(C)MAZIMICKEY

2018年3月11日、阪神競馬場でフィリーズレビュー(GⅡ/芝1400m)が行われる。モルトアレグロ、アマルフィコースト、アンコールプリュなどが出走を予定している。昨年はレーヌミノルが同レース2着をステップに桜花賞優勝を果たした。先週のチューリップ賞組に対抗しうる馬が現れるか注目したい。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12ローエングリンサンデーサイレンス
21ダイワメジャータイキシャトル
36ワークフォースデュランダル
18ダイワメジャージャングルポケット
21キングカメハメハアグネスタキオン
32ディープインパクトタイキシャトル
11マンハッタンカフェAnabaa
27ゼンノロブロイSky Mesa
312アドマイヤムーンメジロライアン
12サクラバクシンオーボストンハーバー
213スウェプトオーバーボードデヒア
36Harlan's HolidaySpanish Steps
13スズカマンボグラスワンダー
24ブラックタキシードトウショウボーイ
311Tiz WonderfulEditor's Note
11ファルブラヴエルコンドルパサー
28ダイワメジャーGulch
37ジャングルポケットダンスインザダーク
13タイキシャトルBroad Brush
26ファルブラヴサンデーサインレンス
35Cozzeneボストンハーバー
19アグネスデジタルSeattle Slew
21スペシャルウィークブライアンズタイム
35キングカメハメハTejano RUn
16ファルブラヴPistoles Bleu
23アグネスタキオンDanzig Connection
315ブライアンズタイムKingmambo
111ステイゴールドサクラユタカオー
27ブライアンズタイムNashwan
34フレンチデピュティサンデーサイレンス

解析・分析:注目血統は?

近年の上位3頭の種牡馬は多彩であり、ここではディープインパクト産駒は苦戦傾向にあることがわかる。過去6年で3頭が上位に入線しているダイワメジャー産駒には今年も注目したい。

サンデーサイレンス系種牡馬産駒は複数絡むことも多いが、ミスタープロスペクター系やニアークティック系種牡馬産駒・ナスルーラ系産駒がこれに絡む傾向が多い。今年は複数頭出走を予定しているロードカナロア産駒、また出走してくるようであればショウナンカンプ産駒のラブカンプーなどにも注意が必要だろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ダイワメジャー17-18-15-1418.9%26.2%
ロードカナロア3-0-2-1118.8%31.3%
ディープインパクト17-16-15-11410.5%29.6%
パイロ0-2-2-1414.3%37.1%
ハーツクライ11-12-9-918.9%26.0%
ヴィクトワールピサ0-4-0-150.0%21.1%
エイシンフラッシュ0-0-0-50.0%0.0%
Frankel0-0-0-20.0%0.0%
フリオーソ0-0-0-30.0%0.0%
ステイゴールド7-6-6-717.8%21.1%
ノヴェリスト1-2-0-125.0%75.0%
モンテロッソ0-0-0-00.0%0.0%
ブラックタイド5-4-1-3211.9%23.8%
クロフネ2-3-3-523.3%13.3%
Speightstown0-0-0-20.0%0.0%
ショウナンカンプ2-1-0-218.3%12.5%
キングカメハメハ11-17-18-1535.5%23.1%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

産駒の出走頭数が多い種牡馬の中ではディープインパクト、次いでハーツクライとダイワメジャーの成績が良いのがわかる。今回、人気を集めそうなアマルフィコーストやアンコールプリュの好走が期待される。その他にもブラックタイド産駒の成績も良く注意が必要だろう。

出走頭数が少ないながらも新種牡馬ではロードカナロアやノヴェリストの成績が目立ち、検討する価値があるだろう。

おすすめの記事