(C)n.hiroto

2018年12月22日、阪神競馬場で阪神カップ(GⅡ/芝1400m)が行われる。今年はサトノアレス、ケイアイノーテック、ジュールポレール、レッドファルクスといったGⅠ馬が多く出走を予定しており盛り上がりが期待される。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統


2017年 1着(フジキセキ/Cozzene/Crafty Prospector)                                                                            

     2着(アルデバランⅡ/サンデーサイレンス/トニービン)

               3着(ディープインパクト/Deputy Minister/Lord Avie)

2016年 1着(キンシャサノキセキ/Kingmambo/Silver Hawk)

     2着(フジキセキ/Cozzene/Crafty Prospector)                                                                            

               3着(ディープインパクト/デインヒル/Be My Guest)

2015年 1着(フジキセキ/Big Shuffle/シャーディー)

               2着(アルデバランⅡ/サンデーサイレンス/トニービン)

               3着(サクラバクシンオー/Kingmambo/Sadler's Wells)                                                                            

2014年 1着(ディープインパクト/Meadowlake/In Reality)

               2着(ダイワメジャー/トニービン/Caerleon)

               3着(ダイワメジャー/Law Society/ゲイメセン)

2013年 1着(ディープインパクト/Meadowlake/In Reality)

               2着(マンハッタンカフェ/ジェネラス/ファストトパーズ)

               3着(ダンスインザダーク/ダンシングブレーヴ/テスコボーイ)

2012年 1着(シンボリクリスエス/Crafty Prospcetor/セクレト)

     2着(マンハッタンカフェ/ジェネラス/ファストトパーズ)

               3着(ディープインパクト/O'Reilly/Sound Reason)

2011年 1着(シンボリクリスエス/Crafty Prospcetor/セクレト)

               2着(サクラバクシンオー/サンデーサイレンス/Secretariat)

               3着(デュランダル/トニービン/Nureyev)

2010年 1着(フジキセキ/Pleasant Colony/Lyphard)

               2着(タイキシャトル/Storm Cat/Bates Motel)

               3着(スターオブコジーン/Be My Guest/Reliance)

2009年 1着(フジキセキ/Pleasant Colony/Lyphard)

               2着(アドマイヤベガ/ターゴワイス/ノーザンテースト)

               3着(シンボリクリスエス/Crafty Prospcetor/セクレト)

2008年 1着(ダンスインザダーク/Mistake/Northern Dancer)

     2着(Kingmambo/サンデーサイレンス/Danzig)                                                                            

               3着(サクラバクシンオー/Bering/Al Nasr)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

様々な条件で活躍しているサンデーサイレンス系を除くと、父系としてサクラバクシンオー・母系としてトニービンやCozzeneなどの活躍がみられるナスルーラ系に注目したい。その他ミスタープロスペクター系ではkingmamnbo系の活躍が目立つ。

2017年 イスラボニータ(母父ナスルーラ系)

ダンスディレクター(母父ナスルーラ系)

2016年 シュウジ(母父kingmambo)

イスラボニータ

2015年 ロサギガンティア(母父ナスルーラ系)

ダンスディレクター

ビッグアーサー(父ナスルーラ系×母父kingmambo)

2014年 コパノリチャード(母父ナスルーラ系)

2013年 クラレント(母母父ナスルーラ系)

2012年 ファイナルフォーム(母母父ナスルーラ系)

2011年 グランプリボス(父ナスルーラ系×母母父ナスルーラ系)

フラガラッハ(母父ナスルーラ系)

2010年 マイネルフォーグ(父ナスルーラ系)

2008年 リザーブカード(父ナスルーラ系)

今年は一昨年の優勝馬シュウジ(母父kingmambo)、アポロノシンザン(父サクラバクシンオー)、 ラインスピリット(母父トニービン)が該当しており、その走りに期待したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

サクラバクシンオー 8- 2- 5- 33 / 16.7% / 31.3%

マツリダゴッホ 4- 0- 3- 31 / 10.5% / 18.4%

ディープインパクト 17-17-15-117 / 10.2% / 29.5%

キンシャサノキセキ 5- 4- 6- 43 / 8.6% / 25.9%

ダイワメジャー 20-18-16-145 / 10.1% / 27.1%

マンハッタンカフェ 5- 5- 1- 59 / 7.1% / 15.7%

アドマイヤムーン  6-10-14- 76 / 5.7% / 28.3%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

サクラバクシンオー産駒が得意としているコースであることが数字からわかる。近走不振のアポロノシンザンだが激走に期待したい。他、2桁勝利を挙げているディープインパクトやダイワメジャー産駒にも期待したいが、アドマイヤムーンも複勝率では引けを取らない。ムーンクエイクの走りに注目だ。

回収率100%超へ!おすすめ

①競馬の基本原則が学べる教科書って?
②競馬で勝つための方程式とは?
▶▶▶超厳選!競馬で絶対に勝つための最強ツール4選【2019年版】

①読むと競馬力が上がるメルマガって?
②回収率100%超&信頼性の高い予想は?
▶▶▶超厳選!競馬の有料予想で本当に信用できるのは?3つの視点で徹底分析

おすすめの記事