(C)MAZIMICKEY

2018年3月11日、阪神競馬場でフィリーズレビュー(GⅡ/芝1400m)が行われる。モルトアレグロ、ラテュロス、アマルフィコースト、アンコールプリュ、アリア、アルモニカ、デルニエオール、コーディエライトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

GⅠ・桜花賞へ向けてのトライアルレースとして1967年より行われているレースで、競馬場の改装などの例外を除いて基本的には阪神競馬場で行われている古くからの競馬ファンにも馴染み深いレースと言えるフィリーズレビュー。

前週に行われたチューリップ賞同様、1着~3着馬には桜花賞への優先出走権が与えられる。

近年では前哨戦としてチューリップ賞の価値が増してきている分、フィリーズレビュー出走馬が桜花賞で活躍する例は少なくなっていたが、昨年2017年はフィリーズレビュー単勝1番人気で2着となったレーヌミノルが桜花賞馬となった。

配当傾向を過去10年で見てみると、単勝1番人気から3番人気までが2勝ずつと割れていることからわかるように高配当となる年が多いが昨年2017年は単勝2番人気→1番人気→6番人気の組み合わせで3連単は昨年9,570円と比較的堅い決着となった。

2018年は以前の傾向通りの荒れた決着となるのか、昨年2017年のように人気サイドの決着となるのか。

今回は過去10年のフィリーズレビューの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20173ゴールドケープ
20161ソルヴェイグ
20152ペルフィカ
20142ニホンピロアンバー
20143エスメラルディーナ
20133ティズトレメンダス
20122ビウイッチアス
20123プレノタート
20112スピードリッパー
20101サウンドバリアー
20091ワンカラット
20093レディルージュ
20081マイネレーツェル
20082ベストオブミー

注目点① 人気薄検討は手広く!

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が14頭と5割近くを占めているように高配当を裏付ける結果となっている。

しかも、過去10年の内すべての年で必ず1頭はリストアップされていることから積極的に人気薄を狙うことも考えなければならない。

単勝人気で見ると6番人気から15番人気まで幅広く3着以内に入っているが、単勝オッズで見ると該当14頭中11頭までが50倍以内となっているので人気ではなくオッズを見て検討するのが得策と言える。

人気別集計 フィリーズレビュー 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気3- 1- 1- 5/ 1030.0%50.0%
2番人気2- 4- 0- 4/ 1020.0%60.0%
3番人気1- 2- 1- 6/ 1010.0%40.0%
4番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
5番人気1- 0- 3- 6/ 1010.0%40.0%
6番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
7番人気1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%
8番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
12番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
14番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
15番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017ゴールドケープ624.1
2016ソルヴェイグ827.2
2015ペルフィカ717.4
2014ニホンピロアンバー13186.5
2014エスメラルディーナ611.7
2013ティズトレメンダス1138.4
2012ビウイッチアス814.5
2012プレノタート712.8
2011スピードリッパー611.5
2010サウンドバリアー926.2
2009ワンカラット618.5
2009レディルージュ1579.6
2008マイネレーツェル1153.1
2008ベストオブミー716.4

注目点② キャリアは4戦以上

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った14頭中13頭がフィリーズレビューまでに4戦以上出走して、クラシック本番に向けてある程度レース経験をステップを踏んで積んできた馬が活躍できていることがわかる。

キャリア別集計 フィリーズレビュー 過去10年

キャリア着別度数勝率複勝率
1戦0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
2戦1- 0- 1- 11/ 137.7%15.4%
3戦1- 1- 1- 16/ 195.3%15.8%
4戦3- 2- 1- 29/ 358.6%17.1%
5戦3- 2- 3- 32/ 407.5%20.0%
6戦1- 4- 2- 19/ 263.8%26.9%
7戦0- 1- 2- 12/ 150.0%20.0%
8戦1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%
9戦0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
10戦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名キャリア
ゴールドケープ7
ソルヴェイグ4
ペルフィカ4
ニホンピロアンバー6
エスメラルディーナ2
ティズトレメンダス6
ビウイッチアス7
プレノタート7
スピードリッパー5
サウンドバリアー6
ワンカラット5
レディルージュ5
マイネレーツェル8
ベストオブミー6

注目点③ レース間隔は十分に

今回の該当馬を見てみると、レース間隔を十分に取っている馬のほうが多くなっている。

何とかGⅠ・桜花賞に向けて間に合わせようとレース間隔を詰めて使ってきた馬よりも順調に使われてきた馬、春の始動戦をここからにした馬を選択することが得策と言える。

レース間隔別集計 フィリーズレビュー 過去10年

間隔着別度数勝率複勝率
連闘0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
2週0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%
3週2- 0- 0- 23/ 258.0%8.0%
4週0- 2- 1- 19/ 220.0%13.6%
5~ 9週4- 4- 3- 46/ 577.0%19.3%
10~25週4- 4- 5- 34/ 478.5%27.7%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名レース間隔
ゴールドケープ13
ソルヴェイグ3
ペルフィカ4
ニホンピロアンバー14
エスメラルディーナ10
ティズトレメンダス6
ビウイッチアス6
プレノタート4
スピードリッパー10
サウンドバリアー5
ワンカラット13
レディルージュ13
マイネレーツェル5
ベストオブミー7

注目点④ 前走は特別戦に出走

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った14頭中13頭が、前走特別戦に出走していた。

この時期は500万下の平場戦も行われているが、やはりクラシックやNHKマイルカップなど春のGⅠを目指していくにあたって、積極的にレベルの高いレースに出走している馬のほうが活躍できていることがわかる。

前走クラス別集計 フィリーズレビュー 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
平場1- 0- 2- 42/ 452.2%6.7%
特別9- 10- 8- 90/1177.7%23.1%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
ゴールドケープGⅠ阪神JF
ソルヴェイグ500万下・牝
ペルフィカ500万下こぶし賞
ニホンピロアンバーGⅠ阪神JF
エスメラルディーナOPENジュニアC
ティズトレメンダス500万下はこべら賞
ビウイッチアスOPENクロッカスS
プレノタートGⅢクイーンC
スピードリッパーGⅢフェアリーS
サウンドバリアーOPENエルフィンS
ワンカラットGⅠ阪神JF
レディルージュGⅠ阪神JF
マイネレーツェルOPENエルフィンS
ベストオブミー500万下若菜賞

注目点⑤ 中心は関西馬

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った14頭中11頭が関西馬となっている。

輸送が必要となる関東馬にとっては、遠征目的が競馬ファンの間でもはっきりしていることが多いことから有力馬は出走すれば上位人気に支持されることが多く、人気薄の関東馬が馬券圏内に入ってくることは少ない。

調教師所属別集計 フィリーズレビュー 過去10年

調教師分類着別度数勝率複勝率
美浦2- 3- 1- 21/ 277.4%22.2%
栗東8- 7- 9-114/1385.8%17.4%
地方0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名所属厩舎
ゴールドケープ関西・荒川義之
ソルヴェイグ関西・鮫島一歩
ペルフィカ関西・岡田稲男
ニホンピロアンバー関西・田所秀孝
エスメラルディーナ関東・斎藤誠
ティズトレメンダス関西・佐山優
ビウイッチアス関東・武藤善則
プレノタート関西・牧浦充徳
スピードリッパー関東・鹿戸雄一
サウンドバリアー関西・安達昭夫
ワンカラット関西・藤岡健一
レディルージュ関西・安田隆行
マイネレーツェル関西・五十嵐忠
ベストオブミー関西・鮫島一歩

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の4頭が該当する。

アンヴァル
コーディエライト
トロワゼトワル
レッドシャーロット

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年のフィリーズレビューの登録頭数は27頭、同日に中山競馬場で行われる桜花賞トライアルのアネモネSと重複登録している馬も多く、収得賞金の関係で抽選対象となる馬も多い。

仮に全馬がフィリーズレビューを目指す場合、トロワゼトワルとレッドシャーロットは抽選対象となっているので注意が必要だ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事