(C)n.hiroto

本番に向けて――。

2018年3月11日、阪神競馬場でフィリーズレビュー(GⅡ/芝1400m)が行われる。桜花賞のトライアルレースであるが、2008年3着のレジネッタが桜花賞を制したのが最後であり、近年では桜花賞に直結しづらいレースである。しかしオークス、秋華賞で好走する馬もおり、先を占う意味では重要なレースと言えるだろう。

今回注目するのが未勝利から3連勝中のアンヴァルだ。今回は距離延長となるが、素質は十分であり距離に対応できればGⅠ制覇への期待も高まる。

果たしてアンヴァルは距離延長ながら結果を出すことは出来るのか? 過去のデータからその可能性に迫っていこう。


不安① 前走距離

過去10年のデータを見ると前走1600mからの距離短縮組が8勝と断然の成績をあげている。過去10年の前走距離別成績を見ていこう。

前走距離着別度数勝率連対率複勝率
1200m以下0- 0- 0- 26/260.0%0.0%0.0%
1400m2- 3- 3- 45/533.8%9.4%15.1%
1600m8- 7- 7- 62/849.5%17.9%26.2%
1700m以上0- 0- 0- 2/20/0%0.0%0.0%

集計期間:2008年~2017年

1400m組が1600m組に次ぐ成績となっているが勝率、連対率ともに大きく離れておりあまり信用は出来ない。前走1200m以下に関しては出走頭数が多いわりに3着すらなく大苦戦となっている。デビューから1200mしか経験していないアンヴァルは苦戦必須ではないだろうか?

不安② 脚質

内回りで行われるため先行馬が有利だが、追込がよく決まっているレースでもある。脚質別の成績を見ていこう。

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0- 1- 2- 7/100.0%10.0%30.0%
先行4- 2- 4- 29/3910.2%15.3%25.6%
差し0- 5- 1- 56/620.0%8.0%9.6%
追込6- 2- 3- 44/5510.9%14.5%20.0%

集計期間:2008年~2017年

データを見ても先行馬が有利であるが、内回りゆえにハイペースになりやすく、そのため追込がよく決まるレースとなっている。アンヴァルは先行タイプであり、データ的にも良いと感じるが、距離延長であり、当日のペース次第では他の先行馬より分が悪いといえる。

データ③ 前走

前走重賞が好成績。しかし以外にも500万下組の好走が目立つ。前走別の成績を見ていこう。

前走着別度数勝率連対率複勝率
重賞4- 5- 5- 42/567.1%16.0%25.0%
OP特別2- 2- 2- 30/365.5%11.1%16.6%
500万下4- 3- 3- 50/606.6%11.6%16.6%
新馬・未勝利0- 0- 0- 10/100.0%0.0%0.0%

集計期間:2008年~2017年

新馬・未勝利組を除けばあまり大差ない数字となっているが、勝ち馬の数ではOP特別組が一歩劣っている。あまり気にするほどではないが、アンヴァルの場合は他の有力馬に比べ間隔も開いており似たような成績でも少し気になる。

まとめ

いかがだっただろうか? データを見れば有利な材料もあるのだが、他の有力馬と比較すると同じ材料でも劣ってみえてしまう。何より、距離延長が気がかりでならない。データを見て距離延長で結果が出ていればよかったのだが、結果は全く出ておらず今回アンヴァルは信用できないといっていいだろう。

おすすめの記事