ドバイワールドカップ2019の競馬予想!出走予定馬は?海外重賞展望
(C)MAZIMICKEY

2019年3月31日、ドバイのメイダン競馬場でドバイワールドカップ(GⅠ/ダート2000m)が行われる。今回は日程や出走時間などのレース概要、注目の出走馬(出走予定登録馬)を紹介する。

ケイティブレイブ、サンダースノー、ヨシダ、キャッペッザーノらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

なお、競馬TIMESでは今後、当重賞を徹底的に検証していく。データ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

まずは出走予定馬の一覧と、勢力図(想定オッズ・人気)を確認していこう。


ドバイワールドカップ2019の日程・時間

日本時間 3月31日 1:40発走

※主催者発表のものとご確認下さい

注目の出走予定馬(登録馬)

例年、アメリカのダート最強クラスが参戦するこのレースだが、今年は比較するとやや手薄なメンバーとなった印象。日本からはケイティブレイブが意欲の参戦。2011年ヴィクトワールピサ以来の日本馬制覇に向けて果敢に挑戦する。

昨年のJBCクラシックを始めとして、交流グレードではジーワン3勝の実績を誇る同馬。日本の同路線ではトップクラスなのは確かであるが、メイダンの土ダートへの適性は微妙なところだ。

どちらかというと日本でも時計のかかる地方競馬のタフな馬場を得意としている印象もあり、一概に日本と比較して高速決着になりやすいこの舞台が合うとは言えないだろう。ただ、例年よりもメンバーが手薄な点と、距離の2000mはまさにベスト条件だろう。あとはマジックマンことJ.モレイラ騎手のマジック発動に全てを賭けたいところ。

レーティングトップは昨年の覇者サンダースノー。

元来芝でもGⅠ2勝の実績があったが、昨年のこのレースでは5番人気の中穴評価ながらスミヨン騎手を背に堂々の逃げ切りを見せた。当時のアメリカのトップホース、ウエストコーストを完封しての勝利だけに価値が高いのは確かだが、その去年のレース以降勝ち星に恵まれていないのは気になるところ。

特に前走、今回と同舞台となるマクトゥームCR3では買ったキャッペッザーノに離され、最後は韓国馬ドルコンにも追い詰められての2着と、昨年ほどの勢いがないか。とはいえ、昨年のBCクラシック3着を含めた実績面では一歩抜けている印象もあり、昨年同様スムーズに先行できればアッサリがあっても不思議ではない。

ノーザンファーム生産のハーツクライ産駒、ヨシダもその背景から日本では人気を集めそう。

既にターフクラシックSでGⅠ勝ちの実績はあったが、初ダートとなった昨年のウッドワードS(GⅠ)ではダート適性も示しGⅠ2勝目を挙げた。展開的に恵まれた印象もあったが、続くBCクラシックでも4着と好走し地力は証明した。日本のアエロリットも出走した前走のペガサスWCターフでは1番人気を集めながら6着と、トップクラスとの対決なら寧ろダートのほうが向く可能性が出てきた。今年のメンバーなら十分にチャンスはありそうで警戒が必要だろう。

あとは上にも書いたように前哨戦のマクトゥームCR3で昨年の覇者サンダースノーをちぎっているキャッペッザーノに注目。なかなか本番に結果が直結しないトライアルではあるが、勝ちっぷりは評価できるもので面白い。

あとは日本のチャンピオンズCにも出走したパヴェル、4年連続の出走となるムブタヒージ、昨年は人気を裏切ってしまったノースアメリカ、韓国から果敢の挑戦となるドルコンなど、例年にない混戦模様を呈しているメンバー構成と言えるだろう。

現時点での出走予定馬(レーティングと馬名)

120 オーディブル
110 アクセルロッド
118 キャッペッザーノ
110 ドルコン
111 グロンコウスキー
119 ガンナヴェラ
116 ケイティブレイブ
111 ニュートレイルズ
118 ノースアメリカ
115 パヴェル
115 シーキングザソウル
122 サンダースノー
120 ヨシダ

文=場末太郎(競馬TIMES編集部)

おすすめの記事