(C)Ko-mei

2019年3月17日、阪神競馬場で阪神大賞典(GⅡ/芝3000m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの勝ち馬候補を予想していく。

レースを楽しむ上でも馬券を買う上でも、勝ち馬の予想は欠かせない要素だ。明らかな傾向や注目のデータから、主役候補を導き出していこう。

人気が想定されるアドマイヤエイカン、コルコバード、シャケトラ、リッジマン、ヴォージュなどは過去の好走馬のデータと合致しているのだろうか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


阪神大賞典の勝ち馬傾向

(C)n.hiroto

過去10年のデータを見ると、勝ち馬10頭中9頭が3番人気以内で、1番人気が5勝。残る1頭の2010年トウカイトリックは8歳という高齢だったこともあって5番人気の伏兵扱いだったが、同馬はこのレースで3着以内が2回あるなど長距離実績が豊富だった。基本的に実績のある人気馬が強い。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 長距離重賞での好走実績が必要

まず重賞実績に目を向けると、勝ち馬10頭中7頭が芝重賞の勝ち馬。残る3頭には芝重賞で3着以内の実績があった。

さらに距離実績を見ると、勝ち馬全10頭に芝2400m以上でV歴があり、うち9頭には芝3000m以上の重賞で3着以内の実績があった。

予想参考データ② 前走は重賞で5着以内が理想

前走のクラス別成績は以下の通り。

500万下・1000万下(0-0-0-3)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

1600万下(0-1-2-11)
勝率 0.0% │ 連対率7.1% │ 複勝率21.4%

オープン特別(0-1-0-7)
勝率 0.0% │ 連対率12.5% │ 複勝率12.5%

GⅢ(2-2-2-25)
勝率 6.5% │ 連対率12.9% │ 複勝率19.4%

GⅡ(4-1-4-20)
勝率 13.8% │ 連対率17.2% │ 複勝率31.0%

GⅠ(4-5-2-10)
勝率 19.0% │ 連対率42.9% │ 複勝率52.4%

重賞から参戦する馬が中心。中でも有馬記念組が【4・5・1・6】と好成績。

また、前走着順は以下の通り。

前走1着(3-4-3-10)
勝率 15.0% │ 連対率35.0% │ 複勝率50.0%

前走2着(2-0-1-6)
勝率 22.2% │ 連対率22.2% │ 複勝率33.3%

前走3着(1-0-1-4)
勝率 16.7% │ 連対率16.7% │ 複勝率33.3%

前走4着(1-1-0-5)
勝率 14.3% │ 連対率28.6% │ 複勝率28.6%

前走5着(1-0-1-14)
勝率 6.3% │ 連対率6.3% │ 複勝率12.5%

前走6~9着(2-4-2-24)
勝率 6.3% │ 連対率18.8% │ 複勝率25.0%

前走10着以下(0-1-2-17)
勝率 0.0% │ 連対率5.0% │ 複勝率15.0%

勝ち馬10頭中8頭が前走で掲示板を確保し、うち5頭が連対。残る2頭には芝3000m以上のGⅠで連対実績があった。高いレベルの実績がある馬なら大敗からの巻き返しも可能だが、それ以外は前走の着順がいい方が望ましい。

予想参考データ③ 4、5歳が主力

年齢別成績は以下の通り。

4歳(4-6-3-13)
勝率 15.4% │ 連対率38.5% │ 複勝率50.0%

5歳(3-3-4-14)
勝率 12.5% │ 連対率25.0% │ 複勝率41.7%

6歳(2-1-1-22)
勝率 7.7% │ 連対率11.5% │ 複勝率15.4%

7歳(0-0-2-16)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率11.1%

8歳以上(1-0-0-7)
勝率 12.5% │ 連対率12.5% │ 複勝率12.5%

予想参考データ④ 牝馬も狙える

牡・騸馬(10-9-9-79)
勝率 9.3% │ 連対率17.8% │ 複勝率26.2%

牝馬(0-1-1-2)
勝率 0.0% │ 連対率25.0% │ 複勝率50.0%

予想参考データ⑤ 関東馬は苦戦

美浦(0-2-0-18)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率10.0%

栗東(10-8-10-62)
勝率 11.1% │ 連対率20.0% │ 複勝率31.1%

2019年の主役候補は?

(C)Ko-Mei

中心となるのは、2走前にステイヤーズSを制したリッジマン。3000m以上の重賞を勝っているのはメンバー唯一。前走は12着と大敗したが、有馬記念ならそれほど気にする必要はないだろう。

そのステイヤーズSで2着だったのがアドマイヤエイカン。前走は万葉S7着でやや負けすぎの感はあるものの、有力の1頭と言える。

シャケトラは前走のアメリカジョッキークラブCで復活Vを飾った。日経賞を勝った実績があり、さらなる距離延長にも対応できそうだ。

ヴォージュは重賞実績には乏しいものの、前走の万葉Sを逃げ切り、長距離のオープン特別を2勝している。今回も一発の可能性を秘める。

おすすめの記事