阪急杯2019の競馬予想分析!軸決定?3着内率5割超の鉄板データを公開
(C)yusukekeiba

2019年2月24日、阪神競馬場で阪急杯(GⅢ/芝1400m)が行われる。今回の予想考察では、過去10年のデータと傾向を振り返って軸馬にふさわしい出走馬を導き出していく。

今年はミスターメロディ、ダイアナヘイロー、レッツゴードンキ、ロジクライ、ダイメイフジらが出走する。有力馬の中で過去の好走馬と同じ傾向に該当するのはどの馬なのか?あるいは人気薄の中から台頭してくる馬がいるのか?

過去の歴史を注意深く見ていくと、2019年の当レースで台頭する馬が見えてくる。


【2019年JRA重賞考察】阪急杯の予想分析

競馬TIMESでは過去のデータを徹底分析。考察から導き出した予想のポイントをピックアップしていく。

以下が特に注目したい予想のポイントだ。

予想ポイント 極端な人気薄は消し

まずは人気の傾向から。過去10年のデータから見ても阪急杯は余程の事がない限り、大波乱の結果になる事はない。

人気着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気2- 2- 1- 5/ 1020.0%50.0%5469
2番人気3- 1- 2- 4/ 1030.0%60.0%158118
3番人気0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%045
4番人気2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%186167
5番人気0- 1- 3- 6/ 100.0%40.0%0134
6番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
7番人気3- 0- 1- 6/ 1030.0%40.0%536235
8番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%037
9番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%089
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%00
11番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%091
12番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%0293
13番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%00
14番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%00
15番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%00
16番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%00
17番人気0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%00
18番人気0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%00

阪急杯は多頭数で行われる事が多く、一見荒れそうな気配もあるがご覧の通り、二桁人気馬は70頭走って馬券圏内が2頭のみとほとんど走っていないのが実情だ。

少なくとも軸は10番人気以内の馬に据えるのがいいだろう。

予想ポイント 若い馬の方が有利?

次に注目したいのが馬齢別の成績だ。阪急杯は若い馬の好走率が高い傾向が見られる。

年齢着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
4歳1- 4- 6- 21/ 323.1%34.4%15119
5歳7- 3- 1- 29/ 4017.5%27.5%14083
6歳1- 2- 1- 40/ 442.3%9.1%1526
7歳1- 0- 1- 25/ 273.7%7.4%9541
8歳0- 1- 1- 12/ 140.0%14.3%0235

4歳馬は1勝のみだが、複勝率が1番高く安定した成績傾向だ。5歳馬が7勝と圧倒的な成績で複勝率も高くかなり期待できる内容だ。一方で、6歳以上になると 勝率、複勝率ともに一気に下がり低調な成績となる。

軸は4歳か5歳馬を据えるのが基準と言える。

予想ポイント 前走先行馬に注視せよ

阪急杯は開幕週の内回りコースなので先行馬が有利な傾向で、過去10年のデータを見ても先行馬が圧倒的な成績を残しているのが分かる。

前走脚質着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
平地・逃げ0- 1- 0- 10/ 110.0%9.1%017
平地・先行6- 4- 1- 30/ 4114.6%26.8%17892
平地・中団1- 3- 6- 49/ 591.7%16.9%1149
平地・後方1- 2- 3- 41/ 472.1%12.8%17118

重賞は流れが厳しくなる傾向なので逃げ馬は低迷。先行馬は6勝して全ての成績でも他を圧倒している。差し、追込みは勝率が極端に低く複勝率も低調な成績。

軸は前走先行していた馬に据えるのがいいだろう。

予想ポイント 前走重賞組に注目

最後にクラス別の成績を見ていくと、前走重賞組が有利な傾向が出ている。

前走クラス着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1600万下0- 0- 1- 10/ 110.0%9.1%017
OPEN特別1- 0- 2- 32/ 352.9%8.6%73118
 G34- 7- 2- 59/ 725.6%18.1%5962
 G23- 3- 3- 16/ 2512.0%36.0%79125
 G10- 0- 2- 12/ 140.0%14.3%038

1600万条件組は低迷。オープン特別組も1勝のみで複勝率も低く低調な成績だ。重賞組は7勝して複勝率もまずまずの成績。

軸に据えるなら前走重賞組を対象とするのがいいだろう。

注目データまとめ

好走データをまとめていくと……

・10番人気以内
・4~5歳馬
・前走先行馬
・前走重賞組

となる。このデータに合致している馬の過去10年における成績はというと……

着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
5- 3- 0- 7/1533.3%53.3%315163

ご覧の通り、驚異的な成績となっている。

2019年の阪急杯軸馬候補は?

今年、このデータに該当する馬を見ていくと……

ミスターメロディー

軸にするもよし、相手にするもよし。一つだけ言えることは、これらすべての馬を馬券から外すことは的中よりも外れに近づいてしまう可能性が高そう、ということだ。

おすすめの記事