(C)MAZIMICKEY

2頭目の無敗の王者は誕生するか?

2017年12月28日、中山競馬場でホープフルステークス(GI/芝2000m)が行われる。ルーカス、ジャンダルム、タイムフライヤー、フラットレー、サンリヴァル、ナスノシンフォニー、シャルルマーニュらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

人気の中心となることが予想されるジャンダルムは2戦2勝と土つかずでこの大舞台に挑戦してきた。ダノンプレミアムに続いて無敗のチャンピオンとなることに大きな期待がかかる。

しかし、ジャンダルムが越えなければならない壁は決して少なくも低くもない。今回はジャンダルムがこのレースに臨む上でカギとなりそうな面を見ていくことにしよう。


カギ① 距離延長

これまでの連勝はいずれもマイルでのものだ。

父キトゥンズジョイはクラシックディスタンスでも活躍した名馬であり、国内では産駒のサンプル数が少なく距離延長を一概にマイナスと決めつけるのは危険に思える。

しかし母ビリーヴはマイル以上でただの一度もマイル以上の距離で連対出来ていない。その仔でありジャンダルムの兄弟にあたるファリダット、フィドゥーシアの短距離適性も周知のとおりで2000メートルに距離が変わることは牝系から不安と言わざるを得ない。

父の血が生き中距離に適応すれば頂点が見えてくる。

カギ② 初の関東遠征

初の輸送競馬への対応も重要なポイントだ。

今回は中山での出走となり輸送を経験することになる。まだ年末年始の渋滞の影響を受けずに済みそうなことは不幸中の幸いだが、デビュー戦でもコーナーでふらついたりとまだ幼さを見せるこの馬にとって遠征競馬は楽ではないだろう。

ディープインパクト産が猛威を振るう朝日杯を選ばなかったレース選択は賢いと言えるがこの判断が吉と出るか凶と出るか。

その答えが吉であった時にジャンダルムは素晴らしい走りを見せるだろう。

カギ③ 相手関係

小粒なメンバー構成とはいえ力関係も未知数だ。

ジャンダルムは今回の出走メンバーの中で唯一の重賞ウイナーであり格上の存在と言える。しかし2歳戦では実績をそうそう鵜呑みにすることは出来ない。デイリー杯で退けたケイアイノーテックやフロンティアで朝日杯でまずまずの走りしか出来なかったことを見ればジャンダルムに絶対的な信頼を置くことは危険だとわかるだろう。

主だった路線を走ってこずとも地道に地力を蓄えてきた伏兵の大駆けにあうシーンがあっても驚けない。

まとめ

ここまでカギとなりそうな面を見てきたが、無論ジャンダルムがすべての面をクリアし今年最後のビッグレースを制する可能性も十分にある。

皐月賞へ続くであろうこのレースを終えた後、ジャンダルムはクラシックの有力候補として新年を迎える事が出来るだろうか?今年最後も武豊か否か、発走は木曜日の15時半だ。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事