阪神大賞典2018の競馬予想分析、結果発表!回収率約220のデータ該当馬とは?


(C)Arappa

2018年3月18日、阪神競馬場で阪神大賞典(GⅡ/芝3000m)が行われる。クリンチャー、アルバート、レインボーライン、サトノクロニクル、カレンミロティック、ヤマカツライデンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 人気薄は消し!
ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系・ニアークティック系以外は消し!
ポイント3 前走馬体重は460kg~520kg以外は消し!
ポイント4 前走逃げ・後方は消し!
ポイント5 前走5着以下は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 人気薄は消し!

古馬の芝3000mを超える年間唯一のGⅠ・天皇賞(春)の有力な前哨戦として行われる阪神大賞典では人気も実力も兼ね備えた馬が活躍することが多く、特に直近5年では単勝1番人気が5連勝中、三連単の万馬券は一度もない。

馬名人気予想オッズ
アルバート23.3
カレンミロティック526.3
クリンチャー11.9
コウエイワンマン11417.3
サトノクロニクル45.2
シホウ9156.8
スーパーマックス10323.9
トミケンスラーヴァ874.8
ムイトオブリガード738.8
ヤマカツライデン637.1
レインボーライン34.5

人気薄・単勝6番人気以下の出走馬は……

コウエイワンマン
シホウ
スーパーマックス
トミケンスラーヴァ
ムイトオブリガード
ヤマカツライデン

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系・ニアークティック系以外は消し!

血統からポイントを探すと父・ロイヤルチャージャー系・ニアークティック系のみが結果を残している。

ロイヤルチャージャー系といえば、ディープインパクトやオルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言える血統であり活躍も当然と言える。

また、ニアークティック系といえば現在の代表種牡馬はトランセンドでどちらかと言うと「ダート」「中距離」が得意分野ということもあり意外に感じるかもしれないが、阪神大賞典との相性は良い。

馬名父・血統分類
アルバートネイティヴダンサー系
カレンミロティックロイヤルチャージャー系
クリンチャーロイヤルチャージャー系
コウエイワンマンナスルーラ系
サトノクロニクルロイヤルチャージャー系
シホウネイティヴダンサー系
スーパーマックスロイヤルチャージャー系
トミケンスラーヴァロイヤルチャージャー系
ムイトオブリガードネイティヴダンサー系
ヤマカツライデンロイヤルチャージャー系
レインボーラインロイヤルチャージャー系

父・ロイヤルチャージャー系・ニアークティック系以外の馬は……

アルバート
コウエイワンマン
シホウ
ムイトオブリガード

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走馬体重は460kg~520kg以外は消し!

前走馬体重に注目するとスピードよりスタミナが要求されることが多い長距離戦では馬格がしっかりしている馬、馬体重が460kg以上となるような馬が活躍できている。

ただし、馬格がしっかりしすぎても後半でペースが上がったときのスピードが足りず活躍できない結果となっている。


馬名前走馬体重
アルバート476
カレンミロティック460
クリンチャー486
コウエイワンマン528
サトノクロニクル454
シホウ512
スーパーマックス510
トミケンスラーヴァ504
ムイトオブリガード492
ヤマカツライデン546
レインボーライン444

前走馬体重は460kg~520kg以外の馬は……

コウエイワンマン
サトノクロニクル
ヤマカツライデン
レインボーライン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走逃げ・後方は消し!

前走で逃げや後方などの極端な戦法を取った馬は阪神大賞典では活躍できない傾向にある。

長距離重賞は騎手の駆け引きも重要な要素となるが、逃げ馬をじっくり見ることができる先行や中団からレースを進められる馬が好走できていることがわかる。

馬名前走脚質
アルバート差し
カレンミロティック中団
クリンチャー先行
コウエイワンマン後方
サトノクロニクル中団
シホウ後方
スーパーマックス中団
トミケンスラーヴァ中団
ムイトオブリガード逃げ
ヤマカツライデン中団
レインボーライン後方

前走逃げ・後方でレースを進めた馬は……

コウエイワンマン
シホウ
ムイトオブリガード
レインボーライン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走5着以下は消し!

ここまでに実績を残してきている馬が活躍することが多いのが阪神大賞典の特徴で、前走5着以下と成績が悪かった馬は、さほど活躍できていない。

馬名前走着順
アルバート1
カレンミロティック15
クリンチャー1
コウエイワンマン6
サトノクロニクル9
シホウ9
スーパーマックス5
トミケンスラーヴァ8
ムイトオブリガード1
ヤマカツライデン15
レインボーライン8

前走5着以下の馬は……


カレンミロティック
コウエイワンマン
サトノクロニクル
シホウ
スーパーマックス
トミケンスラーヴァ
ヤマカツライデン
レインボーライン

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

クリンチャー

今回の激走馬候補は1頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る