函館スプリントS2020の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)yusukekeiba

2020年6月21日、函館競馬場で函館スプリントステークス(GⅢ/芝1200m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるダイアトニック、ライトオンキュー、フィアーノロマーノ、エイティーンガール、シヴァージらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にする。


函館スプリントステークスの人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は1勝、2着は2回、3着も2回。1倍台は過去10年で3頭いたが未勝利。人気通りに勝てないジンクスがある。

30倍台以上の馬も2勝するなど、伏兵馬が結構台頭しやすい。サマースプリントシリーズの初戦、結果を残したい馬は多い。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 牝馬の取捨選択

牝馬(4- 2- 6-35)
勝率 8.5% │ 複勝率 25.5%

短距離路線だと牝馬が台頭しやすく、夏は牝馬、そんなイメージも強い。事実このレースでも牝馬が結果を残しやすい状況だ。

斤量50キロの3歳牝馬がここ最近のトレンドだが、3歳牡馬もそれは同じ。それ以外で傾向を探ると、前走がGⅠ、オープン特別などでコンマ3秒負けまでなど。

意外なことに準オープンから勝ち上がった勢いという馬は少なく、格の違いでなんとかするケースがみられる。意外と準オープンからの勝ち上がりの牝馬が多いだけにどうか。

予想参考データ② 4歳馬が熱い!

年齢別の成績では、4歳馬が激熱で、過去10年で18頭が出て、3勝2着3回3着3回と複勝率はちょうど50%。今年は3歳馬が出ていないので、4歳馬が1つの狙い目になる。

こちらも前走GⅠだった組、前走1着などが目立つ。前走は格でやられただけ、もしくは前走で自信をつけた組がここで結果を出すという見方がよさそうだ。

今年は4歳牝馬しか出ておらず、最初のファクターと合わせて予想するのがいい。そうなると微妙に噛み合わなくなるが、それをどう捉えるか。

予想参考データ③ 斤量の行方

3歳牝馬は50キロと軽い斤量で走れるのがこのレースの特徴だが、逆に結果を残した馬は斤量が重くなり、57キロ、58キロ、59キロと結果を出していれば重くなる。

とはいえ、58キロで勝った馬、59キロで連対した馬もおり、力さえあればあまり斤量は苦にならない。

2つのパターンがあり、前走勝っている馬、もしくはGⅠとはいえ2桁人気2桁着順だった馬、この2つ。斤量を背負う実力馬も相手関係が楽になれば途端に楽になるというわけだ。

2020年の危険な人気馬は?

ダイアトニックは人気になる見込みだが、高松宮記念で走った分、人気にはなるだろうが、初めての58キロ。そして北海道遠征も初めて。名手武豊騎手がフルフラットではなくこっちを選んだのも本気度を感じるが、そこまで抜けた存在というわけでもない。函館スプリントステークスの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、フィアーノロマーノは3つ目の消しデータに合致している。前走が競走除外、流れはよくない。初めての1200メートルで、どちらかといえばマイルでの実績が強いため、1200に対応できるかは微妙だ。

反対にエイティーンガールは危険なデータに一つも当てはまらない。前走はオープン特別3着、32秒4の末脚には脅威を感じた。また、前走は1キロ斤量が重かったので、それを加味すれば一番強かったと言える。どこで競馬をするかだが、中団ぐらいでできれば面白い。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、エイティーンガールと言えそうだ。

おすすめの記事