(C)MAZIMICKEY

2018年3月11日、阪神競馬場でフィリーズレビュー(GⅡ/芝1400m)が行われる。モルトアレグロ、アマルフィコースト、アンコールプリュ、アリア、アルモニカ、デルニエオール、コーディエライトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

アンコールプリュ・牝3歳(栗東・友道厩舎)

評価A-

3月1日1週前追い切り栗東CWコース(稍)

6F82秒5―66秒5―51秒2―37秒6―12秒1

一週前追い切りとしては上出来の内容。藤岡康騎手が騎乗してあっさりと自己ベストを更新、前走よりも馬体がすっきりして軽快に見える。

3月7日最終追い切り栗東CWコース

4F52秒6―37秒8―11秒9

1週前に続き藤岡康騎手が跨がってアドマイヤセレブ(3歳未勝利)との併せ馬。約3馬身差を追走して馬体を併せるとそのまま加速して半馬身先着。タイムも浅いキャリアを考えると及第点。落ち着きもあり、1週前よりも素軽さが出ている。

アマルフィコースト・牝3歳(栗東・牧田厩舎)

評価A-

2月28日1週前追い切り栗東CWコース(良)

6F85秒9―69秒1―53秒3―38秒7―12秒0

浜中騎手が騎乗して直線一杯に追って好タイムをマーク、動きも良く軽やかだが、何か一つ足りない雰囲気。

3月7日最終追い切り栗東坂路

4F55秒1―40秒2―12秒6

1週前同様に浜中騎手が跨がっての併せ馬。アンドリエッテ(4歳上1600万下)を2馬身差追走し、坂上で並びかけると馬なりのままで1馬身先着。マークしたタイムはさほどでもないが脚捌きはしっかりしており、入れ込む仕草も見せなかった。

コーディエライト・牝3歳(栗東・佐々木厩舎)

評価A-

2月28日1週前追い切り栗東坂路(良)

4F52秒0―38秒2―25秒5―13秒2

調教助手が騎乗して一杯に追われた。スピードある動きで全身を使った走りが出来ており、1週前の段階としては上々の仕上がり。タイムは坂路の自己ベストを更新。

3月7日最終追い切り栗東坂路

4F53秒3―38秒6―12秒6

和田騎手を背にして単走追い。しっかりとした足取りで落ち着きもあって仕上がりとしては上々。馬体もふっくらとして成長も感じられる。

モルトアレグロ・牝3歳(美浦・武井厩舎)

評価A

2月28日1週前追い切り美浦南Wコース(良)

5F71秒3―55秒8―40秒8―12秒9

田辺騎手が騎乗して馬なりでの調整だが、思ってる以上に時計は出た。落ち着きもあり、前走の出来はキープされていそう。

3月7日最終追い切り美浦南Wコース

4F52秒7―38秒3―12秒5

ロジャージーニアス(3歳500万下)と併せる予定が、外に膨らんだため馬体を併せる事なく内を突いて抜き去ると2馬身半先着した。落ち着きある全身を使ったパワフルな走りで加速力は抜群。集中力を切る事なく最後までしっかりと走りきっていた。

アンヴァル・牝3歳(栗東・藤岡厩舎)

評価B

2月28日1週前追い切り栗東坂路(良)

4F53秒4―39秒1―25秒5―12秒9

一杯に追われて走破時計はそこそこ出ている。1週前としては順調な仕上がり。

3月7日最終追い切り栗東CWコース

7F96秒4―80秒2―64秒9―51秒5―38秒8―12秒7

藤岡佑騎手が騎乗してロードゴラッソ(3歳未勝利)との併せ馬。2馬身半差を追走して最後は脚が止まって半馬身遅れてフィニッシュ。遅れてはいるが、2週続けてかなり負荷をかけた調教を行っている。スピード感ある走りで好調さは感じられるが、2週続けて最後が止まり気味になったのは気になる。

おすすめの記事