ファルコンS2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)Ko-Mei

2018年3月17日、中京競馬場でファルコンS(GⅢ/芝1400m)が行われる。朝日杯FS5着馬のダノンスマッシュ、ジュニアCを快勝したテンクウ、唯一の重賞勝ち馬であるフロンティアなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去6年(コース改装・距離変更後以降)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去6年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
13ヴィクトワールピサアドマイヤコジーン
22ダイワメジャーサクラローレル
36MaysonAmerican Post
12アンライバルドジェイドロバリー
23トーセンファントムトウカイテイオー
39スーパーホーネットタイキブリザード
114バゴアドマイヤベガ
24スタチューオブリバティアグネスタキオン
35キングカメハメハグラスワンダー
11キングカメハメハスペシャルウィーク
23ディープインパクトダンシングブレーヴ
311ネオユニヴァースWith Approval
12クロフネサンデーサイレンス
211スタチューオブリバティBelong to Me
35フジキセキCaerleon
14フジキセキキングオブキングス
212サクラバクシンオータバスコキャット
33ストーミングホームGreen Desert

解析・分析:注目血統は?

コース改装後の成績ではキサンデーサイレンス系種牡馬の中でもネオユニヴァースの系統が好成績を残している状況であるが今年は出走予定馬には含まれていない。その他では二アークティック系種牡馬の活躍が目立ち、ミスタープロスペクター系はキングカメハメハ以外は苦戦している状況である。

父ニアークティック系の産駒の好走傾向は

2017年メイソンジュニア(母母父Anabaa)
2013年インパルスヒーロー(母母父ノーザンテースト)
カシノピカチュウ(母父Belong to Me)

といった母系にも二アークティック系が含まれているケースが多くみられる。今年はアサクサゲンキが該当しており、京王杯でも好走したように左回り1400mの条件に戻りどのような走りをみせるかに注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
Stormy Atlantic0-0-0-20.0%0.0%
アーネストリー0-0-0-00.0%0.0%
ローズキングダム0-0-0-00.0%0.0%
クロフネ7-1-4-4612.1%20.7%
サクラオリオン0-0-0-00.0%0.0%
ヨハネスブルグ0-0-0-30.0%0.0%
ベーカバド0-0-0-80.0%0.0%
ハードスパン0-0-0-10.0%0.0%
ロードカナロア2-0-1-720.0%30.0%
ブラックタイド3-5-1-505.1%15.3%
ダイワメジャー12-11-12-1128.2%23.8%
Scat Daddy0-1-0-10.0%50.0%
ヘニーヒューズ0-1-0-00.0%100.0%
Speightstown0-0-0-10.0%0.0%
アドマイヤムーン11-5-4-612.8%23.3%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

アドマイヤムーンやダイワメジャー、クロフネ産駒が安定した走りをみせているのがわかる。新潟2歳Sの勝ち馬であるフロンティアが左回りのコースに戻り巻き返しとなるか。

その他の種牡馬は新種牡馬や産駒の出走頭数の少ないケースが多く、データとしては未知の要素が大きい。しかし、新種牡馬ではロードカナロアの成績は今後の期待が持てる内容だろう。ダノンスマッシュを始めとした産駒の走りに注目したい。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る