ1
ステイフーリッシュ1
ワークアンドラブ1
ジャンダルム1
シャフトオブライト1
ナスノシンフォニー2

前走4着以下なのは……

マイハートビート
フラットレー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 牝馬は消し!

2歳の2000mは牡馬にとってもタフな舞台である。当然のことながら、牡馬より体力のない牝馬にとって、この条件は過酷過ぎる。好走例がないだけに、素直に消してしかるべきだろう。

牝馬なのは……

リュヌルージュ
ナスノシンフォニー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 12番より外は消し!

有馬記念が内枠有利だったように、ホープフルSもまた、同様の傾向にある。正確に言えば2500mよりコーナーまで距離があるため、極端な内枠有利ではなく、中枠までは許容範囲。しかし、外枠となると、厳しいのは変わらない。

12番より外に入った馬は、評価を落とさざるをえないのだ。

馬番馬名
11リュヌルージュ
12
トーセンクリーガー
23
ウォーターパルフェ
24ロードアクシス
35トライン
36
マイハートビート
47
タイムフライヤー
48
シャルルマーニュ
59サンリヴァル
510ルーカス
611フラットレー
612ジュンヴァルロ
713
ステイフーリッシュ
714
ワークアンドラブ
815ジャンダルム
816
シャフトオブライト
817
ナスノシンフォニー

12番より外枠に入ったのは……

ジュンヴァルロ
ステイフーリッシュ
ワークアンドラブ
ジャンダルム
シャフトオブライト
ナスノシンフォニー

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

トライン
サンリヴァル
ルーカス

今回の激走馬候補は3頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。

おすすめの記事